タウンアーチの先へ0026

2010年12月07日
 先月下旬から立て続けに3回も飛騨へ行っている。11月中旬は高山市街の紅葉が見頃だったのに(→●□)、昨日は東海北陸道の濃飛国境あたりは路肩に雪があったりして、季節の変化は瞬く間であります。
 先週の月・火は下呂。日帰りで月曜だけだと思って出発したのに、夕方、某編集部から連絡があって、突然泊まることになった。着替えも何も用意してきてないのに!
 しかし、中途半端に近いこともあって、これまで一度も下呂温泉に泊まったことがない。それどころか、足湯以外で湯に浸かったこともない。いい機会なのでじっくり夜の下呂を楽しんでみました。と言っても、宿の風呂に夜の街を歩いただけだけど。

101207-1.jpg

 ライトが点灯したタウンアーチも初めて見た。温泉街ぽくていいですね。「歓迎」の間に見えるのは、温泉を発見したと伝わる白鷺。
 なお、このほかにも同型のアーチがあと2基あるけど、点灯していたのはこれだけ。
 あと、久しぶりに下呂を歩いたらこんなものたちができてた。どこを目指しているのか下呂温泉よ!?
 
101207-2.jpg

 「さるぼぼ七福神社」の「黄金の足湯」。
 
101207-3.jpg

 「かえる神社」の御祭神。祭神っつうか。
 かつて佐野元春は「誰かが君のドアを叩いている」でこう歌った。♪街角から街角に神がいると…。
(まさ)

---------------------------------------
(2013.08.22追記)
 昨日久しぶりに下呂に行ったら、このアーチが撤去されていた。う~ん…。
スポンサーサイト
飛騨雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
同じところ行ってますね(^^)

タウンアーチ、夜になると光るんだ。
私も下呂に泊まった事ありませんし、温泉にも入ったことありません(^^)
何しに行ったんだか・・・
No title
湯はつるっとしていて、意外とイケましたよ。シーズンオフだったせいか、思ったより安かったし。ちなみに泊まったのは「小川館」で、いっぷう変わった畳敷き大浴場がが売り。

管理者のみに表示