アウトオブ絶景本0014

2011年08月21日
 金曜日、とある取材で静岡県東部の長泉町にある「ヴァンジ彫刻庭園美術館」へ。富士山麓はついこの間、御殿場の「富士山太鼓まつり」(→●□)ですが、続く時は続くもんです。

110821-4.jpg

 急な依頼でなんの予備知識もなく行ったのですが、かなりよかった。天気は御殿場に引き続きまたも悪かったのですが…。
 で、終わってから三島で名物のウナギを食い、その後ふらっと沼津へ。昨年出した拙著「鉄道でゆく東海絶景の旅」(風媒社/1575円/詳細→●□)のネタ拾いで、千本浜を撮影に行って以来1年半ぶりです。
 沼津は、むかし青春18きっぷで関東方面に行く際に乗り継ぎや時間調整などで何度も下車しており、そこそこデカイ町という印象。結婚してからは、嫁方の婆さんの在所が沼津なので「親戚のある町」という身近な存在(?)になりました。親戚宅に伺ったことはないけど。
 本では、海岸線のカーブと背後に数十キロも続く松原が美しい千本浜を取り上げましたが、沼津にはもうひとつ、展望台マニアなら押さえておきたいビュースポットがあります。それは「沼津港大型展望水門 びゅうお」だ!

110821-1.jpg
(2010.01.10撮影。以下同じ)

 これは、沼津港から駿河湾への出口に設けられた水門を、展望台にしちゃったという施設。ある程度高けりゃなんでも展望台にしてしまえ、という発想ですかね。

110821-2.jpg

 真下には沼津港が。うん、まあ、確かにこういう角度から漁港を見下ろすってのはあまりないかも。

110821-3.jpg

 北を見ると、画面中ほどからゆるく左にカーブしてゆくのが千本浜。右奥が沼津市街。うん、まあ、絶景つーかシブい。町に立っていたカンバンによると、今年の暮れに、沼津港に深海魚水族館ができるらしい。びゅうおのオススメ度は微妙だが、深海魚水族館はちょっと見てみたいぞ。真っ暗なところに棲む魚なんぞを、どうやって見せるのかと。
 三島や富士山麓の町々に比べると、どうしても経済都市のイメージが強い沼津ですが、地道に観光施設を増やしているというところでしょうか。ひとつ難点は、豊橋と同じでインターまでやたらと遠いことだ。
(まさ)
スポンサーサイト
東日本 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
私も金曜日、その界隈に仕事で行っていたのですが、大雨で帰りの新幹線は遅れていました。

沼津港にこういうものがあるのですね、是非機会があれば時間を作って行きたいと思います。沼津駅からバスでも行くことが出来そうですし。
No title
僕は車でしたが、たぶんその大雨のせいで東名の沼津-富士川SA間が大渋滞。清水までR1を走るハメになり、夜の豊橋での会議に遅刻しました…。

管理者のみに表示