SABOTENの本場にて

2010年07月08日
 サボテンといえば、2006年2月にメキシコへ行った時、路上でウチワサボテンを売る光景に遭遇しました。

100708-1.jpg
(2006.02.24撮影、以下同じ)

 そこは、メキシコの真ん中あたりに位置するアトリスコという小さい町の市場の外。ドンと積まれた新鮮そうなサボテンの山はまさしく、おお!メキシコ!てな感じ。

100708-2.jpg

 刺が取られた大きい葉だけでなく、ブツ切りにしてビニール袋に詰められたものも。しかし、ニヤっとオジサンに微笑まれても、こんなもの旅行中に買うわけにはいかない。
 このあと、プエブラという大都市に戻ったら、郊外マーケットの外に出ていたトルティーヤの屋台で、サボテンをメインの具にするところがあったので、食べてきました。

100708-3.jpg

 巨大な鍋で、トルティーヤやタマネギとともに、ウチワサボテンの葉を丸ごと焼くという豪快さ。これも、おお!メキシコ!てなもんで。ただ、あちこちの屋台でトルティーヤを食べたけど、他にウチワサボテンを焼いているところは見かけなかった。

100708-4.jpg

 味はというと、シナチクに青臭さを加えた感じで、正直、こんなにたくさん食べれたもんじゃない。タマネギもデカすぎるし、ムリして食べてたらだんだん気持ち悪くなってきた。
 しかもこのあと、一緒に頼んだオレンジジュースを誤って鍋の中にこぼしてしまうという失態まで犯してしまいました。屋台のオバチャンは優しくて「気にしなくていいよ」的に振舞ってくれたけど、すごい気まずい空気が…。
 春日井のサボテン料理は、どうなんですかね。この時の思い出があるから二の足を踏むが、いつか食べてみないといかん。
(まさ)

まるかど紀行メキシコ編→●□
スポンサーサイト
海外 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示