大名古屋大山車大駱駝艦

2010年10月17日
 大イベントが市街地各所で行われていた土日の大名古屋。昨日はまず午前に、歴遊舎 I さんと共に「名古屋開府400年祭 大山車まつり」へ。市内の山車13台が若宮八幡社から本町通りを名古屋城まで練り歩くという、大企画です。

101017-1.jpg

 八幡社を出て若宮大通を行く山車。さすが大名古屋。他の山車まつりではなかなかこういう光景は見られません。

101017-2.jpg

 本町通りを名古屋城へと向かう山車。どこを切っても潤いが欠落している栄も、山車が動いているだけで救いがある気がします。
 若宮八幡社の近くで昼飯を食ったあと、大須へ移動して「大須大道町人祭」へ。今年で33回目だというのに見に行くのは初めて。いろいろパフォーマンスを見た中で、大駱駝艦の金粉ショーには心底ぶったまげた。

101017-4.jpg

 いやもう唖然…。
(まさ)
スポンサーサイト
名古屋雑 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
No title
かなり、充実した1日でした。
金粉ショーは秋の陽に照り輝いたことでしょう!
かつて、練馬区江古田に大駱駝館の本拠があったとき、
何としても入団させてくださいとおしかけて、
麿赤児さんに面接してもらったのは、何を隠そう、このワタシです(汗)
麿赤児の息子の大森南朋は、しかし団員ではなかったなぁ…

No title
それはまた若気の至りな。
入ってたらたぶん今頃、名古屋のアングラ舞踊会の主となり、現役でクネクネと…。
No title
はじめまして、自分も昨日初めて見ましたよ。前衛芸術とはいえエロチックすぎですよね。自分の彼女だったら絶対出るの反対するでしょうね
大道町人祭り
大山車まつり行かれたんですね。
100年前の再現とはいきませんが本町通りを13輌の山車が行く
光景はそれなりに価値があったと、、。
もうここまでくればマンネリを楽しんでるような「郷土英傑行列」。
三英傑と言っても名古屋生まれは秀吉だけだし、、突っ込む所はいっぱいあるし。
名古屋のデパートのおねぇさんが三姫になってるので分かるようにもともと
商工まつりなので、、。
その点、「大須大道町人まつり」は面白いですね。
金粉ショーやおいらん道中が注目されてますが、「芸」のレベルの高さ?では
毎年最後に出て来る「ギリヤーク尼ヶ崎」の舞踏です。
もう高齢(80歳位?)なので激しい舞いのあとは大丈夫かと思うほどですが、
魂のこもった表現はまさに大道芸といえるものです。
来年の町人まつりに来るか(生きてるか)は分かりませんが、機会があればぜひ一度
ご覧になってはと思います。
No title
Kさん
かぶりつきでカメラを構えるオヤジ集団にも唖然でした…。

すぎやまさん
ギリヤーク尼ヶ崎、ネットで調べたら相当キてそうな感じの御大ですね。来年も大須に来るんだったら見てみたいものです。
No title
ギリャーク尼崎さんは、ボクらの世代では神様です。
あと、ついせんだてお亡くなりになった大野一雄さんは神様を超えて宇宙そのものです。
舞踏の幻想性にやられたひとりです。

管理者のみに表示