FC2ブログ
  •  輪之内町海松新田にある乙姫公園&稲荷神社は、西濃の3大珍スポットのひとつと認定して誰も異存はないと思いますが(あとの二つは関ケ原ウォーランドと養老天命反転地)、稲荷神社の鳥居の傍らには手書きでびっしり書かれた由緒書きがあり、これに乙姫&太郎像&稲荷神社の由来が記されていました。 書いたのは像のプロデューサーであり神社の造営者でもある牧野絮水(柳平)という人。「かんこう輪之内」によると、乙姫公園の向か... 続きを読む
  •  その乙姫公園に隣接して、稲荷神社という小さな社があります。 隣接というか乙姫公園と一体化しています。浦島太郎像の横から鳥居がズラッと並んでおり、社叢こそ小さいものの異界へつながっていそうな雰囲気。というか乙姫公園がすでに異界めいているので、異界と異界を繋ぐダンジョン内のトンネル? で、鳥居をくぐって奥へ進んでみると、本当に異界だった。 木々の中を白馬が駆け回り、 常夜燈には巨大な龍が絡みつき、 ... 続きを読む
  •  今尾の町を散策したあと輪之内町経由で帰路についたところ、輪之内町南端の海松新田という農村集落の溜め池から突如、巨大プリンセスが現れて驚いた。 怖い、怖すぎる! 何かと思えば地元の偉人が建造した竜宮伝説のセメント人形とのことで、「乙姫公園」と名付けられているようです。西濃住民ながら不覚にも全然知らなかったのですが珍スポットとして一部マニアにはけっこう有名なようで、岐阜県観光連盟の「ぎふの旅ガイド」... 続きを読む
  •  先日、珍しく海津市で仕事があったついでに、平田地区の中心市街地・今尾商店街をチェック。お千代保稲荷の南西約2km、揖斐川のほとりの町です。 商店街の入口ではいかにも平成前期っぽいステンレス製のアーチがお出迎え。シンプルでモニュメントぽく、昭和製のアーチに比べると味わいに欠けるのは否めません。 タウンアーチには珍しく、建造年を記した銘板が取り付けられていました。建造は平成6年度。なるほど、微妙にバブル... 続きを読む
  •  昨日9月30日限りで、揖斐川町コミュニティバスの運行を委託されていた名阪近鉄バスが撤退しました。コミュニティバスの大幅な整理再編と揖斐タクシーへの移管に伴うもので、今後はマイクロバスとジャンボタクシーでの運行になるため、揖斐川町内における大型バスによる路線バスの歴史に終止符が打たれたことになります。(新丁バス停を通過する春日線美束行き) 子供の頃から馴染んできたバスが消えてしまうのは寂しい限りです... 続きを読む
  •  福江の火の見櫓跡地の顕彰案内板について記した矢先、なんと地元(岐阜県西濃)で火の見櫓の撤去現場に遭遇してしまった。 場所は池田温泉近くの池田町片山。今朝、仕事先に向かう途上でたまたま片山を通ったら、HINOMIに寄り添うクレーンの姿が。まさかと思って近づいて見ると、今まさに撤去作業にかかろうというところ。なんとまあ…。 火の見櫓本(春夏秋冬叢書「火の見櫓暮情」2008)まで出版したことのあるマニアとしては... 続きを読む
  •  夏休みも終わるというのに、まだ続く養老鉄道自由研究シリーズ。 今回の研究のため、8歳児と一緒に安八郡神戸町の中心駅である広神戸駅に、久々に立ち寄りました。神戸というと「こうべ」か「かんべ」と読む人が多いと思いますが、西濃の神戸は「ごうど」です。 駅名になぜ「広」が冠されているのかは不明。先にできた東海道本線の神戸駅と区別するためとは思いますが、どこから広が出てきたのか?たとえば「大名古屋」の「大... 続きを読む
  •  8歳児の養老鉄道自由研究シリーズ、というか自由研究に便乗して持ちネタを披露するシリーズ。 研究のため大垣駅で下車したついでに、最近完成した南口の駅前広場を見物しました。 例によって8歳児撮影。大垣市のHPによると正式名称は「大垣駅南街区広場」で、平成30年3月22日にオープン。中央の噴水は大垣名物の自噴水を利用したものだそうです。 この場所には、かつてこのような建物がありました。(2枚とも1998.08.01) 正... 続きを読む
  •  8歳児の養老鉄道の自由研究に関連してむかしの写真を漁っていたら、養老線の駅構内売店の写真も出てきました。もはや自由研究とは何の関係もないネタですが…。 まずはJRとの連絡駅である大垣駅。例によって8歳児撮影。(1998.08.01) その連絡通路の写真。今はここにJR用の自動改札機が設置されていますが、かつては仕切りなどなく、乗り換えがとてもラクでした。今は両方の切符をあらかじめ持っていないと通り抜けはできません... 続きを読む
  •  養老鉄道をテーマにした今回の8歳児の自由研究では、おとうさんが高校時代(約30年前)に撮った近鉄養老線時代の写真も使ったらどうだい?と提案しようと思ったけれど、小2児童がそんなマニアックなものに興味を示すわけはないし、学校の先生からも「なんだこの子の親は?」と思われかねないので、こちらのほうに少しアップします。 当時は、写真の知識も一切ないまま親のカメラでテキトーに撮ったので、構図とかかなりいい加減... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク