FC2ブログ
  •  もう一か所、記事のために桜をチェック。高山中心部から15分ほど車で南下して、飛騨一ノ宮駅のすぐ裏にある臥龍桜にも行きました。国の天然記念物に指定されている樹齢1100年の大木です。 う~ん、寒々しい。13年前に見に来たことがあるし、咲いてなくても原稿を書くのに支障はないけれど、やはり春になってから来たい…。 最寄りの飛騨一ノ宮駅は、昭和9年の開業時の駅舎が健在で何より。駅舎入口の屋根上には、近くにある水無... 続きを読む
  •  今回の高山行きはいちおう某誌の桜特集の取材ということなので、高山の桜名所のひとつとして取り上げることになっていた飛騨護国神社へも行ってみました。桜の木の配置や密生具合を確認するために…。 市街中心部のさんまちエリアから程近い場所にある神社ですが、一般観光客が続々と参拝に訪れるわけではない、やや穴場的なスポットです。なぜか中国人観光客が一組、さまよいこんでおりました。 で、この神社の境内入口で、こ... 続きを読む
  •  天浜線の取材から一日置いて、今度は昨年五月以来の高山取材。こちらも某誌の桜の企画用です。 目的地の一つが桜山屋台会館。秋の高山祭の屋台の常設展示施設です。桜の絡みでなんでまた?と思われるでしょうが、高山の桜の最盛期は春の高山祭と重なることが多く、もし高山祭に行けない人はこちらへどうぞ…という意図。  屋台会館は桜山八幡宮の境内にあるので、取材後に参拝&石造物チェック。するといきなりヒットが。 一... 続きを読む
  •  まだ続く「そう58号」の重量制限関連ネタ。 本誌では「豊川市では、重量制限標識をけっこう厳密に設置している」というのが結論でしたが、他にそういう自治体はないものか…と思っていたところ、2月に桜の取材で行った(なんで桜の取材を2月に…)下呂市萩原地区で、重量制限標識が続々と発見されました。しかもどういうことか、軒並み14.0t制限だったので驚いた。 高山本線上呂駅前の浅水大橋。こんな立派な橋に制限があるとは…... 続きを読む
  •  厳寒の2月アタマ、某誌の取材で下呂方面に行った際、萩原中心部付近の国道41号沿いでこのような公衆トイレを発見。 その名もメロディートイレだ!なにそれ? しかもカンバンをよく見ると、ビニールシートを被せる“マスクタイプ”だった。この下に何のカンバンが隠れているのか、非常に気になるところ。 なお、入ってみましたがメロディーは特に流れませんでした…。いったいどんな曲が流れる設定だったのだろうか。 そうえいば... 続きを読む
  •  湯屋温泉に泊まった翌日は、飛騨小坂の中心部から北へ15分ほどのところに位置する高山市久々野町阿多粕へ。母の友人のりんご農園があり、りんご狩りをさせてもらいに来たのだ。 サルのごとく脚立の最上段に登り、たわわに実ったりんごを片っ端から収穫する5歳児。美濃の山里の出自だが、飛騨のド山奥にもよく馴染む子供なのである。 で、収穫後に村をフラフラしていたら、公民館の窓ガラスにこんなものが貼られていて驚いた。... 続きを読む
  •  10月に取材で行ったばかりだというのに、2週間ほど前にまた下呂へ。今回は家族旅行です。下呂には仕事で年に一度くらいは来るけれど(今年はなぜか4度も仕事で…)、純然たる旅行で温泉街に来るのは生まれて初めて。 先月も来た温泉寺、今回は紅葉の真っ盛りでした。観光媒体で仕事していても取材スケジュールが観光のハイシーズンに重なることはめったになく、紅葉のタイミングで温泉寺に来るのも初めてです。 境内には紅葉期... 続きを読む
  •  でもって、せっかく来たので神岡市街地にも久々に一回りしてゆくことに。 高原川の河畔に町が広がる神岡は、県内の他の市街地にはない独特の雰囲気があります。どこらへんが独特なのかう表現しがたいのですが、なんとなく東海圏ではなく北陸圏の風情というか、岐阜県の配下から逃れた「独立都市」の風情というか。どんな風情だ。 鉱山町というのも、独自の空気を作り出すポイントになっているのは間違いない。 中心部はなかな... 続きを読む
  •  上宝からさらに進み、かなり久しぶりに神岡へ。しっかり町を歩いたのは神岡鉄道に乗りに来た1996年が最後なので20年ぶりになります。 適当に車を走らせていたら旧奥飛騨温泉口駅の前に出たので、見物していくことに。 しかしこんな駅舎には見覚えがない。どういうことかと早速スマホで調べたところ(神岡鉄道があった頃には考えられない便利な時代になったものだ)、2002年に建てられて廃止までの4年間だけ使われた駅舎とのこ... 続きを読む
  •  奥飛騨温泉郷からの帰路は、時間に余裕があったので高原川沿いを下って上宝経由で行くことにしました。奥飛騨温泉郷を含む旧吉城郡上宝村は、地理的にも経済的にも本来は神岡と結び付きが強いはずですが、平成の大合併時に飛騨市ではなく高山市にくっついています。 旧上宝村の中心地区、本郷へは来るのがほぼ初めて。高台の平地を開拓して人が住みついたような土地で、三河の人には「田んぼを増やし、商店を減らし、川へ下りて... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク