なつのおやこたんけんたい

2017年08月05日
 桑谷キャンプ場の取材兼レジャーでは、桑谷山のほかにもうひとつオプショナルレジャーを入れたいという女性取材記者の企画により、近くにある三丈ヶ滝にも行ってみましした。ここにあります。



 この滝のことは先のブログ(→●□)で触れているほか、同じく「岡崎ルネサンス<“〇にナる”岡崎まちものがたり」に8/1にアップされた女性取材記者の担当記事「岩槻信治と岡崎の盆踊り唄」(→●□)にも書かれています。この滝は地元でも長く忘れ去られていたのですが、昭和6年に矢作出身の岩槻三江が作った「龍ヶ谷音頭」の歌詞に出てくる三丈ヶ滝は今どうなっているのか?と「岡崎まちものがたり」の龍谷学区の編集委員の皆さんが探しに行き、“再発見”したものです。
 桑谷キャンプ場から歩くと30分以上かかりそうなので、車でぴゃーっと滝の入口へ。林道沿いに立つ導入カンバンが目印です。

170804-1.jpg

 おーっと、いきなり川口浩探検隊の様相だ!この奥に本当に滝なんてあるのか?それ以前に、こんなところに突入して大丈夫なのか?

170804-2.jpg

 と思ったら草ボウボウなのは最初だけで、やがてチョロチョロ流れる沢に沿っていちおう道らしいものが現れました。進むほどに勾配が急になり道も悪くなりますが、かまわずどんどん歩くこと10数分、突如、眼前に滝が姿を現した!

170804-3.jpg

 シブい、シブすぎる!

170804-7.jpg

 剝き出しになった垂直の岩盤の上を一筋の水がチョロチョロと流れ落ちています。実に味わい深い。雨が降った後はもう少し水量も多いかもしれませんが…。

170804-5.jpg

 滝の上に頑張って登ってみるとけっこう迫力があって驚き。探検気分で高揚しているためか、6歳児もビビリを克服だ!

170804-6.jpg

 ただし、滝への登り道はこのようにかなりワイルドですので、子連れで行こうという酔狂な方はほどほどのところで…。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |