関ヶ原石モノ二題

2016年07月31日
 その関ヶ原取材では古戦場をひとまわり。地元の近所の超メジャー史跡なのに、振り返ってみると今まで決戦地ぐらいしか見た記憶がなく、なかなか新鮮であった。

160729-1.jpg

 ポイントのひとつ、島津義弘陣跡。いやー、新鮮…。

160729-2.jpg

 陣跡の一角にはこのように、妙な配置で板が並んでいました。見ると名前がびっしり。合戦の戦死者慰霊碑!?いくらなんでもそんなリストはないか。
 もしくは史跡整備の出資者一覧の類かと思ったらそうでもなく、「『関ヶ原戦跡踏破隊』の名碑とのこと。
 史跡解説板に取り付けられた案内によると、鹿児島県日置市(旧伊集院町)の小学生で組織する関ヶ原戦跡踏破隊が、毎年夏休みに関ヶ原から大阪まで島津隊の退路を歩いて辿るという行事を昭和35年からやっており、その参加者の名が刻まれているとのこと。なんというそそる企画!自分が伊集院の子供だったら参加してそうだ。
 
 あと、史跡をめぐっていたら3タイプの石碑が存在することに気が付いた。

160729-3.jpg

 いちばん古いのは、明治39年建立の史跡碑。地名(場所名)+史跡名を記した小ぶりなもので、町教委もこの石柱そのものの文化財価値を見出しているのか、このように柵で囲ってあります。

160729-4.jpg

 側面には建立者の「不破郡關原村」の文字が。昔は「ケ」を入れなかったらしい。

160729-6.jpg

 次いで「史跡關ヶ原古戦場」と記された大型石柱。昭和6年に国の史跡に指定されており、それを受けて建立されたもののようです。設置年は昭和12年と13年があり、今回確認したのは岡山烽火場、徳川家康最後陣地、石田三成陣地、決戦地、開戦地、大谷義継墓所の六か所。

160729-5.jpg

 そしてもうひとつ、昭和13年に関ヶ原町が建立した道標。
 次に史跡めぐりをする時は、これら石柱のコンプリートに挑みたいと思います(何のために?)
(まさ)
スポンサーサイト
岐阜中部・西濃雑 | Comments(0) | Trackback(0)

カンバンの手帖ブログ版0337

2016年07月27日
 先日、取材で久しぶりに関ヶ原駅前に立ち寄り、手描き地図の健在を確認。

160727-4.jpg

 昔はけっこうどこででも見られたものですが(西濃で僕が覚えている限りでは、本揖斐駅前と久瀬村の津汲橋北詰にあった)、もはや現役はかなり貴重品では。文字だけ新しく上書きされているのが惜しいけど、残っているだけでもよしとしたい。

160727-5.jpg

 関ヶ原インター料金所の表現がなかなか味わい深いのである。

160727-3.jpg

 そして新幹線のデザインはクールある。このほか、新垂井線を走る電車もなかなかモダニズムな感じ(?)なので、マニア諸兄はぜひ現場に行かれたらチェックしてください。

160727-1.jpg

 駅近くの松平忠吉・井伊直政陣跡にも手描きイラスト入りのカンバンがありました。古戦場のポイントはだいたい回ったけど、昔の絵が残っているのはなぜかここだけ。

160727-2.jpg

 おもちゃのマーチ的な兵たちが戦場の血なまぐささを打ち消しているのであった。
(まさ)
岐阜中部・西濃雑 | Comments(0) | Trackback(0)

新三大・豊橋の昭和なビル

2016年07月26日
 ほの国百貨店と名豊ビル前の昭和な地下道を出したので、ついでにそれらの建物もアップしておきます。年号等の出典は豊橋百科事典(豊橋市・2006年)。

160722-5.jpg

 名豊ビルである。昭和43年建設。名古屋の「名鉄バスターミナルビル」(名鉄名古屋駅上の、グランドホテルとかメルサが入ってるやつ)と同じデザイン。
 このビルの思い出と言えば、むかしこの中にデカいパフェを出す店があって、大学時代にサークルの連中と食べに行った覚えがあります。もしかしたら右隣りの開発ビルだったかもしれません。

160722-6.jpg

 現ほの国百貨店、旧豊橋丸栄ビルである。昭和49年建設。外壁がクール!
 このビルの思い出と言えば、大学の体育の授業で水泳があるというので友人と水着を買いに来た覚えがあります。スポーツ用品店もあったろうに、我ながらなんでまたこんなところで買おうと思ったのか謎。

160722-8.jpg

 そして標題のように「豊橋三大昭和ビル」ということで、水上ビル(正式名称は「大豊水上ビル」らしい)である。昭和40年建設。ここは媒体にちょくちょく出たり、最近は「雨の日商店街」というイベントもやってるし、今やもうすっかりメジャー物件ですね。思い出は…特にない。

160722-7.jpg

 あと、先の駅前大通りの地下道は昭和44年に開通したようです(地下駐車場の開業がその年なので多分同時に)。当時のものかどうか不明ですが、地下道にはこんなポップな陶壁も。
(まさ)
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)

カンバンの手帖ブログ版0336

2016年07月22日
 少し前、豊橋のほの国百貨店で催されたとあるイベントを見に行きまして、その際、今まで駐車した記憶がない駅前大通の地下駐車場に車を停めました。そしたら、駐車場に直結するほの国-名豊ビル間の地下道がなかなか味わい深くて驚いた。

160722-4.jpg

 これのどこか味わい深いのかと聞かれると返答に窮しますが、天井の低さ、照明の暗さ、そしてタイルが見事に相まって得も言われぬ風情を…。むかし、豊橋駅の表側と西駅を結ぶ長い地下通路がこんな感じだったなあ。昭和の地下通路なんてどこもこんな感じだと言われればその通りだけど。
 で、この通路に掲示されている名豊ビルの電光カンバンがこちら。クリックで拡大してお楽しみください(なお、4月半ばくらいにアップした写真からはクリックすると拡大するようになっております)。

160722-3.jpg

 このデザイン、このコピー、90年代から取り替えていないのか!?ヘタすりゃ80年代ものかも。

160722-1.jpg

 あと、駐車場入口の第三銀行の電光カンバンの上に掲示されている写真もなかなか。阿波踊りなのですが、提灯に豊橋市章があしらわれています。いったいなんのイベントの写真?

160722-2.jpg

 そして地階への誘導標示は電球がピカピカ!昭和のラブホか名古屋のキャバレー花園のカンバンのようであった。
(まさ)

◎マルカドブックス
4冊更新しました。
0249ダブリナーズ(ジェイムズ・ジョイス)→●□
0250日本建築入門(五十嵐太郎)→●□
0251未来国家ブータン(高野秀行)→●□
0252神紋総覧(丹羽基二)→●□
東三河雑 | Comments(4) | Trackback(0)

カンバンの手帖ブログ版0335

2016年07月19日
 今月は年に一度ぐらいある「東濃強化月間」の様相でして、苗木城とは別の取材でも恵那、中津川方面に行っております。
 で、そのとき来るのが早すぎたので、時間潰しにおよそ七年ぶりに美乃坂本駅へ。中津川のひとつ名古屋寄りの駅で、旧国名の冠がなぜか美濃ではなく「美乃」になっていることで有名な駅です。

160719-1.jpg

 ここは昔の駅舎が健在。

160719-2.jpg

 ついでに昔の便所も健在で、見事なタイル張りでありました。例によって「常滑産か?」と思ったけれど、よく考えたら東濃には笠原というタイル産地がある。ぜひ専門家に鑑定してほしい。
 で、その美乃坂本駅前には、駅舎や便所との雰囲気とは真逆の近未来カンバンが。

160719-3.jpg

 リニアが農協の壁を飾るとは、またなんとも岐阜県ぽくていい…。

160719-4.jpg

 オマケ。美乃坂本駅から南西へ約1.5kmほど行くと旧中山道が通じており、茄子川の「茶屋本陣跡」の角で分岐する道の脇に秋葉山常夜燈がありました。安永5年の建立で道標を兼ねており、火袋の下の竿部分に「是よりあきはさん道」とあります。三遠南信でおなじみの秋葉街道に東濃で遭遇するとは。
 しかし、東濃の人に春野の秋葉山と言ってもあまりピンとこないんじゃなかろうか。圏域を越えてウロチョロしている三遠フリークのわたくし向けのネタか。ちょっと探ってみたいところ。
(まさ)
中濃・東濃雑 | Comments(0) | Trackback(0)

カンバンの手帖ブログ版0334

2016年07月18日
 JR東海の「市」クラスの駅で旅気分が盛り上がる駅前ナンバーワン、の中津川駅を駅前通りから見るとこんな感じ。

160718-1.jpg

 坂、地味駅舎、美しい山並み。いやー、こっちから見てもアガりますなぁ~。僕だけでしょうか。
 中津川駅じたいも、JR東海の「市」クラスの駅では珍しく旅情があります。その最大のポイントは昔ながらの独立した待合室。

160718-2.jpg

 やはり主要駅にはこういうスペースが必要ではなかろうか。

160718-3.jpg

 入口のサインがまた国鉄の匂いがしていいのである。

160718-4.jpg

 中に入ると「根の上そば」と喫茶店がコーヒースタンドが健在。こういう駅内喫茶を見ると、地元の本揖斐駅内にあった喫茶店を思い出します。
 時間があれば入りたいところですが、うーむ、仕事が…。シブイ駅内店だけをめぐる取材とかやらせてもらいたい…と思ったけど、よく考えてみると愛三岐にはもはやネタがほとんどない気も。

160718-5.jpg

 そしてコーヒースタンドのカンバン。シブい、シブすぎる!
(まさ)
中濃・東濃雑 | Comments(2) | Trackback(0)

赤茶色の町

2016年07月17日
 苗木城のあと、久々に中津川市街を徘徊。

160717-1.jpg

 中津川駅前に降り立つと、電線地中化が実施された広い駅前通りがどーんと突き抜け、その奥に恵那山がどーんと構えています。この駅前の旅情は僕が思うに東海地方随一(この写真では伝わらないけど)。高山駅がこんなんなってしもうた今(→●□)、JR東海の「市」クラスの駅で旅気分が盛り上がる駅前ナンバーワンではないでしょうか。
 かたや駅前通りの西側に目をやると、ちょっと異形な風景で驚いた。

160717-2.jpg

 道の両側にレンガ風タイルの共同ビルが伸びているのである!炎天下だったからこのヘビーな色はとりわけ重い印象を与え、さわやかな山岳都市(オオゲサ)の景観にそぐわない気がしなくもないけれど、ビル自体は程よく年季が入っており、単体で見るとなかなか味わい深い。
 この日があまりに暑くて誰かに話を聞く気になれなかったのと、あと市街地で飲食店取材が一軒あったので時間のゆとりもなく、これらのビルについては特に何も調べていませんが、「再開発ビル」3棟と「栄屋ビル」「青山ビル」の五つのビルが統一デザインを採用したようです。あと、背後には市営立体駐車場がくっついています。

160717-3.jpg

 ここらへんは、レンガ風建築にさほど違和感のない店ですが。

160717-4.jpg

 しかし、このような和系の店舗も何軒か入っており、なかなかシュールであった。

◎マルカドブックス
三冊更新しました。
0246鈴渓読本→●□
0247相撲部屋ちゃんこ百景→●□
0248メディアの怪人 徳間康快→●□
中濃・東濃雑 | Comments(2) | Trackback(0)

道路元標の迷宮0008

2016年07月16日
 今週アタマ、とある取材で中津川市の苗木城へ。クソ暑いなか山の上の城跡を汗ダラダラで散策したあと、最寄バス停から城へのアクセスを確認しておこうと山の下にある「苗木本町」へ行ってみたところ、久々に新規の道路元標を発見!

160716-1.jpg

 苗木町道路元標です。いくつかの道路元標収集サイトにもアップされていなかったので「新発見」ということになる…かな?どこかのサイトで既出だったらスイマセン。
 岐阜県は残存する道路元標の数がなぜか非常に少なく、これまで東濃の坂下町、駄知町、池田村の3基しか存在が知られていませんでした。しかしこのような新発見があると、まだまだ埋もれているものがある気もしてくる。これからはもっと注意して回らねば…。

160716-2.jpg

 その苗木の町並みは観光要素ゼロ、城下町としては極めて地味で、城マニアからも街道系マニアからも見すごされそうな感じです。それゆえ道路元標の「発見」が「遅れた」というところでしょうか。しかし、城へ至る道沿いに古い蔵がいくつか残り、桝形も見られてなかなか雰囲気がいい。

160716-3.jpg

 オマケ、何年か前まで有料道路だった城山大橋から見る苗木城。左の山の上に、天然の巨石と人工的な石積によるハイブリッド石垣があって、かなり面白かった。もちろん城跡からの眺望も絶佳。
(まさ)

-------------------------------
◎道路元標の迷宮シリーズ
0001南設楽郡山吉田村→●□
0002北設楽郡下川村→●□
0003浜名郡中ノ町村→●□
0004西加茂郡保見村→●□
0005南設楽郡東郷村→●□
0006知多郡西浦町→●□
0008東加茂郡松平村→●□
中濃・東濃雑 | Comments(0) | Trackback(0)

陶京タイルパラダイス

2016年07月15日
 その東京メトロ青山一丁目駅の地上に出ると、こんなアパートが聳え立っており思わずのけぞった。

160711-1.jpg

 都営南青山一丁目アパートだ!見事な昭和建築。こういう形状の公営高層住宅は名古屋にもありますが、側面のあしらいにマニア悶絶。

160711-2.jpg

 建物名もすべてモザイクタイルで書かれているのである!いやーさすが東京、見事というほかない(見事さと東京は関係ないか)。壁の茶色系のタイルもひじょうに美しく、緻密に色あいを計算して配したかのようです。よく見ると、実は何かの絵が浮かび上がってくる…とか?

160711-3.jpg

 今回の東京行きは経費の都合上、新宿行きの夜行バスで行きまして、早朝新宿駅前に下り立ったものの暇なので、7年ぶりくらいに寄席の新宿末廣亭にも行ってみました。昭和21年築の、日本を代表する演芸場・劇場建築です。
 純和風の木造建築というイメージだったのだけれど、改めて観察してみると壁一面にタイルが貼ってあり驚いた。落語の本はいろいろ読んでいるつもりですが、末廣亭の外壁について言及した文章は知りません。

160711-4.jpg

 シブい、シブすぎる!こうなると中もじっくり観察したいところですが、今回は落語を聴いている時間のゆとりはないのでまたの機会に。そしてこのタイルが常滑製かどうかぜひとも知りたい。
(まさ)
東京雑 | Comments(0) | Trackback(0)

陶京アンダーグラウンド

2016年07月14日
 その陶壁の取材で陶房杉へ伺った際、東京の地下鉄にも作品があるという話を聞いたので、先月東京へ行ったついでにそのひとつを見に行ってみました。場所は東京メトロ、青山一丁目駅。
 名古屋の地下鉄だったら陶壁はだいたいコンコースか通路に設置されているのですが、さすが東京、発見したのはホームでした。

160710-1.jpg

 異様にホームが狭くて天井が低くて味わい深い柱が並ぶ空間に、その作品が!

160710-2.jpg

 しかも四つも!それぞれに「三色すみれ(春)」「ひまわり(夏)」「きく(秋)」「つばき(冬)」のタイトルが付いています。陶房杉でいただいた資料によると、昭和53年7月に施工した「四季の花」という作品。

160710-3.jpg

 間近で見るとこのように鉛筆状の陶ブロックを組み合わせて絵を浮き上がらせています。常滑西小の陶壁と同じ要領。
 惜しいのは積年の埃が積み重なって汚れていること。名古屋の有名ライター氏が浅野祥雲のコンクリート像修復事業をやっておられますが、それに倣って汚れを磨き落とすボランティアでもしたいところです。

160710-5.jpg

 あと、狭い階段の壁のタイルもなかなか迫力があった。これが常滑産だったら凄いことだが…。
(まさ)
東京雑 | Comments(0) | Trackback(0)

職人技 on the 壁0008

2016年07月10日
 もうひとつ常滑焼のエポックメーキングな作品に、常滑西小学校の体育館の陶壁があります。

160709-1.jpg

 「月の椅子」制作参加者らが万博後に結成した「常滑造形集団」による作品です。陶磁器会館前から南下する道路沿いにあります。なぜかタイトルはなく、やきもの散歩道のコース外なので一般にどれほど知られているか不明ですが、そこそこ交通量の多い道沿いにありけっこう目立ちます。
 いつもは車で走りながら横目で見ていくだけですが、先日、間近でじっくり見物してみました。

160709-2.jpg

 要は新聞写真のアミ点の要領で作られているのですが、単純にタイルを並べただけでなく、富士山型の陶製ブロックを巧みに塗り分けて配してあります。考えるだに面倒そうな制作手法!
 それにしても、間近で見るとなんか気持ちがいい。自分の手を巨大化させて表面を撫でさすってみたくなります。なりません?

160709-3.jpg

 常滑造形集団のリーダーの一人は陶芸作家で杉江淳平という方で、この作品以降、自身の工房「陶房杉」で全国の公共施設や企業等のための陶壁作品を数多く制作します。
 これは常滑の登り窯広場にある陶房杉の作品。常西小陶壁で用いた手法の応用で、四角錐の左右を塗り分け、右から見たときと左から見たときで異なる絵柄が現れるという趣向です。

160709-4.jpg

 触ってみると、愛知でいうところのトキントキン、岐阜でいうところのチョンチョンの先端が痛気持ちいい。公園にある健康器具のようにこの上を裸足で歩いたら、きっと針山地獄…。
(まさ)
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)

競艇と常滑焼

2016年07月04日
 その常滑市の万博出品作品「月の椅子」の取材で、もと市職員の方から面白い話を聞きました。

160704-2.jpg

 常滑市役所ロビーにデンと鎮座している巨大な皿、いったいなんなのか前から気になっていたのだが、これは笹川良一の依頼で製作された大皿の一つというのである!笹川良一といえば言わずと知れた競艇のドン。ええッ、まじっすか!?いや、これは本当に驚いた。
 製作は「月の椅子」に関わった若手作家の有志。大きすぎて窯が壊れるなど苦心して二枚を焼き上げ、一枚は日本船舶振興会(現・日本財団)に納品されたという。完成品は資料館に一時保管され、それを見に来た笹川さんは皿に寝転がってみせたそうだ。意外にオチャメな一面もあるのだな…。

160704-3.jpg

 競艇といえば、常滑競艇場には陶製の巨大招き猫もデデンと鎮座しています。こちらは89年のデザイン博に出品されたもの。こののち常滑競艇のキャラ「トコタン」が生まれ、さらに招き猫が地域振興の素材になるわけで、月の椅子ともに常滑焼にとってのエポックメーキングな作品ということになります。…なるかな?
 巨大招き猫の下に見えているのは、ゴーカートのコース。

160704-4.jpg

 子供がゴーカート&サンリンシャで遊んでいる間、親は舟券検討および購入に勤しんでいただくという趣向である。残念ながら今はゴーカートはやっていません。

160704-5.jpg

 が、小公園は生きております。いやー、子連れで打ちに来るには便利な施設だ(実感)。近隣の競輪場に遊具のある小公園を備えているところはないので。

160704-1.jpg

 使わなくなったボートも置かれております。このとき3歳児だったウチの子は教えてもいないのにモンキーターンをキメて、天賦の才を見せつけてくれたのでした。何の話だ。
(まさ)
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)

昭和の名品、からの平成の非名品

2016年07月03日
 4月くらいから自主企画も含めてやたらと常滑での取材が多くなり、平均週2ペースで常滑に行っております。先日は知多半島南部限定のローカル媒体で、常滑のあちこちで見られる謎の陶製品について取り上げました。

160703-1.jpg

 それは「月の椅子」と呼ばれ、常滑の若手作家たちが共同制作して大阪万博に出品した、知る人ぞ知る作品群です。どこが椅子なんだ?と言わずにはいられない不思議な形のオブジェですが、実際に万博会場では椅子として利用され、本誌には「月の椅子に座ってくつろぐ来場者」の写真も掲載しています。
 閉幕後は市に返却され、現在は市内の公共施設などに分散して置かれています。僕が確認した限りでは、陶の森資料館、陶芸研究所、市民文化会館、図書館、窯のある広場、常石神社、みたけ公園、中央商店街のポケットパーク、奥条4丁目のポケットパーク、みたけ公園の10ヶ所。

160703-2.jpg

 常滑焼にとってはエポックメーキングな作品だと思うのですが、一枚目の写真の「陶の森資料館」の庭と中央商店街ポケットパークに銘板が置いてあるだけ。いいネタなのに惜しいなァ、と思って、今回特集を組んだ次第。詳しく知りたい方ははリンクを見ていただくか、常滑駅等の観光案内施設、市役所ロビー等で入手してください。
 で、取材させてもらったもと市職員の方から「商店街の中の川べりのポケットパークにあるよ」と聞き、行ってみることに。

160703-3.jpg

 左右の端に見えるのがそれ(写っていないけどあと2点ある)。知多四国64番宝全寺のすぐそばで、何度も前を通っているのにちっとも気が付かなかった。おまけに「月の椅子」についての案内板まで立っているではないか。う~ん、取材者としてまだまだチェックが甘い…。
 感心しながら眺めていると、目の前にある駄菓子屋のおばちゃんが出てきて、さらに追加情報をもらたしてくれました。曰く「そこの木の切り株みたいな椅子は、国体の会場から持ってきたものだよ」。愛知の国体といえば平成6年のわかしゃち国体。ええッ、まじっすか!?
 
160703-5.jpg

 …とその場では驚いたものの、よく考えてみるとどうでもいい情報ではあった。
 この話を聞いた直後、常滑駅の高架下でわかしゃち国体の遺物を発見。たぶんフラワーポットと思いますが、底部を除いて脱色したように真っ白なのはなぜ?同じものが常滑市体育館にもあり、こちらでは傘立てとして使われているようでした。
(まさ)

160703-4.jpg
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)

秘境的埋立地

2016年07月01日
 少し前になりますが知多市古見あたりでの取材の折、名古屋臨海鉄道知多駅の付近を通ったので、線路をじっくり眺めてみました。

160628-1.jpg

 場所は名鉄古見駅すぐ西の踏切。見事にジャングル化しています。
 名古屋臨海鉄道は東海市にある名古屋南貨物駅までは貨物列車がガンガン運行されていますが(2年前の取材時では10往復だった)、その先の知多駅までは休止扱いになっています。しかしご覧のとおり、休止といっても事実上の廃線状態。
 そして、この密林に消える線路の傍らに、密林の中の遺跡のような公園も発見。

160628-2.jpg

 怖い、怖すぎる!

160628-3.jpg

 何らかの儀式が行われた場所、といってもおかしくない風情である。いつ、誰が、何のために造成したんだ!という疑問は調べればすぐに答えはわかりそうですが(おそらく名古屋港管理組合管轄の「北浜緑地」の一部)、判明したところで特にどうということはないでしょう…。

160628-4.jpg

 オマケ。臨海鉄道踏切から300mほど東の古見市街地&HINOMI。
(まさ)
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |