士幌線の遺品がなぜか岐阜に

2011年11月19日


111119-2.jpg ※クリックで拡大します

 ただ今、揖斐川町の実家の倉庫を漁っているのだが、ゴミやら何やらわけのわからない山の中から、86年に廃止になった北海道の国鉄士幌線の士幌駅に貼ってあった、お知らせの貼り紙が出てきた。
 中学から高校にあがるときの春休みに初めて北海道を一人旅し、最終日にギリギリ間に合ったのが士幌線でした。有人駅に降りられるだけ降りておこうと思って1日乗り倒し、最終列車を迎えた士幌駅。駅員さんと喋ってたら、記念にあげるから持っていきな、と渡されたのだった。
 こりゃだれも持ってない貴重品だぜ!とその時は喜んだけど、その後10日間、これを持って旅行するのはとてもうっとおしかった…。
 岐阜で死蔵していても意味がないので、士幌町の教委か資料館関係の方でもし欲しい人がいたら差し上げますので、ご連絡ください(ないか)。
(まさ)
スポンサーサイト
そのほか | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
申し訳ないかな、まとめ読みです~
小学校卒業記念で北海道まで行ったんだね!
鉄道好きは筋金入りだと改めて思いました(^^)
No title
いやいや、中学校!さすがに小学校卒業してすぐには、一人で北海道なんか行けれんて。
小学生の頃、爺ちゃんとともよと三人で、電車で琵琶湖一周したのがたぶん最初の鉄道旅行。

管理者のみに表示