秋の四谷千枚田

2010年09月19日
 昨日、久々に四谷千枚田(旧鳳来町)へ行った。稲刈りシーズンの四谷千枚田は3、4年前に連谷小学校の取材に行って以来。

100919-1.jpg

 ここはいつ来てもいいです。

100919-2.jpg

 田んぼ一枚の幅とほぼ同じくらい横にやたらと長いハザがまた好もしい。
 僕の地元の揖斐では、僕が物心ついてからハザ掛けをする田んぼと言うのを見た記憶がなく、どこに行ってもハザが気になってしょうがないのです。
 しかし今回は四谷の千枚田が目的地ではない。千枚田の一番上から背後にそびえる鞍掛山に登り、さらに岩古谷山まで尾根を縦走する東海自然歩道を歩きにきたのでした。四谷からゴールの設楽町和市まで8時間近くかかり、腿はパンパン、膝はガクガク。今日は全身筋肉痛で仕事にならず…。
(まさ)
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
うわー
サパみたい!今サパにおります。まさにこんな感じ。こっちは稲刈りから脱穀まで手作業で、刈り取った稲を板に叩き付けるバンバンという音が響いてます。
No title
いやいや、サパの棚田はこの数千倍規模だから。サパで棚田トレッキングをしている最中に体調が悪化し、フラフラの状態でガイドの兄ちゃんにバイクで送ってもらった、あの悪夢の一日が思い出されます…。思い出されるけど、もう一回リベンジに行きたいなあ。

管理者のみに表示