タウンサインの研究0037

2012年01月17日
 昨日の続き。タウンアーチをくぐって共和駅前に行くと、たくさんの幟がはためいているのが目に飛び込んできました。そこに描かれていたのは、なんと共和のニューキャラ!キャッチコピーは「金メダルのまち共和」!

120117-1.jpg

 でもってロータリーにはこんなモニュメントが!

120117-6.jpg

 「共和の金ちゃん」て!なんというハデさ!

120117-2.jpg

 駅前の店のショーウィンドーに掲示してあった新聞記事によると、共和にゆかりのあるアスリートが4人いて、彼らが獲得したオリンピックの金メダルの総数はなんと7個。これで商店街を活性化させようというので、去年の夏からガンガン売り出している模様。
 ゆかりのアスリートは、共和にある「大石道場」出身の吉田秀彦と谷本歩美、共和駅から東へ2キロほどのところにある至学館大学OBの吉田沙保里と伊調馨。確かにこれだけのメンツが揃うのは凄い。
 共和というと、名古屋牛乳の工場と「宝石の八神」(土日の昼間によく宣伝飛行機を飛ばして、空中から「おおぶし、きょうわえきまえ、ほうせきの、はっしん」という声が降ってくることで、西三河と知多ではおなじみ。あと、TOHOシネマズ東浦の上映前CMの常連)ぐらいしか印象がなかったのだが、まさかこんな売りがあろうとは…。

120117-3.jpg

 駅前西口にはこんなディスプレーをする店も。金メダルというか、こういうチョコがあったなぁ~、という感じですが。

120117-4.jpg

 同じモニュメントは東口にも。その向こうには名古屋牛乳共和工場。メーカーにとっても千載一遇のチャンスでは?「牛乳飲んで、金メダリストになろう!」というキャッチフレーズで上のメンツを起用したCMでも作って、名古屋牛乳もガシガシ売り出してほしいものです。

120117-5.jpg

 ちなみに共長地区(共和と長草)の昔からのキャラはこんなの。これもなんか凄いけどね…。
(まさ)
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
南口ロータリーの金メダル・モニュメントが建っている場所に、かつてはペットボトルで作成した赤と黄色のマスコット像がありました。ロータリーに面したレコード屋の大将が、この街の顔役で商店会役員だったときに、みんなで作ったものでした。今は、オリンピックかぁ…。JR沿線には、安城市の金メダリスト・アテネ五輪柔道の谷本歩実も控えている。
No title
あー、そんなのがありましたね。電車から見えました。モニュメントもレベルアップですなあ。

管理者のみに表示