•  春夏秋冬叢書「そう」59号連動ネタ。 木製枕木と言えば、ウチの前を走る三河線がそうです。 改めて考えてみると、これだけ運転本数が多く、赤字とも思えない路線なのに、いまだにコンクリ製に転換していないのは不思議な気もします。豊鉄みたいに小回りが利かないぶん導入が遅れているのでしょうか。それとも、知立駅の高架化に併せて枕木も転換するとか? たまに老朽化した木製枕木が線路脇に置いてあったりします。何ヶ月か... 続きを読む
  •  またまた重量制限の話でスイマセン。東三河ではなかなか見つけられない(豊川市を除く)重量制限標識ですが、うちの近所の上重原町内で発見してしまいました。 猿渡川の支流、法信川に架かる「法信川橋」の2.0t標識です。排水路みたいなこの川は知立市と刈谷市の境界。銘板によると、1976年に刈谷市が架橋したもの。このあたりは台地の下に広がる田園地帯で、最初から耕作者の利用しか想定されていないのでしょう。 重量制限... 続きを読む
  •  そんなわけで、岡崎市内の学校の金次郎像をコンプリートするため(→●□)久々に岡崎の山間部方面を回り、久々に乙川・男川の上流の方も眺めてみました。 乙川@才栗町~岩戸町(秦梨学区)。 男川@明見町(宮崎学区)。 岡崎市民ならたいてい知っていることですが、矢作川支流の「オトガワ」には乙川と男川の二つがあります。形埜学区から流れ出て岡崎市街を通り矢作川に合流するのが乙川で、距離も長く「オトガワ本流」と言... 続きを読む
  •  昨日に続いて岡崎の二宮金次郎像で書けなかったネタ。 こちらは山間部にある常磐南小学校の金次郎。 製造年は不明ですが、極めて標準的な、安定感のある美しい像です。 注目したいのは、足元に置かれたもう一体の像。この写真だと台座と同化してよく見えませんが… なぜか蛙の石像が置かれているのである! この珍品を取っ掛かりに「岡崎市内の小学校では金次郎像だけでなくさまざまな石造物が見られ、さすが石都である」と... 続きを読む
  •  以前、春夏秋冬叢書の「そう」の原稿のために東三河の全小学校の金次郎像を撮って回りましたが(→●□)、今度は岡崎市のシティプロモーションサイト「岡崎ルネサンス」内のコンテンツ「“〇にナる”岡崎まちものがたり”」の記事のために、1月末から2月上旬に10日ほどかけて岡崎市全域をうろつきまわりまって学校の金次郎像を全部撮ってきました。 2017年1月に刊行された「岡崎まちものがたり」で矢作南学区の編集サポートを担当さ... 続きを読む
  •  まだ続く2017年出し漏らしシリーズ。11月から12月にかけて、知多半島南部限定のローカル媒体で企画した「衣浦港」特集の取材のため半田、武豊の海べりを徘徊していました…というようなことを少し前に書きましたが、その際ロケハンで碧南も回ってみたことろ、衣浦トンネルの歩道入口の横で地味な展望台を発見。 昭和51年に県が建設したもの。うーむ、実に地味である。 対岸の半田緑地公園には昭和61年に県が建てた展望台があり... 続きを読む
  •  初詣に行った西尾の寺津八幡社(→●□)で、13日(土)に「筒粥神事」が行われるという話を聞きつけたので、行ってみました。 筒粥神事とは、穴をあけた細い竹と米を釜で炊き、竹の中に入った米粒の数でその年の農作物のデキを占うというもの。あちこちで行われており、同じものを知多半島の「大野谷虫供養」で見たことがあります(→●□)。 中日新聞西三河版1/13付記事によると、寺津八幡社では伊勢湾台風の時まで釜で米を炊いて... 続きを読む
  •  そんなわけで1月1日は珍しく知立にいたので、地元の神社にも初詣に行ってきました。 まずは町内にある上重原八釼社。14年も住んでいて正月にお参りするのは初めて。昨秋は6歳児が神社の祭礼で子供神輿に参加しており、ようやくこの土地の人間になった気分に…。 その後、帰省の荷物を抱えて知立神社へ。一昨年は七五三の御祈祷を受け、先月アタマにはローカル媒体の初詣情報の取材で来たりもしていますが、正月の参拝は新婚... 続きを読む
  •  本年もよろしくお願いいたします。 大晦日は夜10時過ぎまで岐阜の実家で過ごしたあと、車で西尾まで行きまして、寺津八幡社で新しい年を始めました。ウチは毎年のように初詣場所が異なる流浪の一家ですが、知立で年を越したのは14年も住んでて二回ほどしか覚えがなく、西三河での初詣というのは実に新鮮です。 とは言え、なんで知立から最速で30分もかかる寺津まで行ったかというと、昨秋、女性取材記者がこの神社の方と知り合... 続きを読む
  •  昨日の競輪グランプリでは豊橋の星・深谷の先行に乗って番手の浅井が優勝しました。深谷が出走したら必ず買っているのですが、GPの深谷はホントよく逃げて、気持ちがいいんだけど逃げ残れない。おまけに今回は新潟の黄色いヤツのせいで落車してしまい実に気の毒。きっと来年は順番が回ってくるサ…と、今回のところは寛容な気持ちで4-9ウラオモテ勝負の敗戦を噛み締める、暮れの一日であります。 それはさておき、モタモタ仕事し... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
活動拠点…西三河・知立市
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク