チャット門柱

2011年07月29日
 一回ハマるとついつい続けてしまうのが僕の悪い癖ですが、もうひとつ門柱ネタ。
 5月末に設楽町の名倉地区に行った際、名倉小学校の清水分校跡を見に行ったら、門柱が残ってた。国道257号と茶臼山高原道路の合流点にある「道の駅アグリステーションなぐら」のすぐ近くにあります(どうでもいいけど、ここほど農産物販売所を前面に打ち出した道の駅名も珍しい)。

110728-1.jpg

 かなり狭い敷地で、門柱なんかなくてもよさそうなもんだが…。コンクリートに自然石をくっつけてアバタのようになっているのが、いかにも山の分校っぽい。学校ではあまり見たことないけど、上高地とか高原の老舗ホテルなんかに、よくこういうのがある気がする。山仕様? 

110728-2.jpg

 門柱の部分だけなぜか変な柵があるけど、サイドに回ればこのように、校舎の全景が望めます。よくまあ朽ちずに残っていたもんだ。なお、閉校は昭和39年。

110728-3.jpg

 名倉へは季刊誌「そう」(春夏秋冬叢書)の次号用に、5月から6月にかけて3回も取材に行ったのだが、3回とも天気が悪くてまいった。本来ここは爽やかな高原地帯なのですが、このようにどよ~ん。

 チャットモンチーのドラムの人が脱退ですか…。
(まさ)

------------------------------------
(2011.08.07追記)
8/4に再訪したら、門柱の背後を塞いでいたトタンの壁が取っ払われてて、全貌が見えるようになってた。

110807-4.jpg

 映画のロケにでも使えそうな風情になってます。
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
これはすごい!
清水分校跡、まだあったんですね。
これはすごい!いい感じの校舎ですね。

「アグリステーションなぐら」は何度も寄ったんですが
気がつきませんでした。
分校で廃校になったのは他にもいくつかあるんですが、
地元の人に聞いてもあまりにも古い話で御存知ないことが多いです。

JAではなく地区の農家の集荷場だったり、老人会なんかで使ってると
残ってることもあるんですけどね。
でも決して災害の避難所にはなりませんね。かえって危ないし。
昭和56年以前の木造建築は耐震基準にあってないからって、、
それどころじゃないんだから、、。

ここも一度見にいかなくっちゃ。
最近の木造校舎(といっても数十年前?)はアルミサッシの窓に
変えちゃって雰囲気がぶちこわしで。
やはり木造校舎は木枠の窓じゃないとね。

きめつけちゃってごめんなさい。
>関係者の皆さま
No title
廃校・廃分校は北遠がおすすめです。

ところで、すぎやまさんのHPを見て、名倉に行ったついでに駒ヶ原・沖の平の火の見櫓を見に行ってきましたよ。あんなところにあろうとは…。

管理者のみに表示