FC2ブログ

開業12日後の野田新町駅

 3月18日に東刈谷-刈谷間に開業した野田新町駅を、遅ればせながら見てきました。ウチから自転車で10分ほどのところです(でも刈谷駅も同じくらいの距離なので、まずこの駅を利用することはない)。
070330_4.jpg

 特にどうということはない、普通の橋上駅です。コンコースからは東刈谷も刈谷も見える!近すぎ!なお、午前10時ごろに到着した電車から降りてきた客は、2人でした。すぐそばにブラザーの工場があるので、朝夕は利用客がそれなりにありそうな気もします。今度ヒマなときに観察に行かねば。
 駅界隈は、旧来の野田集落の周辺に新しい民家があるという、西三河の典型的な新旧住民混在地域。写真に見えるとおり駅の裏手にはマンションが建設中で、今後もいくらかマンションが建設されるとは思うけど、なんとなく、宅地化や土地開発はそんなに進まないような気がします。
 気になったのは「野田新町」という駅名。野田という従来の地名を採用したのはよいのだが、「新町(ニュータウン)」なんて、安直な発想でなんかヤダ。農家の多い野田のイメージに合わん!まあ、同じJR東海には飯田線に野田城駅(新城市)があるので、単純に「野田」とか「三河野田」にするわけにはいかなかったのだろうが…。
 「刈谷市史」を読むと、昭和41年の東刈谷駅開業の際、駅名を刈谷に合併する前の旧村名から「依佐美(よさみ)」駅したいと地元民が強く希望したものの、読みにくいので国鉄に却下された、との記述があります。個人的にこの案を40年ぶりに復活させて、依佐美駅にしてほしかったなあ。他に類のない個性的ないい地名だと思うけど。(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク