カンバンの手帖ブログ版0188

 刈谷市街にある老舗の呉服屋「市川呉服店」というと、知立駅の階段にズラッと掲げらた短冊状のカンバンが有名ですが(そうか?→●□)、先週、諸般の事情で名鉄の刈谷市駅をかなり久し振りに利用したところ、ここの階段にも同じ市川呉服店のカンバンがズラッ。

111030-1.jpg

 おお~、壮観。歩いて3分の超地元ですからね。やはり市川呉服店の階段カンバンは、西三河屈指の名カンバンといえましょう(そうか?)。
 ところでこの刈谷市駅には、高架下に「サンリバー」という商店街があるのだが、見事に一軒もやってなかった。

111030-2.jpg

 う~む。
 刈谷は旧市街が寂れた、というか「とくに活性化とかしなくてよい」という判断をしたように見える町なので(それはそれでひとつの見識かと…)、ある意味、刈谷的な光景ともいえます。
 かと思えば駅前にはまだ歩道アーケードや映画館があったりして、不思議な味わいではある。

111030-3.jpg

 駅員無配置になりましたが、改札横の店はやってます。
(まさ)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
活動拠点…西三河・知立市
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク