FC2ブログ
  •  飛騨特有の景観アイテムといえば、こんなものがあります。(高山市朝日町甲) 大きな地酒のカンバンです。幹線道路沿いや幹線道路の旧道沿いの小屋などに貼られているのをよく見かけます。飛騨地方には高山市に7、飛騨市に3、下呂市に2の計12蔵が現存する「酒どころ」であり、しかも観光客需要も高いので、このようなロードサイド用の大型カンバンが多いのでしょう。 商売柄、飛騨の酒蔵を取材する機会も多く、12蔵のうち神... 続きを読む
  •  今回の高山行きで遭遇したカンバンをいくつか。 市役所高根支所のある旧高根村上ヶ洞の床屋さん。「○○理髪店」ではなく、屋号が「床や」!村に床屋といえば昔からこの一軒きりだったのでしょう。しかも店は現役で、覗いたら超ベテラン理髪師(おじいさん)がスタンバイしておられた。 高山市街の安川通りにある喫茶店。「岐阜県喫茶環境衛生同業組合」という同業者団体の共通サイン。「喫茶」の文字が昭和でカッコいい一品。コ... 続きを読む
  •  その旧朝日村の秋神地区で遭遇した細かいモノをいくつか。 飛騨の幹線道路でときどき目にする橋梁名のプレート。親柱や橋梁銘板のないところに設置されているようで、律儀というかなんというか…。この「無名橋」は秋神地区にあるもの。ほんとうに名もなき橋らしい。他にも国道361号沿いに無名橋がありました。 どんどん奥へ進んで秋神温泉の近くまで来ると「ソクボウキョウ」なる謎めいた橋が。欄干が木の棒を組み合わせたもの... 続きを読む
  •  先々週、とある取材で高山に行きまして、そのついでに高山南東部の乗鞍山麓に位置する旧高根村、旧朝日村をウロチョロしてきました。いささか遠すぎて岐阜県民で取材稼業のわたくしですら10年前に一度取材で行ったきりの地域です。 高根というと野麦峠、日和田高原、うま辛王(唐辛子ソース)などの名所・名物が思い浮かびます。かつて役場があった中心地区は、高山市街から車で40分ほどの上ヶ洞集落。簡単にいうと「メッチャ山... 続きを読む
  •  もう一か所、記事のために桜をチェック。高山中心部から15分ほど車で南下して、飛騨一ノ宮駅のすぐ裏にある臥龍桜にも行きました。国の天然記念物に指定されている樹齢1100年の大木です。 う~ん、寒々しい。13年前に見に来たことがあるし、咲いてなくても原稿を書くのに支障はないけれど、やはり春になってから来たい…。 最寄りの飛騨一ノ宮駅は、昭和9年の開業時の駅舎が健在で何より。駅舎入口の屋根上には、近くにある水無... 続きを読む
  •  今回の高山行きはいちおう某誌の桜特集の取材ということなので、高山の桜名所のひとつとして取り上げることになっていた飛騨護国神社へも行ってみました。桜の木の配置や密生具合を確認するために…。 市街中心部のさんまちエリアから程近い場所にある神社ですが、一般観光客が続々と参拝に訪れるわけではない、やや穴場的なスポットです。なぜか中国人観光客が一組、さまよいこんでおりました。 で、この神社の境内入口で、こ... 続きを読む
  •  天浜線の取材から一日置いて、今度は昨年五月以来の高山取材。こちらも某誌の桜の企画用です。 目的地の一つが桜山屋台会館。秋の高山祭の屋台の常設展示施設です。桜の絡みでなんでまた?と思われるでしょうが、高山の桜の最盛期は春の高山祭と重なることが多く、もし高山祭に行けない人はこちらへどうぞ…という意図。  屋台会館は桜山八幡宮の境内にあるので、取材後に参拝&石造物チェック。するといきなりヒットが。 一... 続きを読む
  •  まだ続く「そう58号」の重量制限関連ネタ。 本誌では「豊川市では、重量制限標識をけっこう厳密に設置している」というのが結論でしたが、他にそういう自治体はないものか…と思っていたところ、2月に桜の取材で行った(なんで桜の取材を2月に…)下呂市萩原地区で、重量制限標識が続々と発見されました。しかもどういうことか、軒並み14.0t制限だったので驚いた。 高山本線上呂駅前の浅水大橋。こんな立派な橋に制限があるとは…... 続きを読む
  •  厳寒の2月アタマ、某誌の取材で下呂方面に行った際、萩原中心部付近の国道41号沿いでこのような公衆トイレを発見。 その名もメロディートイレだ!なにそれ? しかもカンバンをよく見ると、ビニールシートを被せる“マスクタイプ”だった。この下に何のカンバンが隠れているのか、非常に気になるところ。 なお、入ってみましたがメロディーは特に流れませんでした…。いったいどんな曲が流れる設定だったのだろうか。 そうえいば... 続きを読む
  •  湯屋温泉に泊まった翌日は、飛騨小坂の中心部から北へ15分ほどのところに位置する高山市久々野町阿多粕へ。母の友人のりんご農園があり、りんご狩りをさせてもらいに来たのだ。 サルのごとく脚立の最上段に登り、たわわに実ったりんごを片っ端から収穫する5歳児。美濃の山里の出自だが、飛騨のド山奥にもよく馴染む子供なのである。 で、収穫後に村をフラフラしていたら、公民館の窓ガラスにこんなものが貼られていて驚いた。... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク