待合室直結

2011年06月27日
 昨日の続き。
 熊の一本杉バス停から県道をそのまま進むと、横山川に沿って旧天竜市横山へと出ますが、東海自然歩道は三舞坂峠というチョー地味な峠を越えて、旧龍山村の白倉川沿いに出ます。

110626-2.jpg
出産1ヶ月半前の女性取材記者(身重でも軽快!)

 峠を下りたところの市之瀬集落では、このような茶畑の中の道が東海自然歩道。ムリヤリ感あふれるコースです。
 ここを下ってゆくと旧ジェイアール東海バス白倉峡線(現市営バス)が走る白倉川沿いの県道。盛り上がりのない退屈な区間なのだが、途中にあった中日向バス停が面白かった。

110626-1.jpg

 待合室をくぐるとそのまま橋に直結!まるで有料橋の料金徴収所の趣。おお、これは凄ぇ~!とテンションが上がったけど、同行者の嫁と編集兼カメラマンのAさんはこれっぽっちも興味を示さず。
 なぜこういうモノの面白さが誰もわからねえんだ、と昔は憤慨したもんだけど、最近は誰にも同調されないのも当然と受け流して、もういろいろどうでもいいっす…。

110626-3.jpg 「そうですか、おとうさん」
(みのチックな陽太郎)

 わが子には僕と同じ轍(マニアの轍)を踏まないでほしいと、やたら考える今日このごろ。
(まさ)
スポンサーサイト
遠州雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示