カンバンの手帖ブログ版0237

2013年02月28日
 間が空いてしまいましたが、岡山ばなし。
 先の突発的ドライブの午前中は、1991年に廃止になった同和鉱業片上鉄道の廃線跡をたどっておりました。片上(備前市)~和気(山陽本線に接続)~柵原を結ぶ33キロの路線で、柵原で産出される硫化鉄鉱を運ぶために敷設された鉄道です。終点ひとつ手前の旧吉ヶ原駅で列車の動態保存をやっていることで、マニアは有名。
 事前に何も調べず思いつきで回ったところ、なかなかレベルの高い廃線跡で驚いた。

130227-7.jpg

 廃線跡はかなりの区間でサイクリングロード化されています。にも関わらず駅舎やホーム、キロポスト、信号、敷地の境界票などがけっこう残されている。ふつう、サイクリングロード化されるとこまごました施設は取っ払われることが多いと思いますが、ここは保存が実にうまい。マニアのツボを押さえています。
 写真のように、自転車乗りも何組か見ました。レンタサイクルではなく自前のレーサーで廃線跡サイクリングロードを走る人に遭遇したのは初めてだ。

130227-4.jpg

 天瀬駅跡。シブい、シブすぎる!苦木駅跡にも同じ形の駅舎が保存されていた。

130227-6.jpg

 吉ヶ原駅跡。現役の鉄道にしか見えないぞ!

130227-10.jpg

 旧吉ヶ原駅の駅舎内には津山のメガネ屋のカンバンもそのまま掲げられており、

130227-9.jpg

 ホームには広告入りの木製ベンチも残されておりました(和気の店の広告なので、和気駅から持ってきたのかもしれないけど)。いや恐れ入った。
 先の記事で津山線を「たぶんこの先も乗ることはないんじゃないか」と書きましたが、こちらにはもし1歳児が不本意ながら鉄道マニアに育った暁にもう一回、保存車両の運転日に来るかもしれません(来ないかもしれません)。
 あと、昭和レトロ好きの方は、旧吉ヶ原駅に隣接する「柵原鉱山資料館」に鉱山全盛期のころの町並みが再現されているので、そちらも覗かれることをオススメします。
(まさ)
スポンサーサイト
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)

カンバンの手帖ブログ版0236

2013年02月23日
 登録文化財の建部駅、駅舎もすごいけど玄関に掲げられた表札もすごい。名品なのかヘタウマなのか、素人には判別がつきません。

130222-2.jpg

 大臣や知事などお偉いさんが書いたトンネルや橋の銘板に、こういう感じの文字がたまにありますな。
 しかしこれ、部首の「しんにょう」と「えんにょう」がごっちゃになっているのでは?それとも古字はこういう形だったのか?
 でもって駅舎内に入ると、衝撃の貼り紙が!

130222-1.jpg

 途上国の鉄道じゃないんだから…。
(まさ)
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)

タウンサインの研究0040

2013年02月22日
 先日、郵人いや友人のO君と突発的に岡山へ行きまして、さしたる目的もなく片上鉄道の廃線跡や津山線沿線を回ってきました。なぜ岡山かというと、中国地方の気分だったのである。なんだかよくわからないけど、疲れたり荒んだりしているときって中国地方の気分になりませんか?なりませんね。
 彼とどこかへ行くときは、たいてボロ駅舎を求めてウロチョロします。今回の津山線は、政令指定都市・岡山と美作の中心都市・津山を結ぶ中堅ローカル線。津山は何度か行っていますが、津山線自体には一度も乗ったことがないし、たぶんこの先も乗ることはないんじゃないか。
 今の気分にフィットする、いかにも中国地方な感じのダラーっとした風景のなかを走る路線で、ところどどころにそこそこいい駅舎が残っておりました。

130220-5.jpg

 登録文化財になっている建部駅。シブい。

130220-4.jpg

 原型を残しつつ改修されている誕生寺駅。シブい。

130220-6.jpg

 亀になっている亀甲(かめのこう)駅。シブい…じゃなくて、すごいねどうも。そのまんまじゃん。駅舎内には町民が寄贈したと思われるカメの玩具がたくさん展示されておりました。カメマニアは一度は行ってみてもいいんではないでしょうか。
 亀甲は、合併前は中央町の、現在は美咲町の役場所在地で、亀による町おこしが行われている…かどうかまでは突っ込んで調べてこなかった。

130220-2.jpg

 そしてカッパが出迎えてくれる弓削駅。亀に対抗してメルヘンで攻めてみたのか。
 駅舎内に掲示してある町の案内板によると、弓削駅のある久米南町は「川柳とエンゼルの町」だそうで、川柳は戦後間もないころから盛んだったらしい。
 エンゼルは「弓削の弓から連想される愛の神、結婚の神キューピット、さらにキューピットからエンゼルを発想し、天使に例えられる子どもが一人でも多く生まれ育つように、との願いが込められています」って発想が飛躍しすぎ!でもってこのカッパ、よく見ると天使とのハイブリッドか!
 人口減に悩む自治体が町おこし事業で迷走したというところでしょうか。まあ、かわいいけどね。
(まさ)
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)

海辺の1歳児

2013年02月19日
 御津の日本列島のあと諸般の事情で田原に移動しまして、久しぶりに馬草海岸(田原市野田町の海沿い地区)に行ってみました。

130219-2.jpg

 アカマルみそ(→●□)の積み出し港として、一時はけっこう栄えた港です。東三河フリークとして息子に見せたかった…というわけではなく、ただのヒマつぶし。ここは幹線道路から外れた穴場で、休憩かサボリと思しき営業車が2台ほどいた。

130219-1.jpg

 潮風に吹かれ、砂を掘り、落ちていた軟球を放り投げ、渥美半島の三河湾を満喫した1歳児であった。
 え~、今日は特に話題はありません。
(まさ)
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)

まばゆいくらいにエキゾチカ

2013年02月17日
 1歳児とさまよう公園シリーズ。
 木曜日、取材半分遊び半分で豊橋方面に行った際、旧御津町の埋立地にある公園「日本列島」に寄ってみました。地元では割と有名なので存在は知っていましたが、しょうもないであろうことは想像がつくので、今まで一度も行こうと思わなかったところです。
 音羽川河口沖の埋立地は、造成されてから何年もたつのにいまだに工場用地がかなり残っており、豊川市では企業の皆様の進出をお待ちしておりますといったところ。僕もこの埋立地に足を踏み入れるのは7年ぶりか。

130217-1.jpg

 そんなわけでやって来ました日本列島。おお、いきなり珍スポットの香りが!園内は日本列島を模した築山群で成り立っており、これはどうやら関門橋を模したゲートらしい。そしてその向こうに見える歩道は瀬戸内海…か?
 しかし、こういう自由に走り回れる公園は1歳児の大好物。喜々としてゲートをくぐった!

130217-2.jpg

 石鎚山を颯爽と駆け下りる若き日の空海こと1歳児。

130217-3.jpg

 長良川を威勢よく遡上する若鮎こと1歳児。

130217-4.jpg

 そして富士山麓を進軍する自衛隊の重戦車こと1歳児。富士山?古墳じゃなくて!?
 この富士山こそ日本列島の最大の見どころであるはずなのに、どうやら噴火・落石の恐れがあるらしく登攀禁止になっていた。意味ねえ!
 けっこう広くて富士山あたりまででだいぶ遊んだので、東日本の旅はまたの機会に。次来ることがあるのかね。

130217-5.jpg

 公園付近からは音羽川河口と新幹線というマニアックな取り合わせの写真が撮れますので、マニアの方もまあ楽しめるのではないかと思います。
 ちなみにここはシラスウナギの漁獲地で、8年くらい前に取材したことがあります。この時期の早朝にはシラスウナギ漁の漁船が群がるのだが、不漁続きと報道される近年はどうなっているだろうか…。
(まさ)
東三河雑 | Comments(2) | Trackback(0)

碧海台地を1/2望

2013年02月16日
 東海市の大池公園に行った数日後、そういえば地元の大公園にまだ行ったことがなかったことに気が付き、刈谷の「フローラルガーデンよさみ」に行ってみました。依佐美送信所の跡地に整備された公園で、オープン直後にメインの建物と送信所記念館(→●□)はのぞいたけれど、遊ぶのは初めてです。その日は春のようにあたたかく、けっこうな数の子連れママや中高年が来園しておりました。
 さすが土地がわんさか余ってて金をどっさり持ってる刈谷市、敷地面積はやたらと広くて施設も充実。なかなか遊びでがあります。ポイントは、子供が楽しいかどうかというより、大人もあまり退屈しないですむということ。
 そんなFGYの遊具エリアの、メイン遊具がこちら。

130216-1.jpg

 こりゃまた難易度が高そうな…。手前にジェットコースターみたいな網のチューブが見えますが、なんだこりゃ、洞窟探検の練習コースか。透けてても閉所恐怖症になりそうで怖いぞ!この日、このチューブをくぐっている子供はいなかった。
 とりあえず、真ん中に見える「こえだちゃんの木のおうち」的なツリー状の物体に、幹の中の階段を使って1歳児とともに登ってみました。

130216-2.jpg

 頂上のテラス(?)からは碧海台地の微妙な絶景が!なんというか、見晴らしがいいようでイマイチなので、もどかしい。
 どうせ刈谷は金持ってんだから、右に見える依佐美鉄塔の残骸を展望台化すればいいのに。なぜしないかというと、刈谷市内のベストビュースポットを奪われたくないデンソー(本社屋が15階建て)の陰謀に違いない。いや知らんけど。

130216-3.jpg

 園内には冬期運休のミニSL「へっかい台地鉄道(偽名)」の路線もあり、1歳児は喜々としてスタンドバイミーしていた。将来が思いやられます。
(まさ)
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)

アウトオブ絶景本0018

2013年02月15日
 大池公園には遊具広場がふたつあります。ひとつは「動物園」の周囲に設置された新しいもの。もうひととつは、動物園の東側の開園当初からあるもの。

130212-5.jpg

 後者のメインは、コンクリート製の味わい深い滑り台。昨年作った樹林舎の「知多半島の昭和」(→●□)のP139にこの滑り台ができあがったばかりの写真を載せておりますので、興味のある方は図書館にでも行って見てください(誰が興味あるんだ)。
 写真だとどうということもなさそうだけど、けっこうな急傾斜です。間近で見るとほとんど壁。滑り台好きの1歳児でもさすがにこれは無理!そしてこの直後、滑ってきた黄色い服の少年と激突するハメに…。

130215-2.jpg

 滑り台の背後には、これも同じく開園当時からの展望台も健在。展望台というかほぼベランダ、あるいは高架橋の廃線跡のような味わい深さ。

130215-1.jpg

 登ってみたところ、眺められるのは大田大池と東海市役所のみ!いやもう、実に味わい深い。知多半島にはやたらと展望台があるけれど、眺望のシブさはここが一番ではなかろうか。
(まさ)

◎展望台のある知多半島の中堅公園シリーズ
大府市・桃山公園→●□
半田市・雁宿公園→●□
常滑市・大野城址→●□
知多市・大草城址→●□
美浜町・時志観音白山公園→●□
南知多町・羽豆岬→●□
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)

標本の世界

2013年02月14日
 新規開拓精神に富んだわたくしですので(飽きっぽいともいう)、1歳児を遊ばせるべく行ったことのない公園を求めて日々うろつきまわっているのですが、先の土曜日に行った東海市の大池公園はなかなかよかった。

130212-1.jpg

 大池公園は東海市役所北側の大田大池のほとりにある広大な都市公園です。臨海工業地帯が出現した昭和40年代前半に整備されました。丘陵地に開かれており、遊歩道、遊具エリア、広場、ミニ動物園などがあり、けっこう遊びでがあります。
 ミニ動物園は動物園というか小さい園舎がいくつか並んでいるだけでそれほどのものでもないですが、目休めにはなります。近隣では雁宿公園(半田)、亀城公園(刈谷)、大山公園(高浜)にしょぼくれた動物の園舎がありますが、それらよりは少しだけ動物の種類が多い。
 1歳児を遊具で遊ばせ、動物を見せていたところ、園内の片隅にこんな施設があることに気が付いた。

130212-2.jpg

 その名も「東海市立動植物資料館」だ!これはまた怪しさプンプン、珍スポットの予感。遊具から1歳児を引き剥がし、さっそく中へ突入だ!

130212-3.jpg

 館内は2部屋に分かれており、手前の部屋には小動物や昆虫の小汚い標本がわんさか。気持ち悪い~。
 こういう動物標本を見るといつも思う。制作者はいったいどういうつもりで作るのかねえ…。

130212-6.jpg

 この部屋には書類棚を横に倒したようなものもあり、何かと思い取っ手を引いてみたら、枯れきった植物標本が出てきた。これ全部!?100以上あるぞ!あきらかに図鑑を見た方が植物の勉強になる。

130212-4.jpg

 奥の部屋には展示ケースの中に数百枚もの植物写真が!いや~、圧倒的!その意味のなさが!
 動物園のオープンは昭和49年で、おそらくその頃からある施設だと思われますが、あまりに貴重すぎるのでリニューアルせず現状維持を希望するところです。
(まさ)
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)

恋じゃないかもしれない

2013年02月13日
 明日はバレンタインですな。バレンタインといえば、まあ、特に思い出はないです。
 バレンタインに合わせて、毎月原稿を作っている知多半島S誌今月号の「知多遺産」という企画で、知多半島の恋愛成就スポットをふたつ取り上げてみました。ひとつは知多半島でチョー有名な美浜町奥田の恋の水神社。ここへはこれまで3回ばかり行っているのだが(いちおうぜんぶ取材です)、毎回必ず1、2組は参拝者に出くわすという人気ぶり。
 もうひとつは武豊町冨貴にある「小桜稲荷」。

130211-1.jpg

 名鉄河和線富貴駅南の小高いところにある社です。小桜という姫が都を追われた恋人を追いかけたところ、この地で死んでしまったという伝説があります。

130211-2.jpg

 いちおう境内地は整備されているものの、奥のほうに小さな祠がちょこんと置いてあるだけのささやかなもの。河和線を挟んだ向かいにある清応院というお寺さんが管理および祭礼を執り行っており、清応院の本堂には、上の祠の中に祀られている小桜姫像と同じ像が安置されています。
 歴史を聞くと、昔はここに塚があっただけだったのだが、昭和28年に墓と稲荷社を合祀して、下の写真の祠を建立。昭和57年に、上の写真に見える石モノと境内地を整備したとのこと。10年ほど前までは毎月8日に祭礼を行い、けっこうな参拝客があったそうな。今の風景からはちょっと考えられん。なお、現在は4月第二土曜の大祭だけ執り行い、地元の人が参列するそうです。
 で、ここからが本題。
 住職によると、参拝客が増加したのは名鉄とタイアップして宣伝したから、という話。平成の初めころまでは、今の知立三弘法や知多四国のようなポスターを駅構内にいっぱい貼っていたとのことですが、誰か見た記憶のある人います?そのポスターは寺にはもう残っていないそうで…。
 駅のポスター、見るには見るけどさすがに撮っておこうとは思はないのだけれど、こういう話を聞くと、記録として押さえておく必要もあるのかもしれないと思う…って、キリないわ。
 とかいいつつ、昔の青春18きっぷのチラシ(荒木経惟が撮影したやつ)や「こだましましょ」のポストカードなんかは実家の倉庫に何枚かは眠ってたりしますが。
(まさ)
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)

FUJIね

2013年02月08日
 昨日、身延線の富士根駅の駅舎が取り壊されたというコメントをいただきましたが、こんな駅舎でした。

130208-1.jpg
(2009.02.17撮影)

 4年前に「鉄道で行く絶景の旅」の取材で身延線南部をウロチョロした際に寄りました。切妻の2段重ねに玄関部分の屋根の突出しが特徴的な、実にジミシブのいい駅舎だったのですが…。残念。“壊し屋”JR東海よ、使えるものは使う努力をせんかい!と言いたい。

130208-2.jpg

 島式ホームの上がり口の上屋も特徴的でしたが、これは残っているんでしょうか?駅裏は工場跡の更地で、富士山がよく見えました。もう住宅でも建ったかしら…。
(まさ)
東日本 | Comments(2) | Trackback(0)

419工事中

2013年02月06日
 うーむ、西三河在住なのに今年に入ってまだ一度も地元のことをここに書いていない。これではいけないので西三河ネタを。
 今日かなり久しぶりに国道419号の刈谷市~高浜市区間を通ったら、ながらくほっぽらかしだった道路の真ん中の工事が行われていた。やっと2車線化か、待たせすぎだ。
 なぜ滅多に通らないかというと、この道の北向き車線は慢性的に渋滞していて鬱陶しいからです。

130206-1.jpg

 小垣江の消防署付近から知立方面を望む。年度内に工事完了らしい。

130206-2.jpg

 反対の高浜方面を見るとまだ手つかず。
 どうせなら新林で終点の「衣浦豊田道路」を名前のとおり衣浦湾岸まで延長すれば、この広い幅員が有効活用できると思うが、不景気だし無理かね。そういえば子供の頃、架空鉄道ならぬ架空高速道路を地図上に引いて遊んでいたこともあったなあ…。
(まさ)
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)

布袋に四国が

2013年02月04日
 先日、またまた仕事で江南市に行きまして、用事が終わってから布袋のはずれに位置する江南五明局へ行ったところ、郵便局の隣に寺があるのに気が付きました。東光寺といいます。

130204-1.jpg

 まあ特にどうということのない寺に見えますが…。
 ところが、狭い境内の一番奥に行くと、てっぺんに東屋のある妙な築山がこんもり。なんとここは四国だった!

130204-2.jpg

 四国山地である。

130204-3.jpg

 四国っぽい細い山道を行き、札所寺院(弘法像等)をめぐるのである。

130204-4.jpg

 弘法大師が修築したといわれる満濃池(の枯れたの)もある…いや、これよく見ると四国の形だ。
 あまりに小さいこのワンダー四国、案内板によると明治19年に作られた四国八十八か所の写しだそうで、明治から昭和初期にかけて善男善女が押し寄せたそうな。ミニミニながら山あり谷あり池あり展望台ありと、実にマニアックなこの八十八か所めぐりに人がわらわらいるとは、どんな光景だったのか。古写真あったら見たい!

130204-5.jpg

 弘法像は風雨にさらさられ老朽化したので昭和61年にほとんどを新しいものに取り換えられたとのこと。古い像は隅にまとめて安置されています。山間部に行くとよく見る、道路改修で一か所にまとめられた石仏群などと同じ。
 珍スポット好きやヒマで何もすることがない人などは、行ってみてもいい…かな?ちなみに「布袋二十一大師」とやらのの15番札所でもあるようです。
(まさ)
尾張雑 | Comments(0) | Trackback(0)

四角いなかま

2013年02月03日
 クリスマスプレゼントで祖父に「きかんしゃトーマス」のプラレールをもらってからというもの、ウチの1歳児はトーマスにえらく執心するようになってしまった。僕も嫌いではないので、主題歌を歌ってやったりするうちだんだんはまってきて、ネットでいろいろ調べたりしていると、トーマスたちがいる架空の島「ソドー島」の詳細地図と路線図を見つけた(wikiで「ソドー島」を検索すると出てきます)。いやー、これは地図マニアの心をくすぐる!すごいぞトーマスの世界観。ますますハマる。
 架空の地図といえば僕も高校生のころ、捨てていた理系の授業中なんかに一生懸命描いていたことを思い出します。何かのマンガで宇津井健からの着想と思われる「宇津井県」という名称が出てきたのを借用して、宇津井県を作ったりしたものでした。
 宇津井県は山陰地方の一部ながら山陽側のように発展した県。古くから国鉄路線が貧弱で、県内の主要都市は「宇津井電鉄」という私鉄によってほぼネットワーク化されているという独特な交通網が特徴。せっせと落書きしていた大学ノートはすべて失われてしまいましたが、いまでもそ宇津井県の全貌はけっこう細かに思い出すことができます。

130203-3.jpg

 太線が国鉄、細線が私鉄、中央の◎が県庁所在地の宇津井市である。昭文社県別地図に載ってる各町の中心部詳細図もせっせと描いていた…って、暗い、暗すぎる!
 この架空の県で架空の高校野球県予選大会が脳内開催されておりまして、10年間君臨した県立の強豪校を新鋭の私立高校が破り、以後、宇津井県の高校野球はその私立高校を軸にした戦国時代に突入、昭和最後の歳の決勝戦では、中学の同級生がライバルとして投げ合うというドラマが繰り広げられたというかなんというか、あだち充か。
 最終的には、その決勝戦をイメージしながら壁を相手にボール投げをしていたところ、跳ね返りが悪くて実家の風呂の窓ガラスを割ってしまい、暗い高校時代を終えたのであった。

 なんでトーマスからこんな話に展開したのかよくわかりませんが、先日、嫁と1歳児ともに作手に行き(なぜか9月から月イチペース)、道の駅つくで手作り村に立ち寄ったところ、敷地内に鉄道が開通していて驚いた。

130203-4.jpg

 その名も「つくで高原鉄道」。案内板を見ると3月下旬のから毎月第四日曜に運転されるとのこと。また来ようねと言いながら、道の駅の裏にある亀山城跡で1歳児を遊ばせて下山してきたところ、なんと今日、臨時運転を行ってくれるという。

130203-1.jpg

 リアルトーマス(この形の機関車はなんでもトマチュなのだ)に乗ることができて大喜びの1歳児。2周して降りたら、もっと乗りたいと大泣き。見かねた運転手さんがサービスでもう2周してくれました。どうもすいません。

 ところでタイトルの「四角いなかま」、これは機関車トーマスの主題歌の一節で、トーマスの仲間のトビーという路面機関車のことを歌っているものです。
 ところが英語版をYouTubeで探したところ、元の歌詞は「Toby,well let's say-he's square!」。これ、訳すと「言ってやろうぜ、あいつは四角い!」じゃないの?イギリス人ってのはすごいねどうも。
 他にも日本語と原詞と異なるニュアンスの訳があるようで、誰かトーマスの英語詞を原文に忠実に訳してみてください。
(まさ)
東三河雑 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME |