FC2ブログ
  •  春夏秋冬叢書「そう」64号連動ネタ。 で、青崩峠を下りて、本日最大の目的地である梁ノ木島番所跡へ。八重河内の中心地区の対岸の西村というところにあります。 梁ノ木島番所はもともと、もっと上流の青崩峠の真下あたりにあったのですが、天明7年(1787)の山崩れにより数キロ下流のこの場所に移されたとのこと。なお、梁ノ木島は元の所在地の地名で、文化財を管理する飯田市教委では「はりのきじま」と読ませていますが、地... 続きを読む
  •  間に常滑と千葉の話が挟まりましたが、再び春夏秋冬叢書「そう」64号連動ネタ。 特集の「落人伝説」では、浜松市北区(旧引佐郡)のほか伊那谷最南部の遠山郷の記事の原稿も担当しました。伊那谷への出入り口にあたる秋葉街道青崩峠の直下に、落人を監視する目的で江戸時代初期に設置された「梁ノ木島番所」がメインテーマです。記事を作るにあたって、「落人が逃げ込んでくる遠山郷はこんなにも山深いところだ!」というイメー... 続きを読む
  •  青崩峠といえば、紆余曲折を経て三遠南信道のトンネルが通ることになったようで、池島集落のはずれ工事の概要表示板が設置されていました。 僕が大学生だった90年代前半、あんな地盤が脆いところにトンネルなんか掘れるのか?とけっこう話題になってたと思うのですが、いよいよ着工と思うと感慨深い…と思いきや、この工事はまだ本格的なものではなく調査坑を掘るような段階らしい。僕が生きているうちに開通を見られるのだろう... 続きを読む
  •  その梶谷を徘徊していたら、観光目的の訪問者(ここへ観光に来る人がいるとは思えないが)を村の鎮守へと誘う小さなカンバンを発見。 「伝承の里 三条神社 梶谷自治会」と手書きされた、ものすごくそそる雰囲気のカンバンです。山の中でよく見かける、中部電力の送電鉄塔の作業路表示板のような…。 導かれるままに行ってみると、拝殿の脇に公民館を併設した三條神社の拝殿があり、ここにも手製の案内板が。割と最近に設置さ... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう58号」連動ネタ。話は八重河内に戻ります。兵越峠を越え、此田地区を経て、国道152号に合流し、三遠南信道青崩峠道路の工事現場を見ながらぐんぐん下っていくと、やがて八重河内地区の中心部、本村(ほんむら)に辿り着きます。かつてはここに下伊那郡八重河内村役場や八重河内小学校があり、和田(旧南信濃村の中心部)から信南交通の路線バスも通じていました。 急斜面にへばりつくような険しい此田とは対... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう58号」連動ネタ。 そんなわけで、宮の平の老翁から地図に載っていない「瀬戸」という集落跡の存在を聞きまして(昨日の地形図をご参照ください)、急遽行ってみることにしました。 宮の平から兵越峠方面に300mほど戻った柿平が、瀬戸への入口。分岐点あたりは、民家の庭なのか道路なのかよくわからない状態で、無断で通ってもいいものかどうか一瞬不安になります。 構わず進むと、その道はすぐに杉の中に突... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう58号」連動ネタ。ようやく重量制限から脱出…。 毎回やってる地名探訪、今号は「重」がキーワードということで、飯田市南信濃地区の八重河内(やえごうち)を取り上げてみました。八重河内は、秋葉街道の青崩峠・兵越峠を越えたところの広域地名(旧村名)で、面積は蒲郡市くらいあるのに平成29年5月時点での人口が101人・50世帯という山奥の超過疎地域です。広大な区域にごくごく小さい集落が散らばっていま... 続きを読む
  •  2月頭の下呂取材の前日には飯田で取材がありまして、空いた時間に久しぶりに伊那八幡駅界隈を徘徊してみました。 伊那八幡は遠州街道(国道151号)と秋葉街道(国道152号)の分岐点にあることから古くから栄えた町で、国道151号沿いに商店街「サンロード八幡」が形成されています。ここは片側にのみ歩道アーケードがあり、アフリカの国旗に多い緑・黄・赤の三色ビニール(→●□/●□)がいい味わい。(2003.06.19) ただ、2004年... 続きを読む
  •  上島から遠山郷の中心である和田に戻りまして、飯田市中央図書館南信濃分館で資料を漁ったのち(いちおう仕事)、夕暮れ時の和田の町をトボトボ徘徊していたら、ある店の片隅でこんなものを発見。 ユタカしょうゆのプラケースだ!これは珍しい! ユタカしょうゆ=豊醤油は武豊のメーカーで、現社名はユタカフーズ。ユタカしょうゆ時代の遺物はあまりお目にかかったことがなく(これくらい→●□)、貴重品だ。(2011.08.12) 現... 続きを読む
  •  2017年の出し漏らしネタシリーズ。 先の記事で、下栗・下中根で遭遇した火の見櫓、もとい警鐘楼の形状を「信州型」と書きましたが、信州型と言えば、下栗から国道152号まで下りてきたところの上島集落には「信州型の橋」があります。 シブい、シブすぎる! これは「コンクリートローゼ橋」と呼ばれる種類の橋です。三河遠州では見たことがありませんが信州ではやたらと遭遇する形状で、下伊那郡南部でもすぐに3つか4つは思... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク