FC2ブログ
  •  先日発行された知多半島南部限定のローカル媒体で、旧知多郡小鈴谷村の集落を巡り歩くというマニアックな特集を組んでみました。旧小鈴谷村は明治39年から昭和32年まで存在し(最後の5年間は町制施行して小鈴谷町)、常滑市大谷・小鈴谷・広目・坂井・美浜町上野間の5大字から成っていました。知多半島における昭和の大合併で、唯一分村して消滅した自治体です。 小鈴谷は盛田家(「ねのひ」の醸造元で、ソニー盛田昭夫の生家)... 続きを読む
  •  常滑市南部で見られる古い地図といえば、古場町にある古場駐在所に昭和50年代モノと思われる案内地図が立てられています。 マニアの私もさすがに警察機関は観察対象ではないので(ジロジロ見てると職質されそうなので)、駐在所の案内地図の有無は気にしたことがないですが、今ではあまり見かけない「昭和の遺物」のような気がします。 クリックして拡大してご覧ください。特に赤丸で囲った箇所は主なチェックポイント。右(南... 続きを読む
  •  常滑市坂井の小脇公園に行った後は、その東に位置する広目集落に入り込み、7年ぶりに廣目寺へ。 直伝弘法61番札所で、毘沙門さんが祀られています。お庫裏さんに話を聞かせてもらうため本堂に上がると、そこになかなか貴重な絵馬が。 地元の衆が連れ立って富士山登山に行った記念に奉納された絵馬で、大正6年のもの。このような絵馬は知多半島の寺や神社に行くとかなりの確率で見かけ(→●□)、特段珍しくはないのですが、富士... 続きを読む
  •  先日、とある取材で久々に常滑市南部の小脇公園に行ってみたら、平成8年に建造された展望台が撤去されていて驚いた。 以前ここにはこんな展望台がありました。(2013.03.11) なんだかヤワそうな構造物という感じ。2013年に来たときは強風のため一時閉鎖されてて登れず、2016年に来たときは完全閉鎖されてて登れず(→●□)、けっきょく登れないまま姿を消してしまった。 仕方ないので過去写真で偲びます。(2016.02.10) H鋼... 続きを読む
  •  昨秋の話になりますが、知多半島南部限定の月刊ローカル媒体の1月号で豊浜の記事を企画制作しまして、豊浜の全景写真を掲載するため、3年ぶりに貝がら公園に登りました。 豊浜の北側の山上に開かれた私設の公園で、超絶珍スポットとして一部マニアの間では有名な物件です(→●□/●□)。放置状態となってからずいぶん経過しており、今ではほぼ廃墟と化しているので地元媒体では取り上げにくいのですが、豊浜の全貌を一枚の写真... 続きを読む
  •  先日の夕暮れ時、久々に知多市岡田の町並みを散策。 岡田は知多木綿の集散地として栄えた町で、早くから地域住民による町づくり活動を活発に行ってきた地域です。狭い谷あいに連なる古い家並や、体験工房の木綿蔵ちた、岡田簡易郵便局、おかきや辰心などが見どころ。最近は知多木綿製品のアンテナショップもできたようです。 そんな町を不審者だか観光客だかよくわからない風采でフラフラ歩いていたところ、常滑焼をいくつか発... 続きを読む
  •  前回の松下父子の甕の続き。天澤院はやきもの散歩道のコース沿いではないし、旧店舗は常時空いておらず見学不能なので、分かりやすい場所に置いてある作品をいくつか。 ひとつは陶磁器会館の玄関に置いてある一対。甕のほかにも招き猫、電纜管(でんらんかん=埋設ケーブル保護用の陶管)、植木鉢、壁の黒いタイル、オブジェといろんなものが目につき、若干のカオス状態で少し笑えてきます。このカオスめいた何でもあり感が常滑... 続きを読む
  •  知多半島南部限定のローカル媒体で企画した「常滑市街南部にやきもの散歩道の新コースを勝手に設定してみた」という話の続き。 常滑市街南部のやきもの名所に、山方町の丘の上に伽藍を構える天澤院があります。境内に陶彫がたくさん置かれていて面白く、過去にも同媒体で取り上げたことがあるのですが(→●□)、ほかにもこんなものが。 常滑焼の伝統産品、大きな甕の天水桶です。「ヨリコ造り」という技法で形成され、表面に石... 続きを読む
  •  先月の当ブログで、知多半島南部限定のローカル媒体で常滑市山方町にある現役の共同井戸を取り上げた旨をつらつら書きましたが(→●□)、その流れで、先日刊行されたその媒体の最新号で「常滑市街南部にやきもの散歩道の新コースを勝手に設定してみた」という企画をやりました。夏にインスタで冗談のつもりでアップしたネタ(→●□)をそのまま紙でやったわけです。 そのコースの目玉のひとつとして取り上げたのが、地区公民館の山... 続きを読む
  •  この秋は、取材だったりそうでなかったりで久し振りにイベントや祭礼を見物しまくっておりまして、野間灯台のイベントの前々日の10/31の深夜には、南知多町豊浜の須男(すお)神社で行われた「神迎え」を見てきました。  須男神社は豊浜の中心地区の氏神です。豊浜はかつて「須佐」と呼ばれ、この神社も明治までは「須佐之男神社」と呼ばれていたのですが、祭神はスサノオノミコトではなくヤマトタケルノミコトだし、須佐とい... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク