BARSAN & HINOMI 0005

2010年12月08日
 わが地元の愛知13区選出の大村秀章衆院議員が、愛知県知事選への出馬を正式発表しましたね~。碧南市出身で、現在は三河安城駅前に事務所を構える純碧海人。僕は美濃の人なんでなんのシンパシーもありませんが、男大村、このまま中途半端な立ち位置で国会議員を続けていてもアレだし、人生一発逆転に賭けてやる!という心意気ならヨシ。
 しかし、碧海人というのは本来そういう勝負師気質ではないような…。大村先生、心意気を見せてみい!

101208-1.jpg
(左から、竹中良則刈谷市長、大村秀章議員、民主党大西健介議員/
 野田雨乞い笠踊り会場にて。2010.08.29撮影)

 しかし、注目を集めている割にどの候補者もパッとしないのが、いかにも愛知県らしい。河村たかし市長のキャラだけが際立っている。

 そんなことはどうでもよくて昨日の続き。下呂に泊まった翌朝、次の予定まで時間がかなり空いていたので、これまでまったく行ったことのない旧下呂町東部の御厩野(みまやの)という集落に行ってみました。

101208-2.jpg

 国道257号の舞台峠(濃飛国境)のすぐ下あたりで、三国山麓の傾斜地の広範囲に家が点在する、なかなかの田舎です。特産はトマト、シイタケなど。名所は「鳳凰座」という農村芝居小屋。立ち寄りどころは昔のドライブイン風情が懐かしくもある「舞台峠観光センター」。
 不審者に間違われないよう細心の注意を払いつつウロウロしていたら、けっこう高所にある民家の片隅に、こんなものが残っているのを発見した。

101208-3.jpg

 なんと、米搗き用の水車!
 これほどまでに状態がよいものは滅多にお目にかかったことがないので、一瞬現役かと思ったが、もちろんそんなことはない。庭先で豆干しに精を出していたBARSANによると、30年ほど前に土地改良によって、川を埋めて右側の道が拡幅され、水量が激減したので使わなくなったとのこと。昔は多くの家にあったけど、しっかりした形で残っているのはこちらの家だけだそうな。
 これほどの傾斜地、けっこう勢いよく水車は回転したことでしょう。
 ところで分かりにくいですが、写真の右後方には、例によってHINOMIが!

101208-4.jpg

 あ、水車と農作物の話に夢中になって、HINOMI話を聞いてこなかった。
 なお旧益田郡では火の見櫓がほとんど撤去されたようで、まともなものは今のところ、これしか発見しておりません。
(まさ)
スポンサーサイト
飛騨雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示