カンバンの手帖ブログ版0176

2011年06月05日
 前橋競輪場で開催されていた高松宮記念杯で、安城生まれ、豊橋桜丘高校卒、ホームバンクが豊橋競輪場の深谷知広(96期・21歳)が、競輪史上デビュー最速GⅠ優勝を達成しましたね~。彼こそまさしく三河の星!三河じゅうがもっと沸いてもいいはず!このまま勝ちまくって伝説を作ってほしいものです。問題は、深谷が吉岡稔真(65期・現解説者)のような伝説的存在になるまで競輪が存続しているかどうかだが。
 そんなわけで深谷GⅠ初優勝を記念して、豊橋競輪のカンバンなど。カンバンと言うか、開催日の告知塔です。

110605-1.jpg
(2009.06.07撮影)

 市電の競輪場前停留所から競輪場へ向かう道沿いの畑の中にあったもの。競輪に手を染めた20年弱前から、東田のランドマークとして馴染み深い存在だったのだが、いつの間にか撤去されてしまった。中途半端な造りが微妙な味わいを醸し出していました。

110605-2.jpg 将来の「三河の星」候補

 ゴール後の深谷を真似てガッツポーズする陽太郎(生まれて40日目)。できれば、三河でなくて岐阜の星に育てたいけど…。
(まさ)
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示