タウンアーチの先へ0049

2015年09月07日
 夏の出し漏らしネタ。8月半ば、何かの用事があって海部郡方面に行き、十何年かぶりに甚目寺観音と門前界隈をウロウロしてみました。甚目寺門前には商工会アーチがいくつかあり、町の味わい深さを倍増させていて実にいい。

150906-1.jpg

 重要文化財の南大門と、特に文化財的価値は認められていないアーチである。

150906-4.jpg

 重要文化財の東門と、特に文化財的価値は認められていないアーチおよび商店街である。シブい、シブすぎる!
 このアーチには珍しく製造年と製作者を記した銘板が付いており、甚目寺町制50周年記念事業の一環で昭和57年10月に中央スタヂオという業者が製作したらしい。

150906-2.jpg

 参拝したら、境内で興味深いものを発見。大正6年に、大須にあった旭遊廓の楼主・林政治郎が寄進した「ミニ四国八十八ヶ所」です。
 この人は知多四国の弘法道の丁石や標柱などを多く寄進しており、これとほぼ同じ大きさ、同じ書体の標柱が、常滑の知多四国66番中之坊寺にあります。探せば名古屋近郊でもっと発見できそうだ。

150906-3.jpg

 ミニ八十八ヶ所の一番には、地元の人の寄進を示す標柱も立っていました。政治郎氏と地元の共同製作ということか?解明したい!けど、解明したところで「だからナニ?」という感じになりそうな気がしなくもないですが…。

150906-5.jpg

 オマケ。南大門門前の公共施設「甚目寺会館」の片隅に、甚目寺村道路元標が転がしてあった。甚目寺会館内に民俗資料館もあるのにこの扱いはいかがなものか…と言いたいところだが、石標の地中部分がこれだけ長いことが分かるし、これはこれでまあいいかな。
(まさ)

--------------------------------
◎弘法ネタ参考記事
遊廓楼主寄進物について→●□
ミニ八十八ヶ所について→●□●□●□
スポンサーサイト
尾張雑 | Comments(2) | Trackback(0)

恋のアーケード0033/タウンサインの研究0015-2

2015年06月30日
 先日、やきものイベントを見物すべく一年ぶりに瀬戸に行ったところ、二つの商店街ともアーケードが改装されていました。まずは尾張瀬戸駅に近い銀座商店街(→●□)。

150630-5.jpg

 以前はこんな感じでした。

150630-3.jpg
(2009.03.21撮影)

 屋根の材質が変わったためか街灯がなくなったためか自然光のような明るさになったことと、 耐震補強されたことが改修のポイントのようです。地方都市のアーケード商店街は減少傾向のように思いますが、改修してまで生き永らえさせる瀬戸は素晴らしい。
 ただ惜しむらくは、統一サイン入り行灯カンバンが全撤去されていたこと。

150630-4.jpg (2009.03.21撮影)

 何を表現したいのか分からなかった点も含めて、わたくし好みの昭和アイテムだったのだが…。瀬戸蔵ミュージアムあたりで保管、展示していることに期待。

150630-2.jpg

 もうひとつの末広商店街も新しくなって、明るくなりました。暖簾的な青ツートンのフラッグ、町おこし系プランナーか若手デザイナーの仕事らしいオレンジ+クリーム色の幟、昔あったアイスの三色トリノみたいなプレミアム商品券の青・桃・黄の幟と、三種がかち合ってなかなか面白い景観になっております。

150630-6.jpg

 いっぽう、末広アーケードにある共同店舗「スエヒロ横丁」は我が道を行っておりました。
(まさ)
尾張雑 | Comments(0) | Trackback(0)

カナダからの手紙0002

2015年06月27日
 先日、用事があって春日井に行ったついでに市内西部を徘徊しまして、県営朝宮公園のあたりに行ってみたところ、公園正面入口から伸びる遊歩道の真ん中で牛の骨のモニュメントを発見。

150627-1.jpg

 銘板を読むと、牛の骨ではなく「ヨットの帆」といこうとであった。前衛すぎてよくわかりません。
 この遊歩道のある通りを「ケローナ通り」といい、昭和56年にカナダのケローナ市と姉妹都市提携した記念にストリートとモニュメントを作ったらしい。ケローナはカナダ西部の山あいにある町で、オカナガン湖という湖のほとりにこれの元ネタとなったモニュメントが建っているという。
 例によってGoogle Mapでケローナ市を見てみるととても美しい町で、春日井市とは一片の共通点も見当たらない感じです。そんなところとなぜ姉妹都市に?と思って春日井市のHPを検索したところ、「姉妹都市交流」の項に以下の経緯が記されていました。

---------------------
昭和52年からケローナ市との間で、青少年を中心とした民間交流が始まり、翌53年、ケローナ市長から姉妹都市提携を希望するメッセージが託されてきました。さらに、55年には、ケローナ市長を始めとする訪問団が春日井市を訪れ、春日井市長に対し、重ねて姉妹都市提携の強い要望がありました。これを受けケローナ市の調査を行い、昭和56年2月5日に、ケローナ市役所において姉妹都市提携の調印式が行われました。
---------------------

 向こうからラブコール!?どうゆう事?蓼食う虫も好き好き?
 ここでふと思い出したのが、刈谷市の姉妹都市であるカナダのミササガ市だ(→●□)。こちらも春日井と同じく、向こうからアプローチされて付き合い始めたと、刈谷市のHPに書いてあります。しかも提携年も同じで、昭和56年!
 もしかすると、この時期にカナダのマイナー地方都市と姉妹都市提携を結んでいるところが他にもたくさんあるんじゃないか。昭和50年代半ば、カナダの地方自治業界にいったい何があったんだろうか。

150627-2.jpg

 県営朝宮公園に行くと、ケローナ市のオカナガン湖に生息する珍鳥をモデルにした珍モニュメントも発見(ウソ)。どうでもいいけど、なぜこの場所に県営公園があるのだろうか?大正時代の地図を見ると一面が桑畑になっています。

 150627-3.jpg

 あとオマケ。ケローナ通りから500mほど南にある春日井市立中央公民館が、高度成長期チックな公共建築でなかなか味わい深かった。建物側面にパタリロの口みたいなのが二つ取り付けられているのがまたなんとも。

150627-4.jpg

 トイレを借りに入ったら、なんと館内に民俗資料展示室が!しかも展示物がけっこうマニアックで意外に面白いという。団地の町だけに「高度成長期の団地のキッチン」が再現されていて、ウケました。
(まさ)
尾張雑 | Comments(0) | Trackback(0)

池上さんの石モノが一宮にも

2015年05月25日
 岡崎城の東照公遺訓碑を久しぶりに見たら、そういえば尾張一宮にも似たような記念碑があるのを思い出した。2年前に行った九品地公園(→●□)の片隅に建っているものです。

150522-3.jpg

 昭和15年に建立された「一宮耕地整理記念碑」だ!
 碑文によると、耕地整理事業が始まったのは中島郡一宮町時代の大正元年。町域を越えて西成、丹陽、葉栗、大和の各村の一部も含むかなり広範囲にわたるものだった。事業途中の大正10年に市制施行され、昭和7年から始まった都市計画事業とも連動。30年かけて昭和15年に事業が完成し、碑文曰く「大一宮建設の基礎を確立」した、と。
 これが愛知県知事より表彰され、記念に建立されたのがこの碑だそうです。

150522-4.jpg

 肝心の上部の龍は、似ているようでチョイと違う。そもそも一宮でも龍なのか不明だし。
 でも、精緻で美しいことに変わりはありません。脚立でも持ってきて登って撫でさすってみてぇ~。
(まさ)

--------------------------
◎マルカドブックス
2冊更新しました→●□
尾張雑 | Comments(0) | Trackback(0)

ヤング・サン

2015年03月15日
 モニュメントといえば1月上旬、犬山にある愛知県下最強のモニュメントも取材で見物してきました。

150315-1.jpg

 モンキーパークに立つ「若い太陽の塔」だ!
 若い太陽の塔は、大阪万博の前年にプレイベント「万国博と世界お国めぐり」がモンキーパークで開催され、そのシンボルとして岡本太郎に製作依頼したもの。老朽化て放置状態だったところを、平成23年が開園50周年&岡本太郎生誕100年ということで修復したとのこと。
 3歳児も仰ぎ見て、その圧倒的存在感におののくばかり。展望台(腰あたりの円形部分)に登らせて某媒体用にモデル撮影を試みたのだが、おののきすぎて「もういやだ~」と叫びながらさっさと降りてきてしまった。う~ん。
 そういえばむかし、友達が幼児連れで川崎市にある岡本太郎美術館に行ったところ、子供が作品群を見て大泣きして逃げ出したとか言っていたのを思い出した。恐るべしTARO。3歳児も小さいうちに連れて行ってビビらせてやりたい。

150315-2.jpg

 逃走した幼児は、モンキーパークの観覧車に一目散。仕方なく乗ったのだけど(乗りたかったけどネ)、同行した両親に聞くと僕が園の担当者に話を聞いている間に2回も乗っており、これで3周目という。ウチの子、大丈夫か!?
 でもって観覧車から眺める逆光の若い太陽の塔は、朝焼けの光の中に立つミラーマンさながらであった。
(まさ)
尾張雑 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »