•  先日、嫁の取材兼家族レジャーで浜名湖に行きまして、取材の絡みもあって久し振りに鷲津駅裏の「浜名湖観光汽船」の乗り場跡を見に行ってみたところ、更地になってて唖然。 以前ここには観光汽船の待合所を転用した老人会館がありました。浜名湖観光汽船は鷲津から湖岸の集落に寄りつつ三ヶ日および気賀に通じる航路を運航していた会社で、現在の「浜名湖遊覧船」の前身になります(解散し浜名湖遊覧船に統合されたのは昭和52年... 続きを読む
  •  三ヶ日の消えた名建築を出したついでに、気賀で消えたものもいくつか。古写真は例によってテキトー接写につき若干ボケてますのでご容赦ください。 「そう」の取材のために夏場に気賀へ行ったところ、片町バス停前にあった建物が取り壊され、更地になっていた。(2016.09.07) 昨年はここにこんな建物がありました。(2015.06.19) 張り出した庇に書かれていた文字が消されているので何だったのかわかりませんが、さらに遡ると... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」53号連動ネタ。 交差点の地名表現には、遠州では四ツ角や十字路のほかに「四辻」というのもあります。僕が知る限りでは、三ヶ日と宇布見西ヶ崎の中心部にある交差点がそう呼ばれています。 三ヶ日四辻である。地元の商店主に聞いたところ「ヨツジ」と発音するとのこと。姫街道に新城および新居への街道が十字に交わる地点で、気賀と同じくまさしく交通の要衝。名実ともに三ヶ日の中心点です。(2003.12.19... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」53号連動ネタ。 気賀四ツ角の通称は考えてみるとそのまんまで安直ですが、遠鉄バスには四ツ角とは別の表現を採用したバス停があります。 天竜川駅の南約1キロ、南区飯田町にある鶴見富塚じゅんかん線の「飯田十字路バス停」です。この十字路は、東海道線の南を並走する「飯田街道」と県道315号(五島天竜川停車場線)の交差点のこと。 ただ、交差点名称は「飯田中」ですが。そしてバス停のある場所は気... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」53号連動ネタ。 気賀を玄関口とする旧引佐郡を一言で表現すると「全国区になれるほどのパンチはないけれど、まあまあ好物件が揃った観光地」というところ(個人の感想)。しかし、来年のNHK大河ドラマがご当地ネタの井伊直虎とあって、一気にブレイクするのでしょうか。天浜線の気賀駅(→●□/●□)は、10月末からこのような飾り付けで観光客をお迎えしております。 まあ、特にコメントはないですが…。 ... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」53号が発売されております。今号のキーワードは「角」。私は例によって地名探訪と三遠南信産××育を、女性取材記者(まり)は「二角式製蔟器(にかくしきせいそくき)」という、豊川の農機具メーカー・共栄社が明治時代に開発した養蚕道具をやっております。 さて地名探訪。今回は「四つ角の中の四つ角」と誉れ高い(個人の感想)、浜松市北区細江町の気賀四ツ角を取り上げてみました。 気賀四ツ角は江戸時... 続きを読む
  •  この夏はもう一路線、5歳児に国鉄転換ローカル線を経験させてやることができました(実にどうでもいい経験)。 天竜浜名湖鉄道です。気賀で「そう」用に撮りたいものがあったのでそのついで。当初は車で行くつもりも5歳児に拒否され、じゃあ列車に乗せてやると言ったらなんとかついてきてくれた次第。 こちらも乗るのは学生時代以来20数年ぶり。新所原駅に来るのも7年ぶりくらい。JRでは残念なことに橋上化工事の真っ最中... 続きを読む
  •  和山間のような山の集落に行くと、軒先や玄関先にいろんなものが吊り下げられているのを目撃します。野菜類はまあどこにでもありますが、これには驚いた。 獣の皮かと一瞬思いましたが、棕櫚の皮をほぐしたもの…?いったい何に使うのだろうか。ほうきにでもするのか?田舎ではよく民家の敷地に棕櫚が一、二本植えられているのを目にするけど、実際に活用(?)されているところを見るのは初めて。などと言って棕櫚じゃなかった... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」51号連動ネタ、というかボツネタ。旧佐久間町からもうひとつ間地名で、浦川地区にある和山間(わさんま)。 浦川市街から沢づたいの林道を車で10分ほど、ぐいぐい登ったところにこの集落があります。地図には民家の印がけっこうたくさん描かれていますが、地元の人によると現在は三軒ほどらしい。 急傾斜地なのは北遠の他の集落と同じなのですが、天竜川の支流の支流沿いであることと、植林された杉が育ち... 続きを読む
  •  使うか使わないかわからないながら間庄の写真をいちおう押さえたついでに、北隣りの立原(たっぱら)集落も少し歩いてみました。地図は昨日の記事をご覧ください。 秋葉街道沿いの高所にあり、茶畑に囲まれた民家が崖にへばりつく景観は北遠の集落の典型といったところ…と、昨日とまったく同じ説明をするしかありません。 こちらの民家、庭先に勝手に立ち入っていいんだろうか?と思いましたが、この庭じたいが旧秋葉街道にな... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
活動拠点…西三河・知立市
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク