オカヤマニアック

2017年02月23日
 先月末、とある仕事で岡山市に行ってきました。仕事といっても、2日間ほぼ図書館に籠って資料調査をするというものです。

170223-4.jpg

 岡山市はこれまで何度か通過したことはあるくらいで、まったく馴染みのない町です。ぜひ探究したかったのですが今回はゆとりがまるでなかったので、とりあえず朝、仕事前に市電(岡山電気軌道)に乗ってみました。乗っただけで考察などは特にしていませんので、写真だけですが…。

170223-1.jpg

 2系統ある市電のうち一方の終点、清輝橋。幹線道路の交差点で線路が突然途切れており、市街中心部の一角のような場所で郊外風情にも乏しく、実に中途半端な風情。

170223-2.jpg

 2系統のもう一方の終点、東山。こちらは山べりに広がる歴史地区のような町で、市電の車庫もあるし、なかなか味わい深い風情。

170223-3.jpg

 帰りはホテルのある市街中心部まで、市電の線路沿いに歩いてみました。その途上、終点二つ手前の中納言電停前に吉備団子の老舗が二軒並んでおり、ちょうど店が開いたところだったので家への土産を買って行くことに。手前が「廣榮堂武田」、奥が「廣榮堂本店」。ともに安政3年(1856)の創業を謳っており、元祖バトルをしているのだろうか?なお、五味太郎のパッケージデザインで有名なのは後者。
(まさ)
スポンサーサイト
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)

現時点での聖地

2017年01月30日
 4日の朝に下関市吉見の友人宅を辞したあとは、山陰線と山陽新幹線を乗り継ぎ、5歳児たっての希望で広島に立ち寄り。何が目的かというと、マツダスタジアムです。昨年、祖父の影響で野球を覚えた5歳児は、快進撃で盛り上がったカープのファンになり「やまぐちにいくならひろしまもいきたい!」と。
 幼児というのは単純なもので、そのとき強いものに憧れます。なので、去年もし別のチームが優勝していたらそのチームのファンになっていたことでしょう。東海圏の人間になのに中日から入らないというのがヒネクレモノの父(わたくし)に似すぎで嘆息しますが、僕も別に中日ファンではないし、巨人が好きなどと言い出さない限りは子供の意志を尊重する所存です。

170129-5.jpg

 そんなわけで、広島駅で下車してさっそく駅構内のグッズ売り場でカープの帽子を購入し、やって来ましたマツダスタジアム。女性取材記者(ただの観光客)も赤いカーディガンを羽織ってファンを装っております。

170129-2.jpg

 外観だけ見るつもりで来たのだが、なんと球場内に入ることができたのには感激!スタンド中段は非開催日も開放されており、公園のように一周できるようになっていました。なんという粋な計らい。ファン心理がよく分かっている。

170129-3.jpg

 グラウンドを見つめ、将来のカープ入団を夢想する5歳児と、興奮のあまり今シーズン中の再訪を誓う女性取材記者。
 このあと、帰省した親戚を見物に連れてきたという「生まれてこのかたカープ一筋」の地元のお婆さんが、カープの帽子をかぶった5歳児に目を留め、話しかけてくれました。

「あら~、カープファンけ?どこからきたの?」
「あいちけん!」
「えっ、愛知の子なのにドラゴンズじゃなくて!?まぁ~、ありがとね!誰が好きなの?」
「エルドレッドと黒田と安部!」←親も初めて知った
「まぁ~!おばちゃん、あなたと出会えたこの日を忘れんけんね!」

 今年、広島以外のチームが優勝して5歳児がそっちに乗り換えたりしないことを願うばかりである…。

170129-1.jpg

 で、球場近くの店で帽子をかぶったままお好み焼きを食ったのでした。
(まさ)
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)

下関市北部の諸名所&HINOMI

2017年01月28日
 宇賀本郷駅のほかに、友人の案内で回った下関市北部の旧豊浦郡豊浦町・豊北町あたりの名所をいくつか。

170128-6.jpg

 豊北町二見地区にある「夫婦岩」。国道9号の断崖直下の巨岩で、前日に注連縄の張り替え神事が行われたとのこと。二見浦の夫婦岩というと東海地方の人間にとっては伊勢のそれしか頭に浮かびませんが、こちらもなかなか。

170128-5.jpg

 豊浦町川棚地区にある国指定天然記念物「川棚のクスの森」。楠の巨木の樹勢が猛烈すぎて一本だけで森のように見えるので、昔からこのように呼ばれているとのこと。天然記念物の楠というと東海地方の人間にとっては蒲郡の「清田の大クス」しか頭に浮かびませんが、こちらもなかなか。

170128-2.jpg

 そして同じく川棚地区にある「虚無僧墓」。墓なのに御堂て、どうゆう事?

170128-3.jpg

 中を覗くと本当に墓が!御堂に墓だけ祀られているところというと東海地方の人間にとっては…ありそうだけどパッと思い浮かばない。
 この前に建てられている中国自然歩道の案内板には、この墓のなかなか壮絶(?)な由来が書いてありました。以下、全文引用(改行は筆者)。
 
 天保年間(西暦1830~1843年)のころ、一人の虚無僧が小野の地にやって来て、尺八を吹いているとき以外は酒ばかり飲んでいました。そんな虚無僧を村人たちは、敬遠していました。ところが、村の娘が山賊に襲われたとき、娘を無事に救い出したのは、この虚無僧でした。
 弘化3年(西暦1846年)9月15日、朝から「ウンウン」唸っていた虚無僧は、突然、川棚川の河原に走りだし、大きな岩に頭を二度三度ぶっつけて倒れました。死ぬ間際に虚無僧は、「私は脳を冒されたために何もしてあげられなかったが、私の墓を建てて酒を供えてくれれば、あなたたちの苦しみを和らげてあげよう」と言い残して息を引き取りました。
 村人たちは、虚無僧が頭の痛みを和らげるために酒を飲んでいたことを初めて知り、墓を建てて供養しました。河原にあった虚無僧の墓は、大正13年(西暦1924年)、現在の場所に建て替えられました。


 まだ200年も経っていない話だとけっこうリアリティを感じます。この墓の背後には「伝・小野小町の墓」もあるのですが、小野小町は時代が古すぎるし伝説があちこちにあるので、地元の人には申し訳ないがファンタジーな感じ。

170128-1.jpg

 この墓の前にある路線バスの停留所名は、ずばり「虚無僧墓」。この旅情!次来るときは川棚温泉駅からこのバスに乗ってここで下車してみたいものです。
 で、虚無僧墓から車で北へ5分ほどの豊浦町大河内地区では、例によってHINOMIが!

170128-4.jpg

 電柱転用で半鐘は双盤という、これまた素晴らしいものであった。
(まさ)
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)

無人駅の刻印

2017年01月27日
 先の記事で、宇部線で黄色い電車を見て驚いたと書きましたが、非電化の山陰本線では昔の主流だった朱色のディーゼルカーが走っており、懐かしさに感涙。

170127-1.jpg

 吉見駅にて。当地在住の友人はこれに乗って通勤しているというからうらやましい。
 感涙したのは列車だけではありません。滞在中、その友人の案内で山陰線沿線の海岸や名所をウロチョロした途上で寄ってもらった吉見駅から北へ20kmほどの宇賀本郷駅は、映画かなにかの舞台になりそうな素晴らしい雰囲気の無人駅で、これまた感涙でした。

170127-2.jpg

 人家の少ない集落の外れに、小さな待合室と片面ホームの駅がポツン。駅名標の文字は国鉄時代の角丸ゴシック。ホームと海の間に広がる荒涼とした枯れ田によって際立つ「果て感」。久々にグッとくる駅に遭遇し、身体を打ち震わせ涙を流したのであった(オオゲサ)。

170127-3.jpg

 駅ネしたくなる風情ですが、フェンスに「密航・密漁110番」と書かれたカンバンが掲示してあるので、実際する段になったら二の足を踏むでしょう…。

170127-5.jpg

 駅前広場の一角には味わい深い「宇賀本郷駅設置記念碑」が。そこらへんの山から拾ってきたような石です。背面に刻まれた年号を見ると、開業は昭和33年7月19日と意外に新しい。

170127-4.jpg

 で、ホームの端には「1958-7 技工団」の銘が!駅のホームに施工者の名を刻印するのは珍しいのではないか?
 公共団体ぽい名前からして国鉄の土木工事部署かと思いましたが、ネットで検索したところどうやら山口県の老舗建設業者らしい。この会社のサイト内の「技工団の歴史」というページを見ると、なかなか深い歴史が書いてあります。
(まさ)
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)

HEY、塀、ホー

2017年01月25日
 友人宅のある下関市吉見は、海べりは日本海側らしい漁村風景、少し内陸に入ると中国地方らしい農村風景が見られ、地区を取り囲む山々の形はいいし、駅周辺には天ぷら(はんぺん)を売る店が何軒もあったりして、一発で気に入りました。友人は当地出身ではなく移住者なのですが、いい土地を見つけたものです。

170125-1.jpg

 そんな吉見を地元民ヅラして徘徊してみると、漁港の近くで赤煉瓦の建物の隙間に伸びる味わい深い路地を発見。

170125-2.jpg

 いやもう、実に味わい深い。赤煉瓦の塀や建物は他にもいくつかあり、これだけで町おこしネタになりそうだ。
 ところがさらに町の中を探検してみると、どうやらこの町には赤煉瓦よりもセメント煉瓦のほうが多いことに気が付いた。

170125-3.jpg

 おお、なんだか味わいが微妙な感じになってきた。

170125-4.jpg

 中にはトタンと一緒に塗装した箇所まで。
 そして山寄りの集落ではセメント煉瓦の塀と赤い石州瓦という珍しい景観にも遭遇し、5歳児も興味津々だ!

170125-5.jpg
「とくにきょうみないですよ、おとうさん」

 それにしても、このようなセメント煉瓦の塀を東海地方では見た記憶がありません。この地域特有のものなのか?山口県には小野田というセメント産業で栄えた町があるので、そのあたりの歴史と関係があるのか?ていうか、そもそもこれを「セメント煉瓦」と呼んでもいいのか?
 図書館に行って郷土資料を漁りたいところでしたが、正月なのでまだ開いていないのであった(家族旅行中に地元の図書館に寄るのもどうかと思うが)。
(まさ)
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »