FC2ブログ

陶に昇り龍

 嫁は金曜日から、僕は土曜日からさる仕事で東京に行ってて、さっき帰ってきました。その話はおいおい書くとして、とりあえず今日は手っ取り早く埋め草的な話題を。
 金曜日の午後、御津町の赤根という地味な集落を徘徊していて、村はずれにある萩原神社で見つけた逸品。大昔の中日のペットマークの原型か?

070827-1.jpg

 この見事な龍は、こんな物にデザインされています。陶器です。

070827-4.jpg

 龍もハデだが周りの意匠もまたドハデ。名もなき職人の卓越した技に驚嘆…ということもあるけど、東三河におけるヤンキー文化のルーツを垣間見た思いだ!むかし東京発行のメジャーな雑誌に「暴走族発祥の地が豊橋」「全国でも有数の在豊橋暴走族に直撃取材」というような記事が掲載されてたっけなあ…。
 真ん中に「用水」、上部に「奉納」とあり、背面には昭和3年11月に西方(愛知御津駅付近の集落)の今泉六一なる人が寄進したことが記されています。用水といってもなんのこっちゃわからんと思いますが、全体像はこんな感じ。

070827-3.jpg

 防火用として、樋づたいに流れ落ちてくる雨水を溜めておくものだと思います。
 防火用の甕?は神社・仏閣にたまに見るけど、こういう意匠を凝らした陶製の立派なものは今まであんまり気が付かなかった。常滑のやきもの散歩道ぞいにある無住の寺にも同じく陶製の用水甕?が置かれていたが、あちらは戦後作だったし。カンバンは戦後でもぜんぜんOKだが、石モノ土モノはせめて昭和初期でないと食指が動かないワタクシ。
 あ、どうでもいいけど、僕は中日ファンではありません。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク