なぜだか涙があふれてくるんだ

2011年01月29日
 どうもお久しぶりです。網膜剥離患者でカメラばかのナイトーです。
 年末のブログに「来年はどか~んと頑張ります」とかなんとか書いたのに、どか~んと入院・手術するハメになってしまいました。新年早々ついてねえ。こういう気分を表すピッタリの言葉が、日本語にはありますよね。

「とほほほほ」(大山のぶ代時代のドラえもん口調で)

 19日に南区の中京病院に入院して、20日に手術。25日の夕方に退院してきたのですが、いまだ右目は眼帯必着、外しても焦点がうまく合わず、PCで文字入力していても10分くらいで気持ち悪くなってくる。うぐぅ~。
 「実録!恐怖の網膜剥離手術」とか「奮闘!新米看護師観察日記」とか「絶品!病院グルメ」(←ウソ)とか、書きたいネタは山ほどあるのですが、こんな状態なので当分は自重します。とりあえず今回はご報告まで。
 ダークな入院生活では、病室の窓から見える景色が慰めでした。「カメラばか」と言われようと、つい撮りたくなりますよ。

110128-1.jpg

「美しい…。住友軽金属の煙が…秋風に揺らぐ釜の湯気のようだ…」
(山田芳裕「へうげもの」第四巻、明智光秀のセリフより)

 なお本稿のタイトルですが、気遣いへの感謝とか目が見えたことの喜びとかそういう話ではなく、術後数日間は治癒の過程でそういうものらしいですわ。
(まさ)
スポンサーサイト
そのほか | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
\(^o^)/
無事に帰って来れた様で安心しました。
先日は、奥様の文章に涙するところでした( ; ; )

これで、安心して
踏切全調査や、カーブ写真集を
待てます(^ ^)

お大事にしてくださいね。
No title
ありがとうございます!!!
しかし、PC見てると数分で鈍痛が始まる有様で、まだまだ完全復活は先になりそうです。踏切調査、今年に入ったらマジで着手しようと思ってたんだけど…。

管理者のみに表示