ため池のベルが鳴るとき

2017年08月16日
 奥山田池、大谷下・上池とマイナーな溜め池を出してみましたが、岡崎市南部の上地・岡崎・羽根・小豆坂学区にはやたらと溜め池がありまして、「岡崎まちものがたり」の地図ページに溜め池の名称を入れるべく編集サポート作業中にできるだけ見に行ってみました。
 わたくしは職業柄、あらゆる景観を注意深く観察する癖が付いておりますが、溜め池というのはどうもこう、なんというか、景観的にいまいち興をそそらないことが多い。なんとも批評のしようがなく、どう表現したもんかと眺めながら考えあぐねてしまうことがしばしばです。ただ、いちおう写真は撮っており、ここでバーンと出しておきます。
 地図で場所を確認しながらご覧ください→●□

170815-5.jpg

 まずは割と有名どころ「柱大池」。昭和初期から戦後にかけて、ここはボート遊びのできる遊興地「東楽園(とうらくえん)」として知られていました。

170815-6.jpg

 ここも一部マニアにはそこそこ知られている「長池」。この周囲に昭和6年から28年まで岡崎競馬場があり、今もコースの一部が生活道路として残っています。

170815-7.jpg

 このへんからだんだん地味に。戸崎公園の南にある三連池のうち西にある「雨池」。

170815-4.jpg

 真ん中の「中池」。池のほとりに畑や古いアパートがあったりして、まあまあ趣きがある。

170815-1.jpg

 東の「ガン池」。希少な湿原植物が見られるそうで、小豆坂小学校の自然観察学習がちょくちょく行われています。一度、取材で同行させてもらいましたが、こんな池でも子供たちがワラワラしているとそれなりにいい雰囲気になります。

170815-3.jpg

 このレベルまでくるといよいよ怪しい感じに。ウィングタウンの南西にある「双子池」。道路で分断され南北に分かれています。

170815-2.jpg

 そして極めつけは鰻池。もう池だかなんだか…。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)

のび太の上地開拓史

2017年08月13日
 岡崎の上地には奥山田池のほかにもうひとつ、大きい溜め池があります。

170802-5.jpg

 大谷上池と大谷下池です。二つの池の間に岡崎環状線が通じており、市街地方面から南下するとパチンコ屋のZENTの先で左に見えるのが上池、そのすぐ先の橋から右に見えるのが下池。住宅地に面しているとはいえ山の際にあるので、岡崎南部の溜め池群のなかではいちばん雰囲気がいいかも。
 池の周囲には、昭和50年代から平成初年にかけて行われた区画整理事業で緑地帯として保存された山があります。ドラえもんやのび太が住む町にある裏山みたいな感じでしょうか。大谷公園として整備され、当時の地域住民の意見を取り入れて遊具やキャンプ場が設置されています。新興住宅地のすぐそばにキャンプ場があるとは…。

170802-6.jpg

 公園の目玉施設は山頂にある展望台。この山で古窯跡が発掘されたので、古代のイメージで銅鐸型にしたとか。

170802-7.jpg

 展望台は私の大好物なので嬉々として登ってみたところ、木が育ちすぎてほとんどなにも見えないのであった。公園整備から30年、時の流れを感じる…。

170802-9.jpg

 オマケ。「上地八景」絵はがきの大谷公園。
(まさ)


西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)

おじゃまんが奥山田君

2017年08月11日
 話題が前後しますが、岡崎市のシティプロモーションサイト「岡崎ルネサンス」内のコンテンツ「“〇にナる”岡崎まちものがたり」の記事の続き。
 女性取材記者は桑谷キャンプ場(→●□)と岩槻信治(→●□)を書きましたが、僕は「岡崎まちものがたり」で受け持った上地学区より、上地八景&新上地八景をピックアップして記事を書きました(→●□)。
 上地は岡崎市の南部に位置し、国道248号と岡崎環状線が交わるあたりの地域です。大規模な区画整理事業により昭和58年に誕生した新しい学区で、その草創期、郷土意識を育てようと地元の人たちが制定したのが上地八景です。
 その八景のなかに「奥山田池」という溜め池が選ばれています。ここです。



 名所でもなんでもないただの溜め池で、上地学区の住民以外はほとんど知らないんじゃないかと思います。自分も上地に関わるまでは気に留まったことがありませんでしたが、上地八景を紹介するにあたり取材に行ってみました。

170802-1.jpg

 シブい、シブすぎる!

170802-3.jpg

 池の形はほぼ長方形。そのうち北面にのみ遊歩道が整備されており、見事な松林の下を歩けるようになっています。溜め池のほとりでこれだけの松の群生が見られるところもなかなかないのでは。溜め池と松が好きな人は絶対に見に行くベき!

170802-2.jpg

 池は明治20年に砂防用に築造され、戦後ほどなくして現在の形に改修されました。池の北西角には昭和30年に建立された改修記念碑が建っており、これまたドシンプルでシブすぎる。

170802-4.jpg

 奥山田池は砂川(上地および福岡学区を貫流し広田川に注ぎ込む地味リバー)の源流になっており、池の南西角に水門が設けられています。その水門が閉じられているので、ご覧のとおり最上流部は涸れています。ここに水がダーダー流れている風景を見たいものですが、いつ水門が開くかわからず、もし水流を見られたら超レア!
 というわけで、ここ数年でもっともシブい場所の取材だったのでした。

170802-8.jpg

 オマケ。戦前の上地学区あたりの地図。
(まさ)
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)

なつのおやこたんけんたい

2017年08月05日
 桑谷キャンプ場の取材兼レジャーでは、桑谷山のほかにもうひとつオプショナルレジャーを入れたいという女性取材記者の企画により、近くにある三丈ヶ滝にも行ってみましした。ここにあります。



 この滝のことは先のブログ(→●□)で触れているほか、同じく「岡崎ルネサンス<“〇にナる”岡崎まちものがたり」に8/1にアップされた女性取材記者の担当記事「岩槻信治と岡崎の盆踊り唄」(→●□)にも書かれています。この滝は地元でも長く忘れ去られていたのですが、昭和6年に矢作出身の岩槻三江が作った「龍ヶ谷音頭」の歌詞に出てくる三丈ヶ滝は今どうなっているのか?と「岡崎まちものがたり」の龍谷学区の編集委員の皆さんが探しに行き、“再発見”したものです。
 桑谷キャンプ場から歩くと30分以上かかりそうなので、車でぴゃーっと滝の入口へ。林道沿いに立つ導入カンバンが目印です。

170804-1.jpg

 おーっと、いきなり川口浩探検隊の様相だ!この奥に本当に滝なんてあるのか?それ以前に、こんなところに突入して大丈夫なのか?

170804-2.jpg

 と思ったら草ボウボウなのは最初だけで、やがてチョロチョロ流れる沢に沿っていちおう道らしいものが現れました。進むほどに勾配が急になり道も悪くなりますが、かまわずどんどん歩くこと10数分、突如、眼前に滝が姿を現した!

170804-3.jpg

 シブい、シブすぎる!

170804-7.jpg

 剝き出しになった垂直の岩盤の上を一筋の水がチョロチョロと流れ落ちています。実に味わい深い。雨が降った後はもう少し水量も多いかもしれませんが…。

170804-5.jpg

 滝の上に頑張って登ってみるとけっこう迫力があって驚き。探検気分で高揚しているためか、6歳児もビビリを克服だ!

170804-6.jpg

 ただし、滝への登り道はこのようにかなりワイルドですので、子連れで行こうという酔狂な方はほどほどのところで…。
(まさ)
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)

新幹線見物名所0004

2017年08月01日
 もう二ヶ月もたってしまいましたが、6月アタマに取材&家族レジャーで、岡崎市南東部にある桑谷(くわがい)キャンプ場にて二泊三日のキャンプをしてきました。何の取材かというと、岡崎市のシティプロモーションサイト「岡崎ルネサンス」内のコンテンツ「“〇にナる”岡崎まちものがたり」といブログ用の記事です。
 「岡崎まちものがたり」というのは、2015~16年度にかけて岡崎市制100周年記念として作成された全学区の紹介冊子集でして、これに編集・進行管理スタッフとして携わったメンバー(ウチら夫婦もその一員)が取材執筆するスピンオフが「〇にナる」です。
 ブログの立ち上げが夏休み目前の7月1日で、竜谷学区の担当だった女性取材記者(まり)が学区内にある桑谷キャンプ場レポを企画・執筆した次第。その記事はこちら→●□

170801-1.jpg

 で、「桑谷キャンプ場滞在者におすすめするレクリエーション」を記事に盛り込みたいという女性取材記者の意向により、キャンプ場の背後にそびえる桑谷山に登るハメになりました。桑谷山は三河湾スカイラインを使えば割と簡単に頂上に達することができ、登山には特に興味のない私には車で行けるところをわざわざ歩いて登る意味がよくわからないのですが、取材とあっては仕方ない…。ちなみに女性取材記者はもとワンゲル。

170801-2.jpg

 息絶え絶え、汗ダラダラで1時間かけて山頂に到達すると、そこには昭和な風情の簡素な展望台が。

170801-3.jpg

 展望台からは蒲郡方面の絶景が!この桑谷山は岡崎と蒲郡の市境にあり、桑谷は岡崎側の山麓にある集落なのですが、残念なことに岡崎側はまったく見えません。

170801-4.jpg

 でもって遥か下の方には、蒲郡市街を疾走する新幹線が見えるのでした。この時の記事(→●□)の場所より、もっと上の方から見る形になります。我が家は新幹線の近くにあるためビュンビュンすっ飛ばしていく様は見飽きており(→●□)、高い所から見る新幹線はなんというか、下界の民のためのセカセカした乗り物という感じに見えていいものですネ!

170801-5.jpg

 キャンプを打ち上げた翌日の午後遅く、桑谷山の西に連なる遠望峰山にある「天の丸」の風呂に入りに行きまして、その駐車場からの眺めもよかった。写真は幸田町の中央部を見下ろしたもので、水が張られた水田がちょうど、明治初期まであった菱池(→●□)のようになっています。

 「〇にナる”岡崎まちものがたり」で僕が書いた記事はこちら→●□
(まさ)
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »