•  妻木に続いて下石。おろし、です。 下石には30年前の高校時代に来たのが初めて。そのときは東濃鉄道駄知線の廃線跡を探索し、そのレポートを「旅と鉄道」誌に送ったら掲載されたことがあり、個人的に思い入れの強い町です。その当時と比べると、新道沿いにコンビニが何軒かできたほかはほとんど変わっていないような…。 旧道沿いに古い商店が点在しているのですが、この町はなぜか行灯型カンバンの残存率が異様に高い。 「ト... 続きを読む
  •  先月末、とある取材で土岐市に行ってきまして、その合間に陶器産地の妻木と下石(おろし)を徘徊してみました。いずれも美濃焼産地で、大雑把に言うと妻木はコーヒー碗皿(カップ&ソーサー)が、下石は徳利が盛んに作られています。両地区は土岐市南部の小盆地の中にあり、ヨソ者からすると一体化しているようにも見えるのですが、それぞれに生産者組合があり公共施設も別々というところ。 妻木というと、先日最終回を迎えた週... 続きを読む
  •  先日、とある取材で瑞浪市北部に行ったついでに、10年ぶりで細久手に行ってみました。中山道の江戸から48番目の宿場町です。 もしかしたら中山道の中でもっとも建物が少ない宿場町では?と思ってしまいますが…。道の右に写っているのは瑞浪市コミュニティーバスの仲町バス停ですが、ここまで仲町っぽくない仲町も珍しい。 そんな細久手を久し振りに歩いてみたら、顔ハメ看板の町と化していて驚いた。 旅人である。 儒学者で... 続きを読む
  •  その旧福岡町下野には「下野庚申堂」という有名物件があり、そちらもついでに見物に行ってみました。 案内板によると創建は鎌倉時代、堂内に祀られる秘仏の青面金剛は行基の作。鳥居の横には新愛知新聞社制定の「岐阜県十名所」に選出されたことを記念する昭和二年製の標柱が立っています。新愛知は中日の前身で、岐阜県十名所はたしか読者投票で決められたもの。愛知県版もあり、他所でも同様の標柱を見た覚えがあります。 有... 続きを読む
  •  先月半ば、とある取材で中津川の福岡地区に行きまして、取材後の空き時間に北恵那鉄道(中津町~下付知・昭和53年廃止)の美濃下野駅跡をチェックしてみました。 駅前通り。この橋の向こうの右側に駅があったようです。いっぽう左側には、このようなブツを発見。 北恵那鉄道株式会社が設置したカンバンだ!社名は廃止翌年に「北恵那交通」に変更しているので、おそらく廃止直後のものと思われます。 で、何が危険かというと、... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」54号連動ネタ。 三河遠州の産物と他地域の産物の意外な結びつきを探る自主企画「三遠南信産××育」、今号は幡豆蒲郡あたりで生産されている麻綱が、多治見の高田で生産されている酒徳利・焼酎徳利の「飾りの紐」として使われているという話題を発掘して記事にしました。 コレです。主に土産用の酒徳利・焼酎徳利は全国シェアのほとんどを高田焼が占めており、飾りでくっついている手提げ紐の主要供給地が実... 続きを読む
  •  2週間ほど前、およそ3年ぶりに可児市方面へ行ったついでに可児駅に立ち寄ってみたら、何やら駅で工事が行われており唖然。 おお、ここの駅舎もJR東海お得意のどうでもいい橋上駅に建て替えか…。 と思ったら早とちりで、なんと古い駅舎はそのままで東西自由通路を作るらしい!JR東海の意向ではなく市の独自事業と思うが(違ったらスイマセン)、こういう形で駅舎が存続するのはJR東海の駅では初めてではないだろうか(... 続きを読む
  •  もう一発、東濃西部ネタ。 陶と土岐市に行った日には、多治見の市之倉にもおりました。市之倉といえばさかづき美術館と幸兵衛窯(人間国宝加藤卓男の生家)で知られていますが、今回はそれら有名施設には目もくれず、こちらの物件を仕事の合間にチェック。 市之倉陶磁器会館です。「鄙には稀な」と形容したくなるモダンな現代建築。丹下健三とか有名な建築家の影響を受けてそうなデザインですが(あるいは本当に有名建築家の作... 続きを読む
  •  陶に行った日には、久し振りに土岐市駅にも立ち寄ってみました。 土岐市駅は、東濃5市の玄関駅でいちばんサッパリした雰囲気の駅&駅前です(個人の感想)。ここに初めて降り立った昭和末期はもう少しゴチャッと賑わった風情だったように覚えているのだが…。 ちなみに昭和末期になぜ土岐市駅に降り立ったかというと、鉄道ジャーナル社時代の「旅と鉄道」誌への投稿ネタにしようと東濃鉄道の廃線跡を探索しにやってきたのでし... 続きを読む
  •  11月中旬以降の超多忙とその反動によるPC拒絶で、当ブログ開設以来もっとも長い空白ができてしまいました(2011年の網膜剥離手術の時もこんなには空かなかったのに)。ぼちぼち復活を…。 先月半ば、とある取材でまた東濃方面に行きまして、久し振りに瑞浪市南部の陶(すえ)地区の中心部、猿爪(ましづめ)に足を踏み入れました。 旧愛知県小原村と境界を接する山あいの地に忽然と現れる町場です。陶という地名が示すとおり美... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
活動拠点…西三河・知立市
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク