白老でほろ酔い2011

2011年02月28日
 喉元すぎれば熱さ忘れるじゃないが、だんだん網膜剥離手術について書くことがどうでもよくなってきた…というのはいかにも中途半端なので、仕事の波が去ったら書きます。

 昨日の午前は、われわれ夫婦と岐阜から来たイトコ&その友人夫婦とともに、常滑市古場にある「白老」の蔵元、澤田酒造(→●□)の酒蔵開放へ。たった500円の入場料で、酒蔵見学+全銘柄試飲可+お土産付き(ぐい呑み)という、破格のイベントです。
 実は去年も行ったのだが(嫁はさらに一昨年も行ってる→●□)、去年は試飲しすぎてベロベロに酔っ払い、常滑駅のトイレで酔い潰れるという醜態をさらして嫁に恥をかかせたので、ここに書かなかったのでした。
 今年はその反省を踏まえて、まあほどほどのところで抑えておきました。午後には御津で立川談春の落語会があったからね。
 
110228-1.jpg

 こんなに日本酒人口って多かったのか!?というような人出。かつて西浦地区にこれほど人が押し寄せたことがあっただろうか!あ、名鉄の「歩いて巡拝(まいる)知多四国」のときも凄かったか(→●□)。
 少し前に某誌の取材で伺った際、あの太っ腹の酒蔵開放はすごいっすね、と社長さんに水を向けると、「いや、はや、ドーモ」と週刊現代で連載している立川談志のコラムのタイトルみたいな返事をされました。
 ところで、蔵の敷地内にはなんと、例によってHINOMIが!

110228-2.jpg

 なわけなくて、蔵の中庭にある給水タンク置き場?ですね。火の見櫓の脚と同じ材質、同じ構造。どこの鉄工所が手掛けたのだろうか。
 う~ん、どうでもいい。
(まさ)

---------------------------------------
●□ お 知 ら せ □●
カメラマン木村一成氏の写真展「叙情都市名古屋」が、3月1日から栄のセントラルギャラリーで開催されます。名古屋にこんな表情があったのかと唸るような写真が全60点。ぜひご観覧ください。わたくしも本企画に一枚噛んでおります。

110225-3.jpg ←クリックで拡大します

日時 3/1~8 10:00~21:00(初日は13:00から)
場所 名古屋市中区・セントラルギャラリー
   (栄セントラルパーク北端=地下街の北の端です)
アクセス 地下鉄久屋大通駅・南改札すぐ
観覧無料!地下街の通路なので。
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示