•  今日(11月28日)の午後1時23分、私の父方の爺ちゃんが永眠しました。享年84歳。入院中だったけれど徐々に盛り返して退院する予定だったし、足腰さえ鍛えればまだまだ大丈夫だろうと思っていたから、突然でした。仕事をキャンセルして高速に乗って駆けつけたけれども、病院に着いた頃にはもう目を瞑っていて起きてくれない。爺ちゃんのツルッとした頭を触ると、まだ温かかった。爺ちゃんの顔を見て、連休中にお見舞いにいけな... 続きを読む
  •  豊田北部の猿投地区に、浦野合資会社という酒蔵があります(→●□)。銘柄は「菊石」。先日、久々に猿投方面を通りがかったので立ち寄り、初めてここの酒を買ってみました。 シブい蔵の母屋。玄関上に二つの小屋根が見えますが、その軒下にあしらわれた鏝絵(漆喰細工)がまた見事な作品。 鶴! 亀! さすが老舗。ただ、酒の名前は菊石なのに、菊は描かれていない。(まさ)... 続きを読む
  •  日曜日は取材だか遊びだかわからないけど、紅葉ピークの香嵐渓へ。わたくし三河フリークを公言して憚らないののに、紅葉シーズンに香嵐渓へ行くのはなんと生まれて初めて。 ラッシュと渋滞が大嫌いなので避け続けていましたが、地元の人に裏道を教えてもらい、難なく足助に到達できました。 どうせ大混雑の観光名所だろ、とタカをくくっていたら、紅葉のあまりの見事さにヤラれました。さすが全国区!こりゃ格が違う!おみそれ... 続きを読む
  •  土曜日は取材で、旧引佐町(現浜松市北区)で開催された「第20回いなさ人形劇まつり」に行ってきました。 このイベントは、旧引佐町中心部にある公共施設のホール等10数箇所を会場に、全国から集まったプロ・アマ劇団が2日間に渡って公演するというもの。今年でなんと20周年、人形劇業界にとっては屈指のビッグイベントなんですが、興味がないとこういう情報もスルーしてしまうもんで、見に行くのは初めてです。 目当ては田沢... 続きを読む
  •  その前芝の集落内で見つけた三河弁カンバン。標準語に訳すと「出るぞ(飛び出すぞ)!子どもが!」という意味です。取るに、足りぬ、的な。猿に 蟹が鶴に 亀がルルに 熱・喉・鼻ダルに サエコビルに ヒラリーゲルに ドルジ(まさ)... 続きを読む
  •  そのツアーでも案内された前芝名所のひとつ、前芝燈明台です。 豊川河口に位置する前芝は豊橋(吉田城下)の玄関口にあたり、これが出入りする船の目印となっていました。築造は寛文9年(1669)で、昭和41年に修理復元。脇を走る車と比べると、そのデカさが分かると思います。 この燈明台の鑑賞ポイントは、実は屋根部分。 この箇所なんていうのかわからんけど、精緻な帆掛け舟が!さすが湊町らしい。(まさ)... 続きを読む
  •  昨日、大学時代のサークルの後輩で、今は愛知大学三遠南信地域連携センターの研究員をしているH君のお誘いで、豊橋の前芝市民館で行われた「海・山・野トライアングル交流会」という集まりを取材(というかただの見学)してきました。 「豊川流域研究会」という民間の地域研究サークルが東三河の3集落で3年間にわたって老人からの聞き取り調査を行っており、これはその打ち上げ的な集まり。せっかく調査したので、これから集... 続きを読む
  •  その「かつぎ桶太鼓ワークショップ」の会場となったのは、リニモはなみずき通駅から徒歩3分のところにある長湫(ながくて)公民館(僕は撮影だけで太鼓は叩いていませんので念のため)。 若干古いかな、という感じの、ごくごく一般的な地区公民館ですが、玄関の脇の定礎板を見ると… なんとこの公民館、長久手村時代の遺産だったのか!都市化著しいこの町で、意外と貴重な建造物。 なお、長久手村は昭和46年に町制施行。そろ... 続きを読む
  •  和太鼓といっても、大太鼓、長胴太鼓、締太鼓、桶太鼓とさまざま。打法も横打ち、斜め打ちといろいろある。そのなかで、近頃、人気の高い奏法が、桶太鼓を肩にかついで演奏する”かつぎ桶”。肩に担いでいるから自由に動き回ることができるし、躍動感のあるパフォーマンスも見せられるからだ。その”かつぎ桶”を基礎から学べるワークショップが土・日曜の二日間、長久手町で行われ、取材も兼ねて参加してきた。 指導者は”かつぎ桶”... 続きを読む
  •  豊田市の北西外れに位置する広幡町という田舎(リニモの終点の八草の近く)にて撮影した、豊田警察署の設置したカンバン。 痴漢注意のよくあるヤツですが、描かれている絵をよく見ると… 完全に80年代!緊迫感ゼロ!警察もなに考えてこの絵を採用したんだ! ちなみにバックに写っている鉄製の物体は、例によってHINOMIです。 建造年と製造業者を記した銘板は付いていませんが、おそらく昭和30年代前半に岡崎市矢作町... 続きを読む
  •  その日間賀島の、漁港近くにて撮影。厳密にはカンバンじゃないけれど、最初カンバンかと思ったのでまあいいか。 いや~、こういう絵はなかなか描けませんよ。単純な題材なのにすごい難しい解釈?絵手紙をやってる人とか。なお「島のり会」というのは日間賀島の海苔生産者組合かなにか。 実はこれ、箱でして、開けると中に救命浮輪が入っています。 絵より赤いラインが2本少ない…。 もうひとつ日間賀島で撮ったもの。カンバ... 続きを読む
  •  昨日の朝、12年ぶりに日間賀島に行ってきました。日間賀島といえばコレですね。 こうして干されているタコは初めて見ましたが、なかなか珍妙なものです。 しかし思ったほど大量に干されているわけでもない。海産物屋の人に聞いてみると、一年じゅう獲れるが盛りは夏から秋はじめとのこと。 その店では、タコ飯用の小サイズ干しタコを500円で売っていたので、一枚買ってみました。店先では大量の小タコがこんな具合に乾かされ... 続きを読む
  •  昨日、落語会が行われた豊田市上郷は、かつてトヨタ自動車の鉄道輸送ターミナル(上郷センター)があったそうです。愛環がまだ国鉄岡多線だった時代、北野桝塚から引込線が伸びていましたが、その跡。 県道豊田安城線の桝塚西町南小畔交差点北東角にこれだけ残っています。よく見ると、レールも残存。ネットで拾った情報によると、70年から84年まで使われていたらしい。 上郷センターの敷地内にも高架線の残骸がありましたが、... 続きを読む
  •  ついこの間、碧南へ志の輔を見に行ったばかりだというのに、今宵はまたも落語会。8月に初めて上野鈴本演芸場へ行ってからもう5回目。しかも志の輔の翌日にはZEPP名古屋へ電気グルーヴのライブにも行ってるし、何をやっておるのか。このライブがまたサイコーで、まさか「スネークフィンガー」や「ビーチだよ!電気グルーヴ」までやるとは思わなかった…。 って、電気の話はさておき、今日は豊田市上郷の浄願寺で催された「第3... 続きを読む
  •  毎回どうでもいい小ネタばっかりの当ブログですが、たまには実用的な話題を(しかしこのタイトルのチープさ!)。 奥三河の「花祭り」や、伊那谷の霜月祭、その他三遠南信の国境地帯で冬に行われる神楽など、一度は見に行ってみたいと思っている方は多いと思います。そこで今回は、事前に知っておくと便利な観覧ガイド。これさえ読めばあなたも心置きなく花祭りが楽しめる!1)アクセス 東栄町の一部や天龍村の一部は、飯田線... 続きを読む
  •  昨日は天気も悪い中、地元の揖斐川町で「いびがわマラソン」が華々しく開催されておりました。1988年(岐阜県民には懐かしい未来博の年)から始まって20年。もうそんなになるのか。僕は一度も走ったことはありませんが、5年前、消防団員として沿道の交通整理をしたことがあります。 昨日は郷土の英雄高橋尚子が来揖したそうで、例年以上の参加・見物があったとか。婦人会かなにかでバザーに参加していたウチの母親は、ウドン提... 続きを読む
  •  NHKの「ためしてガッテン」がタメになる番組であることは知っている。実家に住んでる婆ちゃんは、「あれは見たほうがいい」と毎週欠かさず見ているようだが、その習慣はワタシにはない。なのに、先週は立ち姿で喋る志の輔が見たくて、その時間帯にテレビを付けてしまった。 理由は11月1日に碧南市で開催された志の輔の独演会があまりに素晴らしかったから。ただ面白いだけじゃない。非常に分かりやすいのだ。話が単純というわけ... 続きを読む
  •  大府市北東部にある知多四国88ヶ所の2番札所、極楽寺にて撮影した珍品。戦前製のホーローカンバンです。 知多四国の巡拝者はたいてい参拝証明として、御朱印と呼ばれる記念スタンプを専用の帳面(御朱印帳)に押してもらうのだが、これはその受付窓口に掲げられています。御朱印を押してもらうのに100円が必要で、そのお金は自分で書いた経文を奉納する代わりであるとみなされているため、「納経所」というそうな。なお、同じ... 続きを読む
  •  いや~、小室哲哉の逮捕にはびっくりしましたね~。まだTMネットワークがバリバリ現役だった大学1年の時、影響されて15万もするEOS(小室がプロデュースしたYAMAHAのシンセ)を豊橋・南栄の白井楽器で買ってしまった若気の至りな過去を持つ私としては、その栄枯盛衰に感慨深いものがあります。 というしょーもないカミングアウトはどうでもよくて、先週武豊に行った際、EOS(シンセではなくキャノンのカメラ)で撮影した、日本... 続きを読む
  •  ウチの地元の知立市上重原町に「返万燈」という変わった小字名があります。とある郷土誌によると、刈谷城下で夏に行われる万燈祭にその昔、知立からも万燈を奉納しており、知立の外れまで万燈を送りこの地で引き返した、とかいう由来があるそうな。 (刈谷の万燈祭 2005.07.31撮影) 僕がこの地名を気に留めたのは、近所のファミリーマート知立上重原店のレシートを見たからです。 この歳になってコイケヤのスコーンをおやつ... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
活動拠点…西三河・知立市
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク