白老で酔太郎

2011年09月27日
 日曜日、常滑市古場にある「白老」の蔵元澤田酒造(→●□)へ稲刈りに行ってきました。白老のファンを対象にした「米作り・酒造りプロジェクト」の一環で、自社の田んぼに若水という酒米を、植えて・刈って・酒を仕込む、というプロジェクトの2回目です。今回は取材3分体験7分という感じで。

110927-2.jpg 鎌で稲を刈る女性取材記者(ただの農婦)

 ウチの実家は米農家だもんで、稲刈りなんざぁお手の物…といえるほど、ウチで手伝いをしてきてはいませんが。

110927-3.jpg 人生初の秋を満喫する陽太郎(5ヶ月児)

 まだ母乳しか口にしていないので、米の素晴らしさ、ありがたさはわからないわね…。

110927-1.jpg

 稲刈りを楽しんだ後は、蔵に戻って食事&各種プチ体験。蔵の中にただようほのかな酒の香りに陽太郎は酔い気味?その後ろで利き酒を楽しむ…いや、母乳飲ませ中で酒は飲めず、利き“香”体験を楽しむ女性取材記者。日本酒のアルコール度数別や成分別の香りサンプルを嗅ぐというもの。
 酒にめっぽう弱いわたくしですが、白老の酒はこれまで飲んだなかで五指に入る。酒は美味いし、面白い企画は多いし、楽しい蔵元です。
(まさ)

--------------------------
白老でほろ酔い2009→●□
白老でほろ酔い2011→●□
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
白老は
白老はおいしいですね。
名古屋ではなかなか扱ってる酒屋さんがなくって
常滑へ行った時にみやげで買ってます。
近くの酒屋で取ってくれないかと聞きましたが
問屋が扱ってないとだめだということでした。

そんな話をしてた時に「空」の話題になりました。
こちらはまず入手は無理だそうですね。
そう言われると余計飲みたくなるもので、、、。
No title
「空」は一回だけパーティーみたいなところで飲んだことがありますが、僕にはなんか合わなかったですね。いっぽう同じ蓬莱泉の「美」は、旨すぎて驚いたっす。安いほうが好みという…。

管理者のみに表示