九州で年越し

2010年12月30日
 今年もいよいよ大詰めを迎え、残すところ競輪グランプリだけになってしまいましたが、なぜか今、長崎に来ております。完全に遊びです。一昨日は佐世保。昨日は長崎。今日は久留米に寄りつつ(久留米競輪場で車券を買うため)別府に移動して、そのまま別府で年越しをします。
 長崎県は9年ぶり。K土出版社というところに勤めていたとき「佐世保の100年」という古写真集を作るため3ヶ月半くらい通っていました。
 久々の佐世保は、高速道路が延伸してたり、新しいホールができていたり、マンションがドカドカ建っていたりとボチボチ変化があって、なんか昔好きだった女の子の老けた姿を見るようなちょっと寂しい気持ち…ということは特になく、市街地には相変わらずアッパーな風情で、なんとなく浮き足立つ感じ。
 佐世保はハウステンボスを除いて意外と名所的なスポットが少なく、観光で来てもそう楽しいところでもないんですが、「軍隊の町」という特殊なアイデンティティを持っており、東海地方の町ではあまり感じない独特の空気感があります。
 対して長崎は、過去2回来たときははぜんぜん観光しておらず、初めてしっかり町を歩いてみました。市電が走りまくってて、商店街も観光スポットも賑わってて、実に活気があります。「超メジャーな観光の町」というだけでは収まらない地域力を秘めているのが、町を歩いているだけでなんとなくわかる。
 詳しくはまた後日。

 えー、今年はいろいろ動いていた割になんかチマチマした一年だったので、来年は何かこう、ドカーンとがんばります。何がドカーンかわからないけど、とにかくドカーン。
(まさ)
スポンサーサイト
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示