キキミテ

2011年09月05日
 神戸町の方からコメントをいただいたんで、たまたま盆に実家へ帰ったときに撮った、養老鉄道北神戸駅付近の写真でも。

110905-1.jpg

 そういえば養老鉄道の車輌が、いつの間にか昔のカラーリングに戻ってますね。高校の時はこの色の電車に乗って通学してたんで懐かしい。揖斐発7時14分の電車は、たいていクロスシートの車輌だったなあ…。便所スペースが残っている車輌もあった。懐かしい。懐かしいけど、高校時代のことはほとんど何も思い出せないのである。

110905-2.jpg

 養老鉄道といえば、踏切に立ててあるこの杭の言葉「とまり.きき.みて.とおれ」が子供の頃から気になってしょうがなかった。「きき」ってなんじゃい、と。ネットで調べたら「止まり、(音を)聞き、(左右を)見て、通れ」ってことなのね。30数年来の謎が今まさに解けたぞ。ネット社会ばんざい。美浜町の町かど書道の「よい社会」は(→●□)、ネット社会のことなのね。
 う~ん、どうでもいい。

110905-3.jpg (風呂上りの陽太郎)
「どうでもいいですよ、おとうさん」

(まさ)
スポンサーサイト
岐阜中部・西濃雑 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
写真を見て、誰の家か分かってしまった…
うわ~「吉田さん」の家と、馬淵さんの家(床屋さん)が写ってるよ…。
近所だし、同じ班で御座います。そして後者の常連客。

>「とまり.きき.みて.とおれ」
そう言えばありますね、この柱。
北一色の村内から白鳥神社へ行く道にある踏み切りですね、コレ。
No title
車が通れないような細い遮断機の無い踏み切りにはよくありましたね。
遮断機が無くても警報器だけのもありましたし。
踏切マニアってのもいるんでしょ。

標語関連で一番驚いたのは「下流の安全」でしたね。
恵那市の小里川ダム(日本一の木製水車で有名?)の見学コースに
地元の小学生が書いた習字が貼ってあったんですが、何枚もありました。
小学生にこんなこと書かせるのもどうかと思いますよね。

海部郡では火事の後で「鎮火御礼」という張り出しが時々あります。
これはいいですね、礼儀正しくって。

「ダムマニア」っていう人達もいます。もうなんでもアリですね。
No title
踏切といえば、JR東海の遮断機のない踏切を渡ろうとするとセンサーが感知して「あぶない」と言うヤツがありまして、シュールで好きです。一度お試しあれ…。

「鎮火御礼」はウチのほうでもあったような。むかし中日新聞の西濃版にたびたび載ってました。


管理者のみに表示