二ヶ月が過ぎた

2011年07月12日
 陽太郎が産まれて、あっという間に二ヶ月が過ぎた。赤ん坊らしい真っ赤な肌は白くなり、蚊の鳴くような声はうるさいなぁと感じるくらい大きくなり、袖や裾が余るほどぶかぶかだった服がちょうどよくなった。すでに産まれたばかりの頃を忘れるくらい、陽太郎はどんどん成長している。
 
110711-1.jpg 110711-2.jpg
裾を折り曲げていたのに、今は足が出るように!(撮影日:左/5月1日 右/7月11日)

110711-16.jpg 110711-9.jpg
いつのまにかデベソに!(撮影日:左/5月14日 右/6月22日)

110711-18.jpg 110711-17.jpg
最初の一ヶ月はミルクと母乳の混合。おっぱいを絞って与える搾乳もやりました。
おっぱいにかんして、どんどん羞恥心がなくなっているのが怖い。


 母親としての実感もやっと湧いてきた。正直、この子が私の腹からツルンと出てきた時は、嬉しいとか可愛いとか、産まれてきてありがとうとか、そんなドラマチックな感情は湧いてこなかった。冷たいと思われるかもしれないけど、やっと痛みから解放される、お産がやっと終わった、無事に産まれてよかった、ただそれに尽き、涙だけが溢れた。
 でも、今は可愛くて仕方ない。一番好きな仕草というか姿は、オッパイにしがみついて一心不乱に飲んでいる時。おしりを拭かれている時に時折見せるスッキリ~という顔も、シャワーを頭にかけると決まってアクビをする無防備な顔も可愛いなぁ。いろいろお世話をするうちに、母性ってもんは芽生えてくるんだろうか。

110711-12.jpg 
おっぱいにしがみついている姿がたまらん!

 さて、出産時のことを改めて記しておくと、私の場合、おしるし→破水→陣痛→出産という順序で陽太郎は産まれてきた。
 破水した日の日中は仕事で日間賀島に行っていて、浜辺で砂遊びをしたり、撮影した料理をガツガツ食べたり、いつもと何ら変わらなかった。帰りにベビざラスでチャイルドシートを購入し、夕飯を作り、夜はせっせと床掃除。ゴキブリ団子をそろそろ仕掛けなくちゃと片付けをしていた。夜10時頃だったか、ちょっとお腹が張るなぁとトイレへ。おしるし(産兆)があった。
 ドキリとしたけれど、今すぐ産まれるわけじゃないと言い聞かせ、そのままトイレに入っていたら、何かが勢いよく流れ落ちた。破水だ。それは出産が初めての私でも分かるくらい確実なものだった。病院へ電話しようと手帳をめくるも、指先が震えて思うようにめくれない。完全にパニックに陥っていた。ダンナも慌てていた。まさかの破水で、破水したら入院、そしてまもなく出産とは思っていなかったようだった。
 その時点では陣痛はなく、頻繁に痛みがやってきたのは入院した翌日の夕方から。妊娠中、食欲が失せることは一度もなかったのに、その日の夕飯だけは気持ちが悪くて食べられなかった。僅かな痛みも我慢できなくなり、ヒーヒーうめき声を上げていると、助産師さんに「今はそんなに痛くないはずだよ」と窘められる。すると、確かにそうかもしれないと冷静になれ、痛みがすっと引いていく。気のせいかもしれないが、甘えが出てしまう私には、お産のプロによる叱咤激励は効果抜群で、何度もナースコールで呼びたくなった。
 陣痛の間隔が短くなると、もはや何も考えられない状態。今何時で、どれくらい時間が経っているのかも分からなかった。車椅子に乗せられて分娩室に移動する時、鳥のさえずりが聞こえ、明け方だと知る。太陽が出ている時間帯に産まれてくるといいなぁと思っていたから、嬉しかった。
 
 110711-30.jpg 110711-29.jpg
 左より出産前、出産直後

 分娩室に入れば、いよいよ出産も大詰め。マラソンでいえばラストスパートを駆け抜ける感じで、エネルギーが湧いてくる。それでも何度もいきんでいると意識が朦朧としてきて、助産師さんに「目を閉じない!」といわれても自然に目が閉じてしまう。陽太郎が出てきたところも見たような見ていなかったような。出産に立ち会ったダンナが、私の代わりにメモを取りつつしっかり見てくれ、すげぇ~!!と興奮しながら後から身振り手振りを交えて説明してくれたが、失神するか大泣きするだろうと思っていたので、これは意外だった。
 一週間、一ヶ月は瞬く間に過ぎていき、私の体力も戻ってきた。三時間置きに起きることにも慣れ、短時間で深く眠れるようになった。母体も赤ん坊のサイクルに合わせて順応していく。人間の体って、すごいもんだ。

 私のお腹の中で波打つように動いていた子が、今は大声で乳を求めて泣き、手足をばたつかせている。この子がお腹の中にいたなんて、今でも信じられない。産んだ私がそう思うんだから、ダンナはもっとミラクルに感じるだろうなぁ。
 先日はお宮参りに行ってきた。安産祈願に出かけたときは6人だったのに、今は7人。当たり前のことだけど、不思議だ。体は小さいけれど、誰よりも生きることに無我夢中で、すべてのエネルギーが生きることへ向かっている。授かった大切な命、守っていかなくちゃ。陽太郎、産まれてきてくれてありがとう。(まり)

110711-22.jpg 110711-21.jpg 110711-25.jpg 110711-24.jpg 110711-26.jpg 110711-23.jpg
 みんなに愛されている陽太郎。



スポンサーサイト
そのほか | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
すごい~
すごい、すごい!出産して母になる瞬間てこんなんなんだー。感動しちゃいました。涙ウルっ。久しぶりのまりちゃんの文章いいね。分娩中にだんなさんメモしてたんだ(笑)さすが!今度日本で会えるの楽しみにしてるね。
No title
にしやん、はやく会いたいなぁ~、見せたいなぁ~。お姉さんの赤ちゃんにも会いたいっ!!。
陽太郎さん、大きくなったねー。
お久しぶりです~。陽太郎くん、すっごく大きくなられて!お元気そうでわたしも嬉しくなりました。
おっぱいもぐんぐん飲まれている様子。本当に幸せな、大切な時間ですよね。そうそう!とうなずいてしまいました。
ういもぐんぐん大きくなっております。また、みんなで会いたいね。

管理者のみに表示