FC2ブログ
  •  先に岡崎ゲンジボタル発生地(→●□)や美浜の鵜ノ山の国天然記念物指定標柱(→●□)をアップしましたが、旧額田町の片寄にある天恩寺の参道入口には、このような標柱が立っています。 帝国特別保護建造物の指定標柱だ!柱頭に重々しく刻まれた「帝國」の文字のパンチ力たるや! 建立は大正12年で、大日本帝国のオフィシャルなものではなく、寄進物です。wikiによると特別保護建造物は明治30年から昭和4年まで使用された区分で、... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」71号連動ネタで生田蛍の続き。 生田蛍の資料がないか美合小に尋ねたところ、現在は旧額田町鳥川(とっかわ→●□)の「岡崎市ホタル学校」に集約されているということだったので、そちらにも行ってみました。鳥川でも蛍の保護活動に地域で熱心に取り組んでおり、額田町合併後は岡崎市域でいちばん有名な蛍名所ではないでしょうか。 ここは平成21年(2009)3月までの鳥川小学校。最終年に何度か取材に行ってお... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」71号連動ネタ。 美合が蛍の名所であることは、岡崎市民でなくても国道1号を走っていると気が付くと思います。それは、国道1号に「ほたる橋南交差点」があるから。 角にデニーズと台湾料理の阿里山と若葉珈琲がある交差点ですね。前回アップした天然記念物指定標柱(昭和15年設置)は、この交差点の北東角の広場の一角に立っています。 標柱を見に行ったついでに、交差点名でしか知らない蛍橋もチェック... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」71号が発売中です。今号のキーワードは「生」。私は例によって「地名探訪」「三遠南信産××育」と、岡崎のゲンジボタルの古名「生田蛍」の文章、浜松の偉人のミュージアム「金原明善生家」の文章を、女性取材記者(まり)は「原生」のタイトルで設楽町裏谷のきららの森で見られる原生林を担当しております。 今まさにホタルのシーズン(もう終盤か?)なので、恒例の本誌スピンオフネタは岡崎の生田蛍から。... 続きを読む
  •  三月下旬、とある取材で岡崎の美合周辺をウロウロした際、ふと思い立って美合駅に行ってみました。 名鉄本線はよく乗るけれどわざわざ美合駅で下車することもないので、こうして駅の外観を眺めるのはかなり久しぶり。2006年に「西三河今昔写真集」(樹林舎)を作ったとき、美合駅の新旧対比用の写真を撮りに来て以来15年ぶりでしょうか。下車したのは大学時代の30年弱前が唯一です。 特に面白味のない店舗ビルですが、改めて眺... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」70号連動ネタ。 他地方に行った三遠南信の産物や人物の来歴と変貌を、わざわざ現地に出向いて探る企画「三遠南信産××育」では、明治時代に西尾で作られた瓦が東本願寺の再建に使われた、という話を紹介しました。三河国古新田 再建工作支部瓦師棟梁 佐藤庄蔵瓦師副棟梁 水野由太郎(西尾市教育委員会所蔵) 幕末に焼失した東本願寺が再建されることになり、一大勢力を誇る三河門徒衆が「俺らに任せろ!... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」70号連動ネタ。 今号では「紙袋」のタイトルで、果実袋という紙製品を取り上げています。果実袋とは葡萄、桃、梨、林檎などの果物の実を保護するための農業資材のこと。 これですね。一般にはあまり馴染みのない製品ですが、ぶどう狩りに行くと葡萄棚からこういう状態で吊り下がっているのを目にします。 僕が初めて果実袋を気に留めたのは、何年か前の夏、ぶどう産地の東浦町の農園に巨峰を買いに行った... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」69号連動ネタ。 そんなわけで今回の「三遠南信産××育」では、明智・串原・旭に存在する県境またぎの「矢作川上流域経済圏」の存在の紹介がテーマのひとつだったわけですが、実はこの地域では昭和の大合併の時に越県合併が行われています。 この地図のように、豊田市の最北部(旧東加茂郡旭町の北部)はかつて「恵那郡三濃村(みのむら)」という岐阜県に属する自治体でした。昭和30年に村の南北が分離し、... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」69号連動ネタ。 地元の産品や地元出身者のエリア外での活躍っぷりを追う企画「三遠南信産××育」では、旧旭町(豊田市)の「松栄軒」が旧明智町(恵那市)にある観光施設「大正村浪漫亭」のプロデュースで、光秀にちなんだ人気商品を作っているという話題を取り上げています。その商品は「光秀ぷりん」。 県こそ愛知と岐阜で違いますが、松栄軒から大正村浪漫亭までは車で20分程度の距離しかありません。い... 続きを読む
  •  その平畑の農業倉庫の向かいには、かつて農協がありました。(1993.08.16) よつば農協平畑支店です。よつば農協というのは平成5年(1993)4月に足助、旭、藤岡、小原の各農協が合併して誕生し、平成14年(2004)にあいち豊田農協に合併するまで存在しました。 古い農協倉庫はどこにでもありますが、撮影した30年近く前ですらこのような古い木造建築の農協に愛知県内では遭遇したことがなく、衝撃を受けたのを覚えています。こ... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住
----------------------
Instagram
まさ masayasu_naito
まり mariko.uiro

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク