On zou-shi

2017年03月14日
 春夏秋冬叢書「そう」54号が発売されております。今号のキーワードは「子」。私は例によって「地名探訪」「三遠南信産××育」、あと子供の祭りということで遠山郷上町の御祝棒(→●□)を、女性取材記者(まり)は岡崎市立竜美丘小学校の子供相撲をやっております。
 さて地名探訪。今回は豊川市の蔵子(ぞうし)を取り上げてみました。どこかというと、ここです。



 豊川市街地の外縁部に位置する、ごくありふれた住宅地です。一般的な蔵子のイメージはこんな感じではないでしょうか。

170313-4.jpg

 蔵子二丁目の、国道1号桜町交差点から姫街道の諏訪橋西交差点に通じる県道とか。

170313-3.jpg

 あるいは蔵子三丁目の、整然とした街路とか。なんというか、実に豊川っぽい感じ。
 一見、これと言った特徴もないような町に思えるのですが、調べてみると意外に面白い歴史がありました。蔵子は戦国時代に林次郎兵衛家次という人が開いたのですが、西に2kmほど離れた白鳥(国府駅東の高台にある集落)の「子供」の村として扱われ、長いあいだ不遇をかこってきた…というのです。詳しくは本書をご覧ください。
 蔵子には一から七丁目まであり、そのうち一・二丁目が古くからの村、三~七丁目が高度成長期に区画整理された地域になります。上の写真の場所はいまひとつパッとしませんが、地図で狭い道がグチャグチャっとなっているあたり、一・二丁目の中心部に入り込むと、古い村らしく神社や寺や農協があったりしてなかなか味わい深い風景が見られます。

170313-6.jpg

 宗心寺である。

170313-5.jpg

 JAひまわり蔵子支店横の古い農業倉庫である。

170313-7.jpg

 果樹園である。
 うーん、この町の味わい深さは僕の写真ではなかなか伝わらないのであった。
(まさ)

170313-1.jpg
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |