FC2ブログ
  •  その稲武で遭遇したカンバンをいくつか。 年季が入りすぎで柱と同化したような豊田自動車学校のカンバン。 よく見ると、所在地の表記が「トヨタ自工」ではなく「トヨダ」と濁点入り!これは誤植というより、このカンバンが製作された当時(昭和40年代?)はまだトヨダと認識していた人が多かったということの証ではないかと思います。 武節の飯田街道沿いにある食堂の駐車場案内板。屋号の「ニコ天」は「ニコニコ天ぷら」の略... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」66号連動ネタで、根性椹の続き。というか、根性椹とは関係なく稲武の話題。 そんなわけで稲武の市街地を久々に歩いてみたら、あちこちでこのようなカンバンに遭遇。 稲武の歴史クイズだ!何かと思って検索してみると、どうやら2011年から実施されていたイベント「稲武検定」の問題で、豊田市における地元住民主導型の地域づくり活動補助金事業「わくわく事業」に採択された取り組みのようです。 この問題... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」66号連動ネタで、根性椹の続き。 大井平公園の杉林&しゃくなげ植栽地への登り口には、このような大きな石碑が立っています。 明治33年(1900)に建立された「古橋翁之碑」です。古橋翁とは稲武の林業家、古橋家六代目の暉皃(てるのり、文化10年〈1827〉-明治25年〈1892〉のこと。日本の林業史に残るほどの林業家であり、また、篤農家としても知られる稲武の偉人です。百科事典にも掲載されているほどの大... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」66号連動ネタ。 今号では、稲武の名木?珍木?として知られているらしい「根性椹」の文章も担当しています。根性椹は、紅葉名所として有名な国道257号沿いの大井平公園の対岸にあり、10年前ほど前から名所化したとか。  これが根性椹。クリックで拡大してご覧ください。豊田市の公式観光サイト、ツーリズムとよたの記事曰く「岩の割れ目から天に伸びる姿はとてもたくましく、ご利益のある縁起物として近... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」66号連動ネタで、満性寺の続き。 今回の満性寺は三河一向一揆がらみの話題が中心となるので、取材を終えた後、撮影担当のカメラマンAさんを連れて岡崎・安城の関連寺院をひとめぐりしてみました。脚注で使うかもしれないからいちおう写真を押さえておきたかったのと、あと昼ぐらいに取材が終わって中途半端に時間が余ったので暇つぶしで…。 表題のとおり、満性寺を含めて二時間もあれば回れます。 まず... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」66号連動ネタ。 今回はもうひとつ岡崎の話題で、市街地にある満性寺(まんしょうじ)を取り上げています。先の法性寺は地名ネタでしたが、こちらは寺そのものがテーマ。 満性寺は、観光の視点からいうとあまりピックアップされる機会はない寺ですが、岡崎の歴史において非常に重要な存在で、数多くの寺宝を有しているとか、浄土真宗寺院でありながら三河一向一揆のときには家康サイドについたとか(理由は... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」66号が発売中です。今号のキーワードは「性」。私は例によって「地名探訪」「三遠南信産××育」のほか、岡崎の「満性寺」と稲武の「根性椹」の文章を、女性取材記者(まり)は「弾性」のタイトルで岡崎の麩のメーカーと、「性科学」のタイトルでオギノ式避妊法を提唱した豊橋・下条出身の荻野久作の記事を担当しております。 今回の地名探訪は岡崎市南西部の法性寺(ほっしょうじ)。三遠南信で「性」の付く... 続きを読む
  •  先日、西三河方面から東三河方面に向かった際、急に思い立って鉢地坂トンネル越えの国道473号を辿ってみました。実は昨年3月刊行の「そう」62号に女性取材記者(まり)が鉢地坂トンネルについての記事を書いており、僕も一度は念入りに沿道をチェックをしておかなければなあと思っていたのですが、何しろこのルートは道が悪いし通る用もないので、スルーし続けていました。 で、その日は豊橋競輪の全日本選抜のほかに予定を入れ... 続きを読む
  •  先日、久しぶりに岡崎市南部の岡崎・福岡学区あたりに行ってみたら、岡崎小学校の西側で進行中の区画整理がかなり進展して驚いた。(2016.03.31) 県道43号(土呂西尾道)の若松橋から南西を望む。名鉄バス福岡線の廃止時(→●□)にはこんなだった風景が 池ができており、廃線跡のバス専用道がキレイさっぱり消失。この池は、占部川が増水したときに機能する遊水池と思われます。(2016.03.31) 同じ場所から北西を望む。まだ... 続きを読む
  •  高浜の春日神社&八剱社のことを書いたので、吉浜の神社のことも。吉浜には北の端に八幡社、南の端に神明社と同格・同規模の神社があり、それぞれ吉浜北部・南部の氏神になっています。そのうち、吉浜神明社のほう。 この神社は吉浜南部の丘の上に鎮座しており、ちょうど県道50号(旧大浜街道のバイパス道路)と三河線に挟まれた格好になっています。おそらく神明社の丘は大昔、衣浦湾を航行する船のランドマーク的な存在だった... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク