恋のアーケード0010

2010年10月11日
 精文館のことを書いたハナから、精文館向かいの広小路アーケードが雨と鳩の糞の重みで崩壊というニュースが飛び込んできました(10/9の夕方)。さすがトヨハシ、やってくれます。
 その広小路アーケードとは、広小路両側の約600メートルにわたる歩道のアーケード(ただし北側は部分的にない)。下を歩いているときは特に老朽化しているとは感じなかったけど、豊橋駅方の入口はこんな具合に、ボロい。

101011-1.jpg
(2006.12.25撮影)

 もうずいぶん前からほったらかしの感じが漂ってて、この色落ちや文字の一部脱落がシブいなどと言ってる場合ではない。

101011-2.jpg

 こちらは今のところ無事な北側の入り口。しかし、落下してケガ人が出たとあっては商店街もほっとくわけにはいくまい。これももうすぐ見納めかね。ちなみに豊橋市街には、同じような歩道アーケードが魚町、新本町にもあります。

101011-3.jpg(2008.03.07撮影)

 オマケ。広小路と垂直に交わる道路全面覆型の「ときわアーケード」。味わい深い電光カンバンは、豊橋っ子なら誰でも知ってるスマートボール屋さん。

 あと、昨日実家に帰って古いアルバムを漁っていたら、少し前に書いた佐久間町浦川駅前のアーチの、20年前の写真が出てきたので追記しておきました(→●□)。浦川に興味があるという奇特な方はご覧下さい。
(まさ)
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示