富士山で迷子はヤバイ

2017年08月25日
 久しぶりに知多四国がらみの話題。
 知多半島の神社仏閣を巡っていると、巨大な奉納絵馬にやたらと遭遇します。どれもこれもたいへん興味深く面白いのですが、僕がこれまで見て回ったなかで一番好きなのが、常滑市西阿野の知多四国第61番札所・高讃寺の絵馬群です。少し前に知多半島南部のローカル媒体で絵馬特集を組み、その中で高讃寺も取り上げたのですが当ブログには出しそびれてしまい、時期的になんの脈絡もありませんがせっかくなので出しておきます。

170825-5.jpg

 知多四国の寺院の中でもっとも鬱蒼としている高讃寺。

170825-6.jpg

 この寺の弘法堂に、このように絵馬がずらっと奉納されています。そのほとんどは「富士登山記念」と記されたもの。地元の人が講を作って富士登山に出掛け、無事に帰ってきたのを記念して奉納したものです。
 常滑市南部の西浦地区では明治から昭和にかけて富士山の団体登山が流行したらしく、他の社寺でも富士登山記念絵馬をよく見かけます。隣りの苅屋の人に聞いた話では、昭和30年頃までやっていた青年団もあるそうです(ただし戦後はツアーの慰安旅行みたいな感じとか…)。
 高讃寺の富士登山記念絵馬の凄いところは時代が追えること。装束に注目してご覧ください。

170825-1.jpg

 明治30年代。菅笠に白装束。

170825-2.jpg

 明治45年(描かれたのは昭和10年)。股引をはき、菰を背負った姿。

170825-4.jpg

 昭和11年。白い登山帽にリュックサック。

170825-3.jpg

 大正6年の一行の絵もあります。これを描いたのはなんと、戦前から戦後にかけて活躍した常滑焼の陶彫家、片岡武正。神明社の狛犬も手掛けた人物です(→●□)。
 ただし制作されたのは昭和38年。なぜ登山から27年も経って絵馬を作り、しかも名工に作画を依頼したのだろうか?誌面に限りがありその謎に迫るまでは行きませんでしたが、気になって仕方がないので、もし情報をお持ちの方がいれば教えてください。
(まさ)

170825-7.jpg
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)

先端音頭

2017年08月19日
 昨年の盆は南知多町豊浜の須佐踊り(→●□)を見物に行ったので、今年は南知多町師崎の盆踊りに行ってみました。先日、ローカル媒体で師崎の長老に話を聞く機会があり「ウチ(師崎)でも豊浜と同じように独自の盆踊りを踊っている」と聞いたので。
 以前、河和の古老に聞いたところによると、豊浜と師崎の盆踊りは近隣でもその名を轟かせており、その方は友人たちとともに自転車で二地区をハシゴしたこともあるとか。

170819-1.jpg

 会場は師崎小学校。いちおう7時開始ですが、本チャンめいてくるのは8時から。まず30分間、仮想踊りコンテストが実施され、8時40分から9時までは「師崎ばやし」、9時から10時までは「かけ踊り・まむけ踊り」という師崎独自の踊りだけを踊ります。子供や余所者も気軽に踊れる定番の曲はやりませんが、両曲ともゆったりしたグルーヴで、振りもさほど複雑ではなさそう。
 昨年行った豊浜のほうは、いつ終わるとも知れず延々と踊り続け、仮装大会もかなりクレージーでぶったまげましたが、それに比べれば師崎は開催時間的にも仮装大会もおとなしめで、ゆったり・まったりという感じ。同じ南知多の漁師町でも微妙に雰囲気が違うところが興味深い(ただし師崎にも「左義長」という漁師町らしいチョー荒っぽい行事があります→●□)。

170819-2.jpg

 豊浜と同じく歌は生、伴奏は太鼓のみで、実に情緒があります。
 歌い手と奏者が陣取る櫓には謎の暗号が。何かと思ったら踊り手が途中で入れる合の手でした。「ノハハアハウ」って…。

170819-4.jpg

 あと師崎のオマケネタ。羽豆岬の西側に「なぜこんな場所にこんなものを?」と疑問を抱かずにいられないプールの廃墟があります(過去にも少し触れた→●□)。戦前に刊行された師崎の郷土誌によると、建造はなんと昭和5年!そんな古いものとは。
 盆踊り情報をくれた長老いわく、「このプールは、アマチュア土建屋(?)の鈴木兵松という人がすべて自分で作ったものなのじゃ。何かで金を儲けて、その罪滅ぼしで村人のためになるものを…と思い立って作ったという話じゃ。わしらが小学生の時分(戦前)はたいてい浜で泳いだのでプールはたまにしか使わなかったのう」。(※語尾は創作)
 兵松サンが寄贈して師崎区有となり、師崎小学校にプールが建設されるまで(平成初期?)使用されたとのことです。
(まさ)

◎お知らせ
地元ケーブルテレビのウェブサイトにローカルネタの記事を書きました→●□●□
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)

恋の難破船

2016年10月19日
 知多半島南部のローカル媒体の取材(バスとは別)で久しぶりに内海の千鳥ヶ浜海岸をウロウロしていたら、海水浴場の北端に打ち上げられた船を発見。

161017-1.jpg

 何かと思えば、海水浴場の監視塔なのでした。昭和の凝ったコンクリート建造物で「吹越丸」という船名まで付けられております。吹越は内海の中の集落名です。

161017-2.jpg

 反対側に回るとトイレだった。丸い船窓が洗面所の明り取りになっております。

161017-3.jpg

 内海海水浴場にはもうひとつ、インパクトのあるコンクリート建造物があります。その名も「内海観光センター」。二階部分の吹き抜けになっており、柱と手すりの味わいがまたなんとも言えぬ昭和な味わい。さすがに今も海水浴の拠点として活用されていることはないと思うが…。
 南知多にはほかにも、内海東端の展望台(→●□)や旧師崎展望台(→●□)など味わい深いコンクリート建造物があり、これだけでローカル媒体用の一特集ができんものかと、誰からも共感を得られなさそうな企画を考えたりしています。
(まさ)
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)

窓に広がるシブい海よ

2016年10月13日
 あと一回、ローカル媒体の「知多半島南部一周バスの旅」ネタ。押さえておきたい車窓風景を。

161013-1.jpg

 知多バス師崎線は、愛知県らしくない風景が楽しめる海田川バス停付近がハイライト。地形図に記載があるのに岬らしさがまったくない「海田鼻」(→●□)のあたりです。

161013-2.jpg

 海の見える区間が多くて楽しい南知多町海っ子バス。写真をクリックするとわかりますが、バスの窓に落書きがあります。これは、師崎を題材にした「羽豆岬」を歌っているSKE48のメンバーが書いたサインとメッセージで、役場の担当部署に事前取材したところ、これを目当てに乗りに来る人もいるそうな。へぇ~。
 と思っていたら、この日師崎から乗った乗客5人は全員がファンらしき人たちだった!そしてその5人とも、スマホで撮影してSNSに投稿していた。わたくし、SKEにもアイドル全般にも興味はないのだが、自分だけ一眼レフを持って仕事用にシャッター切りまくっていたので、もっとも熱烈なファンに見えただろう…。

161013-3.jpg

 河和、布土エリアを走る美浜町巡回ミニバス東部線。折り返し地点の梅の木バス停は、ギリギリ武豊町の手前。散漫な風景も、バス停と町境標識があるだけでグッと締まるのである(個人の感想)。

161013-4.jpg

 美浜のバスはこのワゴン車です。旅館の送迎バスみたいですが、布土の狭い道にぐいぐい入り込んで行ったりしてなかなか楽しかった。
 左に見えるのは河和口のアイドル「花ちゃん娘かっぱ」。父(→●□)と母(→●□)は数年前にお色直ししたのにこの子だけ取り残されてて不憫だったのだが、今年の春に布土小児童の手で“エステ”されたそうで、よかったよかった。
(まさ)
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)

名鉄唯一の秘境駅

2016年10月12日
 前回の続き。
 ローカル媒体の「知多半島南部一周バスの旅」企画の途上で、上野間駅で知多バス常滑南部線から美浜町巡回ミニバス西部線に乗り継ぐ際、待ち時間が50分くらいあってヒマだったので名鉄知多新線に乗って美浜緑苑まで往復してみました。
 美浜緑苑駅は、団地の開発に伴って知多新線全通7年後に新設された駅です。団地の一角に竹田名鉄会長(当時)の肝煎りで作られた杉本健吉美術館があり、取材で聞いた話では、晩年の健吉は住んでいた名古屋からお気に入りのパノラマカーに乗って、アトリエとしても使っていた美術館へ「通勤」していたそうな。

161012-2.jpg

 そんな「画伯ゆかりの駅」は、木立に包まれて周囲の人家がまったく見えず、秘境っぽくてなかなかいい。

161012-4.jpg

 飯田線のようなワイルドさはありませんが、考えてみると名鉄でこのような雰囲気の駅は他にはない。強いて挙げれば、廃止された谷汲線の結城駅が匹敵していたくらいでしょうか(たとえがマニアックすぎる)。
 どうでもいいですがわたくし、結城駅の最後の利用者です。地元(隣り町在住)だったこともあり、最終日に谷汲駅発の最終停車列車に乗りに行ったのですが、廃止セレモニー的なものはなにもないし薄暗いホームに降りたのは自分だけだし、拍子抜けした覚えがあります。

161012-3.jpg

 駅は低い丘の斜面にあり、駅前広場へはこのような寂しげな階段を登らねばなりません。夜は少し怖いかも。
(まさ)
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »