タウンアーチの先へ0020

2010年10月31日
 先日、久々に碧南市新川の旧大浜街道を通りがかったら、タウンアーチが撤去されてて愕然。山神町2・3・5・6丁目の境界あたりです(碧南は「×丁目」表示が細かくてうっとおしい。使い方を間違えたんじゃないのか)。

101031-5.jpg

 以前この付近にはこのようなアーチがありました。

101031-1.jpg (2005.02.04撮影。以下同じ)

 スカイブルーも鮮やかな「新川本町通」のアーチです。
 新川は南北2本のメインストリートに沿ってダラダラと長く伸びた町で、シブめではあるんだけれど掴みどころがない印象があります。そんな町でいい目印になっていたのがこのアーチだったのに、もったいないことを…。
 新川は異様にアーチの多い町でこれ以外にも地区の各地に点在していたんですが、みな撤去されてしまった模様。

101031-2.jpg

 大浜街道の東に並行する新道沿い「上銀座商店街」のアーチ。山神町5丁目・新川町2丁目(新川小学校のすぐ西)にあった。

101031-3.jpg

 衣浦温泉街入口の山神町2・6丁目にあった「新川本町」のアーチ。協賛企業は新川にある白醤油や業務用ソースの醸造元「日東醸造」。昔はこれに、衣浦温泉の旅館名が書かれていた覚えがあります。

101031-4.jpg

 アーチではないが、商店街名の入った大型街灯も撤去。浅間町1・2丁目あたり。
 あと、デジカメに移行してからは撮影していないけど、かつては北新川にもアーチがありました。
 このような悲しむべき(僕だけ)状況の中、なぜか山神町1・2丁目の七福醸造前にある下の写真のアーチだけは撤去されずに生き残っていた。

101031-6.jpg
 
 う~ん、これだけなぜ?車が少ない裏通りなので邪魔じゃないということか。
 新川旧市街はこんなんだし、大浜旧市街も道路拡幅やカネニ跡のバロー進出などで殺風景になったし、碧南はどうも最近「サッパリ化」が著しい。まあ仕方ないですけどね。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示