FC2ブログ
  •  春夏秋冬叢書「そう」64号連動ネタ。 その旧滝沢小学校の入口にはこんなカンバンが。 「滝沢小体力づくりコース」です。低学年はチャレンジコース、高学年はウルトラコースが設定されていますが、ここでマラソンするとのは超ハードでは。 なにしろ山の中腹に集落が広がる滝沢は、小学校と最高所にある民家の標高差が50m近くもあるのです。小学校付近から眺めるとこんな感じですが…、 上から眺めるとこんな感じ。こんなとこ... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」64号連動ネタ。 前回の記事で、鷲沢風穴の近くに「滝沢鍾乳洞」という洞窟があることにチラッと触れました。滝沢鍾乳洞は鷲沢風穴よりも早くから存在が知られていた洞窟で、平成6年に刊行された地元の郷土誌「わが町文化誌 都田風土記」には「明治の頃から養蚕に利用されていた」「毎年二月四日には、ホール中央の石柱をご神体とした岩屋不動尊の祭りが、八十年以上昔から続いている」と書いてあります。「... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」64号連動ネタ。 そもそもこのネタの記事のテーマは「引佐郡を舞台に繰り広げられた南北朝の争乱における落人伝説」だったわけですが、そのネタ元は、鷲沢風穴の駐車場の隅に建てられているこの案内板の文章です。オープン時に設置されたもの。 近代の頌徳碑の碑文のように長くて字が細かいうえ、かなりの悪文なので読むのが面倒ですが、鷲沢風穴を研究したいという奇特な人がいるかもしれないので、参考ま... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」64号連動ネタ。 その鷲沢風穴を改めて見物すると、昭和の香りがいい感じに“密封”されてて(洞窟だけに)、ほんわかした気分になってきます。ほんわかって言葉がまた昭和っぽいですが…。 水神の池である。このあたりの雰囲気は水神と聞いてもさほど違和感ないというか、洞窟としてオーソドックスな感じ。 ナメクジ街道である。どうゆう事? 模造鍾乳洞?どうゆう事?鍾乳石をセメントで作ったのか?だと... 続きを読む
  •  春夏秋冬叢書「そう」64号が発売中です。今号のキーワードは「落」。私は例によって「地名探訪」「三遠南信産××育」のほか、特集の「落人伝説」のうち2本(引佐と遠山郷)を、女性取材記者(まり)は豊田市山間部の農村舞台を取り上げた「奈落」を担当しております。 引佐の落人の記事では、南北朝時代に今の浜松市北区(旧引佐郡)で南朝方と北朝方の武力衝突があり、戦に敗れた南朝方の兵がほら穴に隠れて難を逃れた…という伝... 続きを読む
  •  福江の火の見櫓跡地の顕彰案内板について記した矢先、なんと地元(岐阜県西濃)で火の見櫓の撤去現場に遭遇してしまった。 場所は池田温泉近くの池田町片山。今朝、仕事先に向かう途上でたまたま片山を通ったら、HINOMIに寄り添うクレーンの姿が。まさかと思って近づいて見ると、今まさに撤去作業にかかろうというところ。なんとまあ…。 火の見櫓本(春夏秋冬叢書「火の見櫓暮情」2008)まで出版したことのあるマニアとしては... 続きを読む
  •  田原駅前に宿泊した日に行ったのは旧渥美町方面。目的地は畑作地帯だったのですが、旧知のカメラマンYさんから「福江の火の見櫓がなくなったよ」と聞いていたので、チェックに立ち寄りました。 場所は、田原方面から見ると国道259号の高田交差点(ショッピングセンターレイの手前)を右に曲がって、100mほどのところ。潮風を浴びてサビサビだったHINOMIが、きれいさっぱりなくなっていました。(2007.12.16) 川のほとりに立つ... 続きを読む
  •  先月、とある取材で渥美半島に行った折、三河田原駅前に今年1月オープンしたABホテル田原に宿泊しました。東三河をうろつき始めてから来年で30年になりますが、半島先端ならともかくまさか田原市街で宿に泊まる日がこようとは思いもよりませんでした。普段は車中泊も辞さない私がなぜ泊まったかというと、ネット予約を見たらたまたま格安だったので…。 ここ数年、田原には年に一度くらいは来ているのですが、ホテルの窓から三... 続きを読む
  •  夏休みも終わるというのに、まだ続く養老鉄道自由研究シリーズ。 今回の研究のため、8歳児と一緒に安八郡神戸町の中心駅である広神戸駅に、久々に立ち寄りました。神戸というと「こうべ」か「かんべ」と読む人が多いと思いますが、西濃の神戸は「ごうど」です。 駅名になぜ「広」が冠されているのかは不明。先にできた東海道本線の神戸駅と区別するためとは思いますが、どこから広が出てきたのか?たとえば「大名古屋」の「大... 続きを読む
  •  8歳児の養老鉄道自由研究シリーズ、というか自由研究に便乗して持ちネタを披露するシリーズ。 研究のため大垣駅で下車したついでに、最近完成した南口の駅前広場を見物しました。 例によって8歳児撮影。大垣市のHPによると正式名称は「大垣駅南街区広場」で、平成30年3月22日にオープン。中央の噴水は大垣名物の自噴水を利用したものだそうです。 この場所には、かつてこのような建物がありました。(2枚とも1998.08.01) 正... 続きを読む
  •  8歳児の養老鉄道の自由研究に関連してむかしの写真を漁っていたら、養老線の駅構内売店の写真も出てきました。もはや自由研究とは何の関係もないネタですが…。 まずはJRとの連絡駅である大垣駅。例によって8歳児撮影。(1998.08.01) その連絡通路の写真。今はここにJR用の自動改札機が設置されていますが、かつては仕切りなどなく、乗り換えがとてもラクでした。今は両方の切符をあらかじめ持っていないと通り抜けはできません... 続きを読む
  •  養老鉄道をテーマにした今回の8歳児の自由研究では、おとうさんが高校時代(約30年前)に撮った近鉄養老線時代の写真も使ったらどうだい?と提案しようと思ったけれど、小2児童がそんなマニアックなものに興味を示すわけはないし、学校の先生からも「なんだこの子の親は?」と思われかねないので、こちらのほうに少しアップします。 当時は、写真の知識も一切ないまま親のカメラでテキトーに撮ったので、構図とかかなりいい加減... 続きを読む
  •  今回の8歳児の自由研究では、養老鉄道の主要駅に設置されているイラスト入り駅名標を全部撮影して、それぞれの町が何を売りにしているかを調べてもみました。調べるというか、ただ単に親子共通のコンプリート欲を満たしたかっだけですが。以下、撮影はすべて8歳児です。 揖斐駅(揖斐川町)は鮎。町内には三か所のヤナがあり、鮎は名物です。 池野駅(池田町)は池田山と桜。右が大津谷(→●□)、左が霞間ヶ渓(→●□/●□)を表し... 続きを読む
  •  8歳児の自由研究の養老鉄道めぐりは、やはり養老駅に行かないと話が始まりません。 そんなわけで地元の揖斐から電車を乗り継いで、やって来ました養老駅。8歳児はこれまで、暇つぶしで一回、養老天命反転地へ行くために一回、都合二回も下車しており、今回で早くも三度目です。 いちおう「自由研究」ということで、果敢に駅員さんにインタビューを試みる8歳児…ではなく、スタンプを押させてもらっているのでした(前回の西大垣... 続きを読む
  •  盆も過ぎましてようやく夏休みもラストスパートです。早く終わってくれんかな、というのは全ての親の共通の思いでしょうが、終わる前に子供の課題にケリをつけないといけません。その課題の最難関はなんといっても自由研究でしょう。ウチの8歳児は「養老鉄道マップを作る」ということになりまして、7月下旬から8月上旬にかけて三回にわけて調査に出掛けました。調査というかほぼ趣味? とりあえず主要駅をひととおり巡り、名産... 続きを読む
  •  夏休み直前の連休、家族三人で白山登山を敢行しました。ワンゲル出身で、社会人になったとき白山麓に住み着いて何度も登り、ついには白山山頂簡易郵便局でのバイト経験もある女性取材記者が、かねてより「家族で登りたい」と言っていたのですが、息子が登れそうな年齢(8歳)になったので、満を持して敢行した次第です。 僕自身はそんなに登りたいという思いはなく、というかできれば登らずに済ませられないものかという軟弱者... 続きを読む
  •  その大垣の玄関口の大垣駅ビルは、昭和61年の開業以来「アピオ(Apio)」を名乗ってきましたが(→●□)、約8か月の改装期間を経て今年4月25日からJR東海系列の「アスティ(ASTY)」になってしまいました。 なんともつまらねェ話です。 アスティに移行したことでアピオの名前も歴史の中に消え去ってしまったのか…と思っていたのですが、大垣駅前でこのようなモニュメントを発見。 祭りの屋台で見かけるあげもちフランクみたい... 続きを読む
  •  そんな大垣で発見したカンバンをいくつか。 今回の取材では大垣市役所のそばにある地元の有名店「酒井亭」(右中央)にお邪魔しました。京都の蕎麦屋の定番であるにしんそばを岐阜県内で最初期に出した店で、店のルーツも京都にあるとか。 店と裏口にある駐車場を結ぶ通路に、味わい深い書体のウェルカムボード(?)が。文言も京都ルーツの店らしく「おこしやす」。こういう細かいところに気を配るお店は素敵です。 駅前界隈... 続きを読む
  •  そんなわけけで、某誌の取材で水都大垣の見どころ(?)のひとつ水門川流域を巡っていたら、奥の細道むすびの地記念館の近くでこのようなものに遭遇。 昭和22年に架橋された京橋です。旧美濃路のルート上にあって市街でも格付けの高い橋だったためか、極めて美しく重厚な造り。親柱にデザインされた、なにを意味しているのかよくわからない紋章も高ポイントです。 なんといっても見事なのは、橋の中央に施された鏝絵。 上流側... 続きを読む
  •  某誌の大垣取材というのは「水の町を散策する」という内容の旅行記事です。大垣で水がらみの旅ネタというと、自噴水と(@大垣八幡神社)水門川と(@住吉燈台)水まんじゅう(@大垣駅前金蝶園総本家)といったところですね。 これらを巡って勝手知ったる大垣の町をウロチョロしていたわけですが、このほかにも大垣城の南で、今まで全く知らなかった水ネタを発見。 大垣城の石垣を流れ落ちる「麋城の滝」だ!こんなところにま... 続きを読む

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク