タウンアーチの先へ0017

2010年10月20日
 大須の大道町人祭を見物した際、仁王門通りと垂直に交わる「文長通」にてこのようなアーチを撮影。

101019-1.jpg

 仁王門通りの近くの駐車場が大道芸会場になっておりそこだけは人が集まっているものの、賑わう大須のアーケード街とは一転、閑散としています。立派なアーチがあるのに、無料配布の大須マップにはストリート名の記載ナシ。

101019-2.jpg

 なんだかよくわからないこのスペーシーなデザイン、どこかで見たことあると思ったら、撤去された養老町高田の「中心商店街」のアーチと瓜二つなのでした(→●□)。

091210-3.jpg ←クリックで拡大します

 火の見櫓は製造業者ごとにプロトタイプがあることが判明していますが(→●□)、タウンアーチも同様だとは。柱を見たら、業者と製造年を記した銘板も取り付けられていました。

101019-3.jpg

 作ったのは名古屋の日本街路灯製造株式会社。街灯を観察しているとたまに見かける会社名です。これは取材してみたい!
(まさ)
スポンサーサイト
名古屋雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示