ノーギンザ、ノーライフ

2016年03月16日
 前回の続きで「そう50号」連動ネタ。

160316-1.jpg
(飯田市銀座四丁目の廃ホテル)

 すべてのローカル銀座は本家の繁栄にあやかって名付けられたものですが、では、その町でなぜその場所が銀座を名乗ったのか。三遠南信の事例を検討したところ、一つの答えが導き出されました。第三の結論、それはズバリ「銀座は早いもの勝ち」。
 その地域で一番の商店街だから自然に銀座と呼ばれるようになったというわけでは決してなく、その地域で他に銀座を名乗っているところがなかったので「ならばウチで」というパターンがほとんどのようなのです。
 ここで大事なのは、銀座がある町にはほぼ例外なく、銀座以外のストリート名もあるということです。街区が複雑で、それぞれに商店街組織がある場合、銀座の名が発生しやすいと言えます。

160316-5.jpg(蒲郡本町銀座)

 たとえばそこそこ大きい町で銀座がない例を挙げると、東栄町本郷がそうです。ここの場合、多くの商店が連なるストリートは「万場通り」一本のみ。大千瀬川の対岸の近接地に「市場通り」もありますが、こちらはもともと旧下川村であり、万場通りのある旧本郷町とは自治体が違っていました。旧武節村と旧稲橋村で一体化している稲武もこれと同じ。
 設楽町田口の場合は(→●□)、細かく分けると本町・栄町・太田口ですが、外見上は一本の長い町であり全部まとめて一つの大きな商店街という感じなので、わざわざ一部分を切り取って銀座と名付ける必要もなかったのでしょう。旧東海道沿いの舞阪も同様で、西町・仲町・新町に分かれていますが実質的に一つの商店街という風情です。

160316-2.jpg
(本郷・万場通り)

 街区が複雑なのに銀座がない例だと豊川や西尾がそうです。これらに銀座がない理由はよくわかりません。まあ、必ずしも銀座が存在する必要はないのですが。
 推測するに、豊川の場合は観光要素が強い「門前町」なので銀座を打ち出す必要がなかったから?西尾の場合は、本町・横町・肴町・中町などの勢力が拮抗し「後付けの銀座なぞ不要!」というほど各町のプライドが高かったから?

160316-3.jpg
(豊川門前通商店街)

 では、銀座がある町の場合、その地位はどうなのか。銀座の規模はさまざまながら、それぞれの歴史を調べるとパターンがあることに気が付きました。おおまかに下記の三つに分類されます。

1、もともとその町ではランク下位だったエリアが、銀座の名をドカーンと打ち上げて既存のメインストリートに対抗した場合。
2、明治大正くらいまでは格上の町だったのに、新興商店街に押されて地位が下がってしまったため、それに対抗して銀座を名乗って勢力回復を計ろうとした場合。
3、新興商店街がその勢いに乗って銀座を冠し、従来勢力にダメ押しで差をつけようとした場合。

 ここで第四にして最重要な結論が導き出されました。すなわち「銀座はカウンターである」。おっと、これまたなんかカッコいいぞ。
 そんなわけで、マニア地域学の新基準ともいえるローカル銀座4原則「存在しない町もある」「多くは短命」「早い者勝ち」「カウンター」が出揃いました…って、大仰に言うほど大した発見でもないですが。次回からは各銀座を見てゆくくことにしましょう。
(まさ)

160313-2.jpg
スポンサーサイト
そのほか | Comments(0) | Trackback(0)

ローカル銀座考序説

2016年03月14日
 春夏秋冬叢書「そう50号」が発売中です。

160313-2.jpg

 今回のキーワードは「座」ということで、毎回やってる地名探訪のコーナーではかねてから調査してみたかった「銀座」を取り上げました。当ブログでもちょくちょく書いてますが、その完全版を目指したわけです。
 ローカル銀座ネタなんてすでに誰かがやってそうなもんですが、研究論文、レポート、資料などは意外にないようで、とりあえず紙媒体で三遠南信の銀座調査&銀座論をやったのは史上初ではないかと自負します。と言いつつ誰かやってたらスイマセン。
 ここで取り上げるローカル銀座というのは、本家である東京の銀座(→●□)にあやかって命名された地方商店街の銀座のことです。ローカル銀座と聞くと、おそらく多くの人が「昔は繁華街、今はシャッター街」というようなイメージを漠然と抱くのではないでしょうか。その正否はさておきまして、とりあえず「本誌エリアに銀座はいくつある(あった)のか?」を解明してみました。
(※なお本誌エリアは、東三河全市町、西三河のうち岡崎市・豊田市・西尾市・幸田町、遠州のうち浜松市・湖西市、南信のうち飯田市・下伊那郡になります)

160313-1.jpg

 答えが知りたい人は本誌を買ってね…と言いたいところですが、当ブログで各銀座の分析をしようと思っているのでネタバレ承知で書いておきますと、わたくし独自の調査により文献資料、地元住民の証言等から確認できたのは、以下の14銀座でした。

【西三河】
岡崎銀座、挙母銀座、トヨタ銀座(高岡)、足助銀座、一色銀座
【東三河】
豊橋銀座(→●□)、蒲郡本町銀座(→●□)、蒲郡海岸銀座(→●□)、新城銀座、小坂井銀座
【西遠州】
砂山銀座サザンクロス(→●□)、二俣西町銀座、雄踏銀座
【南信州】
飯田銀座(→●□

※註1:本誌では「12銀座」と書きましたが、締め切り後にこちらのサイトを拝見して三河一色にも銀座があることに気が付き、この一覧で加えました。僕がチェックした時点ではかつて「銀座」だった街灯表記が「上中町」となっていたため(→●□)、うっかりスルーしてしまったものです。
※註1-2:さらに追加で、愛環三河豊田駅近くの「みゆき商店街」(旧碧海郡高岡町)がかつて10年ほど「トヨタ銀座」を名乗っていたことに気が付きました。(3/23追記)
※註2:これ以外に西三河の幸田町に「幸田駅前銀座」がありますが、近年の区画整理事業に伴い整備された新興商業地の愛称であり、本稿で扱う銀座とは性格が異なるため除外しています。

 もしかしたら他にも「一時期だけ名乗った」とか「地元民のみに通じる愛称」といった知られざる銀座があるかもしれません。もし御存知でしたら情報をお寄せください。
 正直なところ、調べる前はもう少しあるんじゃないかと思っていました。三河にはけっこうありますが、西遠州がちょっと少ない気がします。しかし主だった市街地を調べてみると、例えば気賀(北区)に「中央商店街(上町)・清水通り・落合通り・旭通り」、鷲津(湖西市)に「横須賀通り」などのストリート名称が見られるものの、銀座はどうも存在しなかったようです。
 すなわち、町がそれなりに大きいからと言ってかならずしも銀座があるわけではない、というのが調査から最初に得られた結論です。

160313-3.jpg

 というか「そもそも銀座は地名なのか?」という疑問もあります。
 銀座の名は通常「銀座通り」というストリート名称で表出し、住民や商店街利用者に浸透してゆきます。そのストリート名称はどこから出てきたかというと、ほとんどが商店街の組織名です。三遠南信では唯一、飯田の銀座が戦前に誕生し、あとは戦後復興とともに商店街組織の活動が活発化する昭和20~30年代に命名されているようです。
 ところが商店街が衰退し、それに伴って商店街組織も縮小・統廃合などすると、自動的にストリート名称も「風化」していきました。上記の銀座を見ると、歴史のある飯田銀座は正式な地名(飯田市銀座一~五丁目)として固定化しており別格としまして、組織名として銀座の名が生きているところも幾つかはあるものの、ストリート名称として生きており、広く浸透している銀座はほぼないと言ってもいいくらいです。名前を聞いてどこのことかすぐ分かるのは、もはや地元の高齢者ぐらいではないでしょうか。
 町の歴史を長いスパンで見たとき、その場所が銀座という名で呼ばれたのはごくわずかの期間にすぎません。つまり銀座は、地域商業の消長の中で突如現れいつしか消えていった、一陣の風のようなもの。一時期でもそう呼ばれたのなら地名と言うべきなのかもしれませんが、あまりにも脆弱です。
 調査の結論その二、いわば銀座は風である。おっと、なんかカッコいいぞ。現状はいずこも地味だけど…。

 そんなわけで次からの当ブログは当分の間「三遠南信の銀座シリーズ」が続きます。
(まさ)
そのほか | Comments(0) | Trackback(0)

三枚目好き

2015年03月16日
 三歳児の憧れの人。
 昇太さん(春風亭昇太)にはじまり、座布団運びの山田降夫、よしひさくん(体操のおにいさんの小林よしひさ)、田中くんこと日本百名山を全行程、歩く漕ぐの人力のみで達成した田中陽希。
 おいおい、全員三枚目じゃないか!
 
150316-1.jpg
 ふかぶか~とお辞儀。着物を着て、落語家気取りのボウズ。

いつから笑点が好きになったのかは分からない。
私もダンナも落語は好きだけど笑点は見なかった。日曜の夕方五時半にテレビを付ける習慣がなかったから。
ボウズが一番はまったのは笑点のテーマソング。次にリズミカルな言葉。
とくに、「この顔にオンナが惚れんのよ」の小遊三のモノマネがうまいんだ(ハハは絶賛)。

 ついでに、ボウズの欲しいもの。
笑点用の座布団と道路工事用のカラーコーン。
カラーコーンはヒマラヤにミニサイズが売ってて、泣いてねだられた。そんなに高くないし、買っちゃおうかと思ったが、ダンナに相談したら「必要ない」と一喝され、目が覚めた。で、購入せず。
座布団くらいなら買ってあげてもいいかなぁ。来月、誕生日だしね~。
 
そのほか | Comments(0) | Trackback(0)

ボウズの成長

2014年05月16日
 先週、豊川市一宮町で乗馬体験が行われました。この地域には子どもたちが馬に乗る、流鏑馬神事という祭事があり、馬を飼っている人が比較的多いことから、この乗馬体験も恒例イベントになってます。近隣の子どもたち、おとうさん&おかあさんたちに混じって、家族全員で参加してきました。
 取材でお世話になっている馬主さんが「座ることができれば乗れるよ」と言っていたので連れてきたのだけど、果たしてチキンハートの3歳児が乗れるかどうか。怖いと言ったら、ハハと一緒に二人で乗ろうと思っていたら、この勇姿を見よ~!

 140513-6.jpg

 そう、小さな騎手はうちのボウズです。泣くか喚くか顔をしかめるだろうなぁという親の期待を見事に裏切った。自分の番をずっと待っていたボウズは、名前を呼ばれると馬に駆け寄り、喜々として馬にまたがり、にっこにこの笑顔で馬場をぐるっと回り、爽快な笑顔で帰ってきた。
 こんな展開になるとは思いもしなかった私とダンナは、感動と驚きで慌ててしまい、カメラチャンスを逃してばかり。いや、もうびっくり。手綱から右手を放して手を振るし、戻ってきたときにはピースサインまで!
 後から私も乗ってみたが、サラブレッドだから高さは結構ある。しかも、歩くたびに揺れるし。大人でもちょっと怖いと思うのに、乗馬をめちゃくちゃ楽しんでいた。
 
 140513-8.jpg
 慌ててシャッターを切ったため、ボウズの顔にピントが合わず…。 

 140513-5.jpg
 カメラを向けると得意気にピースサイン。ピースサイン、いつ覚えたんだ?
 
 一年半前のボウズが1歳4ヶ月の時、「蓮の葉っぱに乗ろう」体験に取材で参加したときは大変だった。葉っぱが怖いのか、池に落とされそうで怖いのか、頑なに座ることを拒否し、担当のお兄さんたちを困らせていたっけ。結局、一度目は葉っぱに乗れず、二度目に三人がかりで座らせたものの、「助けて~」と無言のSOSを送るので、葉っぱに乗った時間は数秒。あのチキンハートぶりが懐かしい~。

 140513-7.jpg
 体をのけぞらせて葉に乗るのを嫌がるボウズ。 

 3歳の誕生日を迎えてから、ボウズは急にたくましくなった気がする。「3歳になったら〇〇する」が口癖で、その約束も一つずつ果たしている。
 おっぱいも誕生日から一週間後には卒業することができた。しばらくは「なんで飲めないの~」と大粒の涙を流していたけど、「飲みたい」が、「さわりたい」「見たい」に代わり、飲むかわりにパイを枕代わりにして寝たり、パイを両手で掴んだまま寝たりと、自分なりに飲みたい欲求を抑えていた。あまりの可愛さに、「ちょっととだけなら飲んでもいいぞ」と言いそうになったけど、ぐっとこらえた。今でもパイに顔を近づけることはあるけれど、飲んじゃいけないと分かっているようで、飲むことはしない。大人になったなぁ。強くなったなぁ。
 ボウズが母乳を飲まなくなって約一ヶ月。ハハのパイは穴の空いた風船のようにしぼんでしまい、いろんな意味でさみしくて仕方ない。  
 
 おまけの写真。
 140513-1.jpg
 誕生日はピザ屋さんで。かわいいお姉さんたちが歌を歌ってくれたので、ボウズは大喜び!
そのほか | Comments(0) | Trackback(0)

ソフトクリーム屋さん

2013年11月29日
 ソフトクリームは陽太郎の大好物。いつだったか、同じ年頃のお友達と一緒に食べてから、あの形と味が大好きになってしまった。コンビニやスーパー、サービスエリアなど、町の至るところにソフトクリーム看板があるので、「ソフトクリーム食べたい!」とうるさい。毎日は食べさせられないけど、たまのご褒美に買うと大喜び。好きなものは上手に食べる。
 
 131129-3.jpg 
 一心不乱に食べる陽太郎。

 旭の婆ちゃんが作ったお茶屋さんの模型。婆ちゃんは器用な人で、細々としたものを作るのが趣味だった。陽太郎はずっと目を付けていたみたいで、引っ越しの際に「これが欲しい」とねだる。そんなわけで、今は知立の家に飾ってあるというか、陽太郎の遊び道具に。
 131129-1.jpg
 欲しかったものが手に入り、大喜びの陽太郎。

 
 陽太郎はソフトクリーム屋さんごっこをして遊んでおります。
陽 「何の味がいいですか?」
ハハ「バニラください」
陽 「う~う(ソフトクリームをくるくる回す真似をする)、はいどうぞ」
ハハ「いくらですか」
陽 「50円!」お金を渡すと「ガチャン」といってレジを閉める真似をする。
ハハ「スプーンください」
陽 「こぼさないでね」と注意してくれる。

 131129-2.jpg
 ソフトクリームを食べる真似をする陽太郎。

 今、気が付いたけど抹茶ソフトと幟にあるのに、看板はバニラソフト。あれ?
以上、親バカブログでした。
そのほか | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »