FC2ブログ
  •  当初は古戸の花祭り会場で夜明かしする意気込みだったのですが、取材自体は8時前には終わってしまい(花祭りのあるワンシーンだけが目的だったので)、山見鬼が出てくる頃には疲労がどっと押し寄せてきた。力尽き、夜中1時過ぎに帰るというカメラマンYさんの車に同乗し、深夜2時過ぎ、豊川の国道151号沿いにあるネカフェの快活クラブに落としてもらったのですが、40後半のいい大人が仕事でネカフェ泊とかしている場合だろうか... 続きを読む
  •  本年もよろしくお願いいたします。 年末年始は毎年恒例で千葉の義両親宅に行っておりましたが、例年より滞在を早めに切り上げ、1月2日の夜に行われる東栄町古戸の花祭りの取材へ。 ここの花祭りは過去3回ほど見ていますが、確か13年ぶりくらいで、会場が旧古戸小跡地に建てられた「古戸会館」に移ってからは初めて。同行のカメラマンYさんによると、移った当初は建物が新しかったせいで従来の雰囲気との微妙な違いに戸惑った... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」65号連動ネタで、旧渥美町の向山&字直江の続き。 Mapionを見ると、向山町は福江町の小字に取り囲まれており、その小字にも人家が建ち並んでいます。奇妙な名前の小字がごちゃごちゃ集まって面白いので、ぜひマピオンを見てみてください。 住所表記上では「向山町字郷」と「福江町字××」の人が入り混じっているのですが、傍目にはひとつの集落として一体化しており、現地を歩いてみてもその境界は分かりに... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」65号連動ネタで、旧渥美町の向山&字直江の続き。 江戸時代の新田開発に起源を持つ向山ですが、さて現在はどんな集落なのか。今回は、隣村の中山(→●□)に拠点を置くデザイン・編集事務所の明星ライブラリーさんの御協力で、地元の方をご紹介いただき話を聞くことができました。 その方は、村祖のひとり小野彦右衛門家の分家筋の方で、現在はアルストロメリア栽培とメダカ養殖を中心にやっておられるとの... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」65号連動ネタで、前回の続き。 直江は福江町の小字ですが、福江の中心部から直線距離で1.5kmほど離れています。一番近い集落は向山町で、字直江および周辺一帯の畑の所有者は向山の人も多いらしく、地理的にも向山の一部と言ってもいいのではないかと思います。ならば、直江のことを考えるにあたって向山のことをまず知らねばなりません。※クリックで拡大します。赤ライン=向山町、青ライン=福江町、紫=... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」65号連動ネタ。 今回の地名探訪は、キーワードの「直」の付く大字が三遠南信に皆無、小字レベルでも5つしかなく、その中で唯一話が広げられそうな田原市福江町字直江を取り上げてみました。 どこかというと、こちら。 旧渥美町の中心地区・福江の北部に位置する、タテ約350m×ヨコ約110m四方の小字になります。この中に一軒だけ人家がありますが、Google Mapの航空写真で見てわかるように、そのお宅のほ... 続きを読む
  •  秋の祭礼・イベント行脚、11/9の夜には設楽町三都橋の津島神社で執り行われる「参候祭(さんぞろまつり)」に行ってみました。この日は「そう」の取材陣も来ていましたが、僕は取材ではなく完全に趣味。一昨年の無知押(→●□/●□)や、今年の落目(→●□/●□)、あとついでに栗島散策(→●□)や田峯森林鉄道の廃線跡チェック(→●□)など、ここのところ三都橋のマイナーネタを追い掛けることが多かったので、せっかくだから三都橋のメ... 続きを読む
  •  1年半ほど前の春夏秋冬叢書「そう」58号で、重量制限標識のある東三河の橋を巡るというマニアック極まりない特集をしたことがありましたが(→●□/●□/●□/●□/●□)、今さらながらチェック漏れの橋を発見したので、お知らせいたします(誰が興味あるんだ…)。 その橋があるのは豊橋市下五井町。大雑把にいうと津田小学校の北西で、旧東海道の鹿菅橋北交差点と県道豊橋環状線の川崎町交差点を結ぶ、地元の人しか通らないような市... 続きを読む
  •  和田城のように公民館機能を持たせたレジャー系施設といえば、新城市北部(旧鳳来町)にある「名号(みょうごう)温泉 うめの湯」もそう。三遠南信道鳳来峡インターの近く、宇連川のほとりにある日帰り温泉施設です。施設名称はこの地が梅の産地だから。あと名号といえば、うめの湯のそばにある石雲寺の節分草も知られています(→●□)。 もとは旧名号小学校のあった場所(昭和48年閉校)で、オープンは平成13年(2001)。むかし... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」64号連動ネタ。 この「カンバンの手帖」は、「そう」の巻末に設けられている本誌参加メンバーの雑記コーナー「街頭録音」で、僕がやっている自主企画のカンバンネタ連載のタイトルです。そうの方が開始が早く、いわば本家。こちらは後発なので「ブログ版」と付けています。で、今回のカンバンは本家の方との連動。 落目の撮影や森林鉄道の廃線跡を見物したのち、情報収集のために設楽町役場&設楽町民図書... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

全記事表示リンク