霧&HINOMI

2011年12月06日
 先の土日は久し振りにハードな動きをしてしまった。

12/3 午前・浜名湖競艇(取材。舟券は買う時間がなかった)→午後・天竜区春野町の山奥をぐるり&図書館(いちおう取材)→自宅、20時就寝

12/4 午前3時起床、仕事の原稿を一本→午前前半・設楽~津具~根羽(いちおう取材)→午前後半・豊田市時瀬(いちおう取材)→午後・大垣競輪(取材ではありません)→夕方・揖斐の実家→夜・嫁の実家

 大垣では競輪祭の決勝戦を元茨城県知事候補から買ったら、読みズバリで取ったんだけど最安目のドスジで入っちゃって、儲けが薄すぎてガクっ。これが抜けてれば疲れも飛んだんだけどねぇ…。

 それはさておき、ひさびさの春野町。拙著「火の見櫓暮情」の取材以来、約3年ぶりです。

111206-1.jpg

 旧春野町東南部の砂川、大時、花島という、浜松市民でも知ってる人はほとんどいないであろう集落をいちおう取材で回ってきたのだけど、疲れきった身体に北遠の空気は、実にこう、けっこうなもんで。天気はよくないが、気分はいい。
 上の写真は20年ぶりの砂川集落。こんな見晴らしのいい集落にも、例によってHINOMIが!

111206-2.jpg

 いまコイツを思いっきり鳴らしたら、疲れきった身体に染み入るだろうなあ。
 さらに奥へと進み花島集落へ行くと、みごとな小学校の廃校舎が残ってました。旧春野町は昭和の廃校がやたらと多くて、20年前に廃校マニアの友人とともに歩いていくつか回ったもんだが、ここは初めて。

111206-3.jpg

 田口線三河田口駅跡ではないが、いつ倒壊してもおかしくない状態。

111206-4.jpg

 階段と校門、表札もしっかり健在。校庭に建てられていた記念碑によると、閉校は昭和44年。僕の生まれる前とは。
 でもってこの廃校舎の近くにも、例によってHINOMIが!

111206-5.jpg

 疲れておりますので、本日は薄暗い写真を並べただけでオシマイ。次回の春野町訪問は、来年4月の予定です(いちおう取材)。
(まさ)

-------------------------------
(2012.05.13追記)
 半年後の5月上旬に再訪したら、旧校舎は取り壊されていました。

120513-4.jpg
スポンサーサイト
遠州雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示