タウンサインの研究0036

2011年11月27日


※クリックで拡大します
 
 最近、長久手の図書館通りを通ったら、こんなフラッグがはためいておりました。余計な絵やアルファベットは用いず、漢字のみで作った好図案。長久手町は以前にも平仮名のオリジナル?のフォントでタウンサインを作ってましたが、デザインに関して独自の考えを持っているようで、よいと思います。
 けど、長久手が市ねぇ・ ・・。
 そういえば東浦町は数百人足りず市制施行を見送ったそうで、まあ、別に市にならなくてもいいんでないの。
(まさ)
スポンサーサイト
尾張雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
実情に合わない「看板倒れ」の市が多いと思います。
実態と合わないのに市制を敷く理由として、
「郡が付くと田舎臭くて馬鹿にされる」「企業誘致が出来る」って言うのが有りますけど、
田舎じゃ駄目なんですか?田舎でも企業誘致が成功しているとこもあるし。
(神戸町:「東邦レーヨン」等あり。)
(池田町:「イビデン」等)
どちらも町ですが、企業有りますよ?
目指す所によくある話で「市になる事で企業誘致を」って、理由になってないし。
これ一種の弁解で「首長さんの努力が足りないのでは?」と思ってしまいます。

寧ろベッドタウンとかで人口だけが多いが、実態は村みたいな所も有りますし、
無理に背伸びして市になろうとする所の方が問題では?

過去に人口を捏造して多く見せて、結局バレて取り消しになった町も在りました。(羽幌町)

近場の「自称都市・本巣市」(2004年2月1日、合併で誕生した市。)
・川の水が綺麗で深い浅いで色の違いがくっきりと判別出来る。
・市街地らしきものがない。
・田圃+柿畑が多い。
・広い道路を除けば日中、人気が無い。
・市役所が田圃の中にある。

実情は「看板倒れ」ではないかと。(4町村合併時に、実情に合わせて「本巣町」で良かったと思う。)
No title
確かに本巣市は「市」の価値を下げたと思いますが、市制施行自体については、まあ、地域住民がよしとするならいいんじゃないでしょうか。
もっとも市制などにこだわるのは、議員と行政の上層部、あと団塊の世代以上の男性など、「体面」というものに重きを置く層ぐらいだろうけど…。

僕が嫌いなのは、合併による市制施行で間抜けな市名を選択した場合。瑞穂市とか、飛騨市とか。

管理者のみに表示