元標まがいの道路標石0002

2017年09月10日
 先週の日曜、家族レジャーで琵琶湖の竹生島に初めて行ってみました。

170910-1.jpg

 長浜から出ている琵琶湖汽船の船に乗って行くのですが、岐阜の実家から長浜まではおよそ1時間で、近いもんです。だけど船代が高いイメージがあり(現在は往復3070円)、渡っても寺と神社しかないのでイマイチ食指が動かず、これまで行く機会を逸していました。

170910-2.jpg

 快晴のこの日は観光客でごった返しており、驚いた。こんな人気スポットだったとは…。

170910-3.jpg

 で、上陸してさっそくマニアックなブツに遭遇。丸型ポストと「国指定名勝及史跡」指定標石の間にある小さな標石です。

170910-4.jpg

 何かと思えば「県道竹生島線起点」標石でした。側面に「びわ村大字早崎一六六六番地先」「滋賀県」の刻印もあります。以前、信楽で同じものを見かけましたが(→●□)、滋賀県の定番モノだったとは。う~む、今後滋賀に行くたびに探さなくてはならん…。

170910-5.jpg

 後でネットで検索したらwikipediaの「県道竹生島線」の項目にこの標石の写真が載っており、どうやら道路マニアには有名な物件らしい。それによると、桟橋から拝観券売り場までアーケードに覆われたわずか100mが県道の指定区間だそうな。wikiにまで書いてあると探索意欲が減退するが…。
(まさ)
スポンサーサイト
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |