カンバンの手帖ブログ版0343

2016年11月27日
 湯屋温泉に泊まった翌日は、飛騨小坂の中心部から北へ15分ほどのところに位置する高山市久々野町阿多粕へ。母の友人のりんご農園があり、りんご狩りをさせてもらいに来たのだ。

161128-1.jpg

 サルのごとく脚立の最上段に登り、たわわに実ったりんごを片っ端から収穫する5歳児。美濃の山里の出自だが、飛騨のド山奥にもよく馴染む子供なのである。
 で、収穫後に村をフラフラしていたら、公民館の窓ガラスにこんなものが貼られていて驚いた。

161128-2.jpg

 1988年に開催された飛騨・高山博のステッカーだ!
 岐阜県民以外でこれを知っている人はかなりの地方マニア。この年の夏、岐阜市の現メモリアルセンター一帯で「ぎふ中部未来博」という、今から考えると趣旨不明の地方博覧会があり、その終了後、続けざまに高山で開催されたのが「飛騨・高山博」。多分、県内バランスを取るためだけにやったんじゃないかと思います。
 県民としてこれは見ておかねばならん!と思った当時の高校生の僕も、高山線の鈍行に乗って行ったのですが、どんな博覧会だったか全く覚えておりません。飛騨の特性を思い切り無視した「美しく、あたたかく、そして面白く 」というあまりにテキトーなキャッチコピーが、内容のすべてを物語っているようです。どこの広告代理店に乗せられたのか知らんが、バブリーな古き悪しき時代だった…。

161128-3.jpg

 剥がし忘れたステッカー一枚で県政をくさした後は、こういう和み系(?)の標語カンバンがなぜか心に沁みるのである。
(まさ)
スポンサーサイト
飛騨雑 | Comments(0) | Trackback(0)

観光之下呂

2016年11月26日
 10月に取材で行ったばかりだというのに、2週間ほど前にまた下呂へ。今回は家族旅行です。下呂には仕事で年に一度くらいは来るけれど(今年はなぜか4度も仕事で…)、純然たる旅行で温泉街に来るのは生まれて初めて。

161127-1.jpg

 先月も来た温泉寺、今回は紅葉の真っ盛りでした。観光媒体で仕事していても取材スケジュールが観光のハイシーズンに重なることはめったになく、紅葉のタイミングで温泉寺に来るのも初めてです。

161127-2.jpg

 境内には紅葉期間だけの足湯も設置してありました。おお、いつか原稿書きの資料で読んだことがあるヤツだ!ということで、もしかしたらどこかで写真を使う機会があるかもと思い、嫁をモデルに撮影。嫁も心得たもんで、こういうとき夫婦で同業だと話が早いのである。

161127-3.jpg

 宿泊は下呂ではなく、炭酸泉で知られる飛騨小坂の湯屋温泉にしたので、その近くの名所の巌立峡にも数年ぶりに行ってみました。
 こちらでは「ワイルドな渓谷を気軽に楽しめる散策コースが整備されています」みたいなキャプションを付けられる写真を撮ろうかと思ったのに、親の意向を汲み取らない5歳児は祖父と二人でずんずん歩いて行ってしまった。

161127-4.jpg

 でもって、宿泊した湯屋温泉「泉岳館」の炭酸泉大浴場。心身ともに弛緩しまくった旅行中の温泉撮影は、私の腕ではさすがに難易度が高く、どこかに使えそうなものは撮れなかった…。
(まさ)
飛騨雑 | Comments(0) | Trackback(0)

掘って飾って

2016年11月09日
 でもって、せっかく来たので神岡市街地にも久々に一回りしてゆくことに。

161109-1.jpg

 高原川の河畔に町が広がる神岡は、県内の他の市街地にはない独特の雰囲気があります。どこらへんが独特なのかう表現しがたいのですが、なんとなく東海圏ではなく北陸圏の風情というか、岐阜県の配下から逃れた「独立都市」の風情というか。どんな風情だ。
 鉱山町というのも、独自の空気を作り出すポイントになっているのは間違いない。

161109-2.jpg

 中心部はなかなか賑わってるふうに見え、西里通り(左)、大津通り(右)、本町通りの三本の幹線筋を軸に、大小の街路が入り組んで町並みを形成しています。
 そんな町の辻辻で、このような方向表示塔を発見。

161109-3.jpg

 最近設置したもののようです。近付いてさらによく見てみると、ポールの中に驚くべきものが。

161109-4.jpg

 おお、鉱石とはなんと神岡らしい。他にも「杢地鉱」とか「方鉛鉱」とかあって、マニアックにもほどがある!
(まさ)

---------------------------------------
◎マルカドブックス
2冊更新しました。

0274そこでだ、若旦那!(立川談四楼)→●□
0275くるりのこと(くるり+宇野維正)→●□
飛騨雑 | Comments(0) | Trackback(0)

カンバンの手帖ブログ版0342

2016年11月03日
 上宝からさらに進み、かなり久しぶりに神岡へ。しっかり町を歩いたのは神岡鉄道に乗りに来た1996年が最後なので20年ぶりになります。
 適当に車を走らせていたら旧奥飛騨温泉口駅の前に出たので、見物していくことに。

161103-1.jpg

 しかしこんな駅舎には見覚えがない。どういうことかと早速スマホで調べたところ(神岡鉄道があった頃には考えられない便利な時代になったものだ)、2002年に建てられて廃止までの4年間だけ使われた駅舎とのこと。なんとまあ。
 しかし建物は現役で、廃線跡をマウンテンバイクで走れるようになっててその拠点施設として活用されている模様。それ、めちゃくちゃ楽しそうじゃないか!2、3年のうちに子連れで再訪しようと思います。
 その旧駅舎の入口にはこんなカンバンが。「おめでとうございます!!」の下に添えられた一文に注目(クリックで拡大します)。
 
161103-5.jpg

 感動が突き抜けたらしい…。
 で、ホームに行ってみると現役当時の雰囲気が保持されており、しかもこんなモノまで置いてあって、自分も感動が突き抜けた。

161103-2.jpg

 道路の案内標識だ!廃線跡の活用といい、これを保存しておこうというセンスといい、素晴らしいぞ神岡。

161103-4.jpg

 こうなると廃線跡チェックをしないわけにはいかない。隣の神岡大橋駅跡にも、ホームの片隅に駅名標が残存。

161103-3.jpg

 いかにも鉄建公団仕様といった飛騨神岡駅(国鉄時代は飛騨船津)も壊されずに残っておりました。
(まさ)

---------------------------------------
◎マルカドブックス
2冊更新しました。

0272渚にて(ネヴィル・シュート)→●□
0273大放談!大相撲打ちあけ話(北の富士勝昭、嵐山光三郎)→●□
飛騨雑 | Comments(0) | Trackback(0)

新・蔵の町0002

2016年11月02日
 奥飛騨温泉郷からの帰路は、時間に余裕があったので高原川沿いを下って上宝経由で行くことにしました。奥飛騨温泉郷を含む旧吉城郡上宝村は、地理的にも経済的にも本来は神岡と結び付きが強いはずですが、平成の大合併時に飛騨市ではなく高山市にくっついています。

161102-1.jpg

 旧上宝村の中心地区、本郷へは来るのがほぼ初めて。高台の平地を開拓して人が住みついたような土地で、三河の人には「田んぼを増やし、商店を減らし、川へ下りてゆくつづら折れの坂道をもっと急にした、東栄町の本郷」を想像してもらえればイメージできるのではないかと思います(たとえがマニアックすぎ)。

161102-2.jpg

 この地域では板壁・切妻の瓦屋根の蔵が目につきます。調べる時間も話を聞けそうな人も見当たらなかったので詳しいことはわかりませんが、飛騨北部特有のものではないかと思います。
 立ち止まって鑑賞していたら、鍵穴部分のデザインが凄いものをいくつか発見。

161102-3.jpg

 アフロ姫!?

161102-4.jpg

 怪獣!?
 どちらも縁起物的な何かがモチーフと思います。探せばもっと見つかりそうだが、天気も悪いし時間も遅くなってきたのでまたいずれ…。

161102-5.jpg

 ほかには、本体に比してトタン屋根がやたらと大きい土蔵なんかもありました。そのうち蔵の調査のために再訪したいものです。
 読者(観光客)の興味を引くとは思えないけれど、どこかの雑誌で砂防や蔵を取り上げるマニアックな企画をやらせてくれないだろうか。
(まさ)
飛騨雑 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »