新幹線見物名所0004

2017年08月01日
 もう二ヶ月もたってしまいましたが、6月アタマに取材&家族レジャーで、岡崎市南東部にある桑谷(くわがい)キャンプ場にて二泊三日のキャンプをしてきました。何の取材かというと、岡崎市のシティプロモーションサイト「岡崎ルネサンス」内のコンテンツ「“〇にナる”岡崎まちものがたり」といブログ用の記事です。
 「岡崎まちものがたり」というのは、2015~16年度にかけて岡崎市制100周年記念として作成された全学区の紹介冊子集でして、これに編集・進行管理スタッフとして携わったメンバー(ウチら夫婦もその一員)が取材執筆するスピンオフが「〇にナる」です。
 ブログの立ち上げが夏休み目前の7月1日で、竜谷学区の担当だった女性取材記者(まり)が学区内にある桑谷キャンプ場レポを企画・執筆した次第。その記事はこちら→●□

170801-1.jpg

 で、「桑谷キャンプ場滞在者におすすめするレクリエーション」を記事に盛り込みたいという女性取材記者の意向により、キャンプ場の背後にそびえる桑谷山に登るハメになりました。桑谷山は三河湾スカイラインを使えば割と簡単に頂上に達することができ、登山には特に興味のない私には車で行けるところをわざわざ歩いて登る意味がよくわからないのですが、取材とあっては仕方ない…。ちなみに女性取材記者はもとワンゲル。

170801-2.jpg

 息絶え絶え、汗ダラダラで1時間かけて山頂に到達すると、そこには昭和な風情の簡素な展望台が。

170801-3.jpg

 展望台からは蒲郡方面の絶景が!この桑谷山は岡崎と蒲郡の市境にあり、桑谷は岡崎側の山麓にある集落なのですが、残念なことに岡崎側はまったく見えません。

170801-4.jpg

 でもって遥か下の方には、蒲郡市街を疾走する新幹線が見えるのでした。この時の記事(→●□)の場所より、もっと上の方から見る形になります。我が家は新幹線の近くにあるためビュンビュンすっ飛ばしていく様は見飽きており(→●□)、高い所から見る新幹線はなんというか、下界の民のためのセカセカした乗り物という感じに見えていいものですネ!

170801-5.jpg

 キャンプを打ち上げた翌日の午後遅く、桑谷山の西に連なる遠望峰山にある「天の丸」の風呂に入りに行きまして、その駐車場からの眺めもよかった。写真は幸田町の中央部を見下ろしたもので、水が張られた水田がちょうど、明治初期まであった菱池(→●□)のようになっています。

 「〇にナる”岡崎まちものがたり」で僕が書いた記事はこちら→●□
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |