FC2ブログ

おでかけ北設バスの終点へ

 終点バス停といえば、最近見た中では設楽町の奥のほうにある「天堤バス停」が、なかなかのロケーション。

111024-1.jpg

 巨木の根本のバス停ポールが、ぽつんと置かれた感じでいい按配。という前に天堤がどこなんだという話だが、田口から津具・振草へ行く極細ポッキー的県道の途上で…と言ってもわかりにくいので、地図を貼っておきます。



 路線は旧設楽町営バスの宇連長江線。いつのまにか北設楽郡3町村の共同運行で、「おでかけ北設」というどこかのガイドブックみたいな名前になっている。もとをたどれば、たしか名鉄バスで、昭和末期に町営化されたとき長江から天堤まで延長された…んだったと思います。

111024-2.jpg

 巨木のうしろには苔むした石仏が。渋い。

111024-3.jpg

 でもって集落はこんな感じ。乗る人いるのかしら…。
 そういえばこのタイトルは、宮脇俊三の名著「ローカルバスの終点へ」のパクリです。バス旅をネタにした紀行文で、今に至るまでこれを上回るものは出ていないと思う。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

nao

No title
あいかわらず、スゲー場所を探訪してますね~。感心します…っていうか呆れます(笑)。そういえば、宮脇さんのあの本で紹介されていた濃飛バスの御嶽線…終点は濁河温泉だったっけ? 今年の春にかみさんと、廃業旅館がずらりと並ぶ濁河温泉の奥、公営温泉に500円で浸かってきたのですが、小坂から濁河への強烈に細い崖路を大型バスや大型ダンプがガンガン入ってくるんだもの。すれ違えないんです、まともに。宮脇さんの頃は、もっと凄かったんじゃないのかと、当時を思い出しながら、千尋の谷の底から吹きあがってくる冷たい風に身も心も冷えました…。

まさ

No title
濁河は一度行きたいのですが、まだ行ったことないです。
どうでもいいですが、木村さんとも嫁とも出会って間もない頃、ライター嫁、カメラマン木村氏のコンビにガイドブックの取材をAW在社時代の僕が発注して、濁河に行ってもらったことがあります。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

全記事表示リンク