椿散る佐布里

2010年12月24日
 クリスマスイブの本日はお寒うございました。フトコロ、お寒うございました(意味なし)。
 午前中は取材で知多市の佐布里(梅で有名なところ)にいたのだが、知多西岸らしく冷たい風に吹きさらされていた。う~ん、寒い。う~ん、暑いとか言ってたあの季節はどこに行っちゃったんでしょうか。

101224-2.jpg

 先月末に下呂方面に行ったとき、東海市から飛騨小坂へ移住したという方と話す機会があったのですが、「暖かい知多に比べると、飛騨の山の中は寒くてたまらないんじゃないですか」と聞くと、「いやいや、風が強いぶん知多のほうが寒いでかんわ~(尾張弁)」と、意外な返答が帰ってきて驚きました。
 それはそうかもしれんけど、日照時間を考えると、僕は知多のほうがマシだと思う…。

101224-1.jpg

 風が強いせいかしらんが、佐布里の知多四国76番如意寺の椿はバラバラ散っておりました。
(まさ)
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
上の方の写真、
わたしが、あのあたりで好きな場所です。
車に乗っていると、なんか気が通る場所。
わかってるよな~
No title
知多の丘陵地を走っているとときどき、こういうスコーンと抜けるような場所に出くわしますね。これぞ知多的な美しい風景。知多四国をやるまではあまり気が付きませんでしたが…。

管理者のみに表示